東北工業大学

東北工業大学

就職情報
就職情報

就職情報

インターンシップ制度

  > 就職情報 > インターンシップ制度

本学学生のインターンシップ受け入れについてのお願い

本学では職業観醸成教育の一環として、企業の皆様から実習の機会提供のご協力をいただき、2006年度から「低学年からのキャリア支援」に力を入れるために全学年に対象を拡大し、インターンシップを実施しております。
本年度も多数の学生が実習等の機会を望んでおり、下記により実施いたしたいと存じます。
つきましては、本学インターンシップの受け入れについてご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  1. 実施期間 2020年8月17日(月)〜9月3日(木)
  2. 実施概要 「東北工業大学インターンシップのながれ」をご参照ください。
    (以下ダウンロードより)
  3. 手続方法 以下URLより、「(各学部)インターンシップ受入書」をダウンロードの上ご入力いただき、6月17日(水)までに受け入れ可能な学部のキャンパスへメールにて送付をお願いいたします。
  4. 留意事項
    ①受け入れ可能期間については、原則5日(実労働40時間)以上といたします。
    ②今回は正規雇用の企業様のみの対象としております。
    ③実施については、新型コロナウイルスの影響が収まっていることならびに学生の夏休み期間中が前提となり、事情により中止または延期となる場合がございますので、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。
    実施の可否決定については、6月12日(金)までにホームページに掲載します。

※学生とのマッチングを経て、正式な依頼状をお送りいたします。
以上

メール返信
・お問合せ先
※キャンパスごとに窓口
・担当者が異なります。

【工学部】八木山キャンパス

〒982-8577
宮城県仙台市太白区八木山香澄町35-1
Tel: 022-305-3334
Fax: 022-305-3337
E-mail:syusyoku@tohtech.ac.jp
担当:キャリアサポート課 土生(はぶ)


【ライフデザイン学部】長町キャンパス

〒982-8588
宮城県仙台市太白区二ツ沢6
Tel: 022-304-5501
Fax: 022-304-5504
E-mail:n-career@tohtech.ac.jp
担当:長町校舎事務室 奥寺(おくでら)

実績に即した教育システム

インターンシップでは産業界の積極的な賛同を得て、
実戦経験と社会適応性を養成しています

本学のインターンシップは、社会経験の少ない学生が現実社会に接し、その活動を具体的に理解するとともに、将来に向けて明確な目標を設定し、さらなる学習意欲を喚起することを目的とします。インターシップの普及は、実社会への適応能力が高い実践的な人材の育成につながります。
また、学生を受け入れる産業界では、大学と連携を図ることにより、大学に新たな産業分野の動向などを踏まえたニーズを伝え、新たな商品開発や技術開発等に反映させることができます。こうして学生が得たインターンシップの成果は、企業などへの就職後に実践的な能力として発揮されるのです。

インターンシップの流れ

インターンシップは夏期休業を利用し、1~2週間かけて就業体験します。インターンシップ前にはビジネスマナーなどを学べる事前研修もあるので安心です。インターンシップ終了後には報告会が行われ、条件により単位が認定されます。就業体験で得た経験は、これからの学習や将来設計、就職活動に生かすことができます。

インターンシップの流れ

インターンシップの流れ

インターンシップ参加者の声

※学部・学科・学年はインターンシップ参加当時のものです。

インターンシップ参加者の声
インターンシップ参加者の声

樽川 正勝さん

工学部 情報通信工学科 3年 ※

受入れ先:株式会社ミライト

業界を知る

私は10日間のインターンシップに参加し 通信建設に関する実習や見学をしました。参加する前は、この業界についてほとんど知りませんでした。イメージとしては主に工 事を行う仕事が多いと思っていましたが、実際は多岐にわたる分野を受け持っており、多くの経験ができる職場だと感じまし た。他にも社員の方々の仲が良く、楽しそうに働かれている姿が印象に残りました。今回は通信建設業界の仕事内容を知り、どのような職場かを知ることが目的でしたが、それだけではなく今後の就職活動でどうするべきか気づかされたとても有意義な時間でした。

インターンシップ参加者の声
インターンシップ参加者の声

吉田 陽菜子さん

ライフデザイン学部 安全安心生活デザイン学科 2年 ※
(現:生活デザイン学科)

受入れ先:株式会社ロゴスホーム

仕事をするということ

主に住宅や公共施設などの設計を行って いる企業へのインターンシップに参加し、 実際の仕事の流れや、設計するにあたって 気をつけなければならない点などを学びました。その中で特に印象に残ったのは「家を購入するということは、ほとんどの人にとっては一生に一度の買い物。そのため、一 度でお客様に満足してもらえるような住宅を設計することが目標」という社員の方の お話しです。この経験から、住宅設計の技術的な面はもちろん、設計するうえで何を考え、何を大切にすべきかという内面の重要性にも気づくことができました。

インターンシップ実績

  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 合計
1年 - - - - 6 6
2年 3 6 3 5 4 21
3年 100 96 109 52 58 415
4年 1 - - - - 1
院生 - - - - 1 1
総計 104 102 112 57 69 444

(単位 : 人)