東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

市民公開講座/その他講座関連

  > 市民公開講座/その他講座関連 > 市民公開講座

市民公開講座

市民公開講座No.500
生活者によるデザイン―ともに作るデザインの可能性―

両角 清隆(産業デザイン学科 教授)

9月18日(金)18:00~19:15

何をどのように『デザイン』すれば⽣活を豊かにできるのか、⽣活者・当事者と⼀緒に考え、作り出し、運⽤し、共有していく⽅法を考えたい。そのために、これまでに⽇本やフィンランドで出会った⼈々の⽣活・活動や、学⽣とともに考え取り組んだ制作から考えていきたい。この講座を答えの提供の場ではなく、⼀緒に考える場と考えています。

滝道町内会ホームページ(住民・学生と共同制作)

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.499
冊⼦のデザインの魅⼒

古川 哲哉(産業デザイン学科 准教授)

9月18日(金)16:00~17:15

ポスターやロゴ、パッケージなどを利⽤して情報を伝達するビジュアルコミュニケーションデザイン。再⽣の媒体が紙からスマートフォンやディスプレイ、プログラミングなど多様になっています。そのような中でクラシックとも⾔える冊⼦の魅⼒は変わりません。なぜでしょう。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.498
SDGs を志向する中⼩企業の実践事例―地域社会との対話で業績アップ―

川島 和浩(経営コミュニケーション学科 教授)

9月11日(金)18:00~19:15

わが国の中小企業におけるSDGs 認知度は15.8%です。⼤企業に⽐べるとSDGs 達成に向けた取り組みは限定的です。しかし、今後、中⼩企業においても企業価値向上・競争⼒強化に向けてSDGs の活⽤を通じた取組みの創発が期待されています。SDGs を切り口として、新たなビジネスチャンスを獲得する中⼩企業の実践事例をお話しします。

SDGs17の国際目標

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.497
新美南吉 童話の世界 (7月17日延期開催講座)

大木 葉子(総合教育センター 准教授)

9月11日(金)16:00~17:15

「ごん狐」の作者として知られる新美南吉(1913~1943)は、「北の賢治、南の南吉」とも称され、その童話作品は子どものみならず大人をも引き付ける魅力を持つとされます。
本講座では南吉童話の多彩な作品世界を紹介するとともに、背景となる時代思潮をふまえた上でその魅力について考察します。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.496
新美南吉童話の世界

大木 葉子(総合教育センター 准教授)

7月17日(金)18:00~19:30
※9月11日(金)に延期になりました。

「ごん狐」の作者として知られる新美南吉(1913~1943)は、「北の賢治、南の南吉」とも称され、その童話作品は子どものみならず大人をも引き付ける魅力を持つとされます。
本講座では南吉童話の多彩な作品世界を紹介するとともに、背景となる時代思潮をふまえた上でその魅力について考察します。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.495
炭素を使った地球温暖化防止へのアプローチ

下位 法弘(東北工業大学 電気電子工学科 教授)

7月14日(火)18:00~19:30

地球温暖化の原因とされる二酸化炭素は炭素と酸素により形成される。本来は“脱炭素”をキーワードにして二酸化炭素を削減する技術が一般的に知られるが、本講座では炭素の特徴を紹介しつつ、積極的に炭素材料を活用した超省エネ型電気・電子素子の構築を試み、実際のエネルギー削減効果の成功例を紹介する。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.494
激甚化する気象災害:私たちのまちと暮らしを守るには

渡邉 浩文(東北工業大学 建築学科 教授)

7月7日(火)18:00~19:30

地球規模の気候変動を背景に、局所的集中豪雨や極端な暑熱化が頻発しています。本講座では、気象災害の状況を振り返るとともに、私たちのまちと暮らしを守るためには何にどのように対処すべきなのか、ご参加の皆さんとともに考える機会といたします。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座 No.493
経営におけるデザインの役割

坂手 勇次(東北工業大学 クリエイティブデザイン学科 教授)

2月14日(金)18:00~19:30

経済産業省が発表した「デザイン経営」宣言にあるように、デザインを活用した経営手法が注目されています。今、なぜ経営とデザインなのか。「デザイン経営」宣言の概要をご紹介しながら、デザインの新たな役割についてお話しします。

テーマ:デザイン

市民公開講座

市民公開講座 No.492
超臨界流体:コーヒーからドライクリーニングまで

佐藤 善之(東北工業大学 環境エネルギー学科 教授)

2月7日(金)18:00~19:30

環境に対する意識の高まりとともに、化学物質に対する使用規制が強くなっております。環境調和溶媒の一つである超臨界流体(特に二酸化炭素)を用いることにより、環境や健康に優しい製品やプロセス開発が進んでおります。その技術の一端を紹介します。

テーマ:暮らし

市民公開講座

市民公開講座 No.491
電波は友達

野本 俊裕(東北工業大学 情報通信工学科 教授)

12月20日(金)18:00~19:30

電波は、携帯電話や家電など暮らしを支えるインフラとして利用され、今や生活に欠かせない大切なものになっています。また近年地球温暖化に伴い異常気象が数多く発生し、電波は場所を問わず緊急情報を伝える重要な役目を担っています。本講座では、電波のしくみ、特徴などをやさしくお話しします。

テーマ:電気通信

市民公開講座

市民公開講座 No.490 兼令和元年度高大連携事業公開講座
極低温のふしぎな世界

新井 敏一(東北工業大学 共通教育センター 教授)

12月13日(金)18:00~19:30

物を極限まで冷たくするといったいどうなるのでしょうか。また、いったいそれはなぜなのでしょうか。極低温の物質が見せる驚きの性質を、液体窒素を使ったデモ実験をまじえながら物理学が解き明かします。

テーマ:理数

市民公開講座

市民公開講座 No.489 兼令和元年度高大連携事業公開講座
「光画」のメカニズム~photography古今東西~

猿渡 学(東北工業大学 経営コミュニケーション学科 准教授)

12月6日(金)18:00~19:30

photographyは通例では「写真」と翻訳されますが、それはどういう過程で翻訳されたのでしょうか。
これを探るためにphotographyを元々の意味である「photo+graph」にたちかえりつつ、photographyがどのような学問的葛藤を経て今日に至ったのかを考えます。また、1Fギャラリーでは関連展示「光画展Ⅲ『影/陰/光画に関する断章』」を行っていますので、1Fに移動し実際に作品を見ながら、フィルムを用いたアナログ写真の制作実例も解説します。
■関連講座:ギャラリーイベント 光画展 Ⅲ「影/陰/光画に関する断章」
12月6日(金)~12月11日(水)

テーマ:人文社会