東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

市民公開講座

  > 市民公開講座

2020年度に開催された市民公開講座一覧

市民公開講座

市民公開講座No.511
「海水を利用した水素製造のための電解電極の創製とその周辺技術の開発」

加藤 善大(環境応用化学科 准教授)

12月4日(金) 18:00~19:15

再生可能エネルギーを用いた水素製造のため、真水のアルカリ水電解を行うことは水資源保護の観点から避けるべきである。このため、多量に存在する海水による直接電解を提案している。本講座では海水電解に用いる水素、酸素発生電極およびその周辺技術について説明します。
(左写真:酸素発生効率99.02%の電極、電解時間 2307 h、測定日2011.3.11)

市民公開講座

市民公開講座No.510
「非認知能力とは何か?~運動とスポーツからのアプローチ~」

髙野 淳司(総合教育センター 教授)

12月4日(金) 16:00~17:15

近年、子どもの発達、教育のトレンドとして非認知能力が注目されていますが、いったいどのようなものなのでしょうか?今回は、この非認知能力について、やさしく解説をしていきます。また非認知能力とつながりの深い、運動・スポーツとの関係についても検討していきたいと思います。

市民公開講座

市民公開講座No.509【追加特別講座】
「障害がある方との共創デザイン」

伊藤 美由紀(生活デザイン学科 准教授/地域のくらし共創デザイン研究所 所長)
ゲストスピーカー:就労継続支援B型事業所 希望の星 安藤 修二 氏

11月21日(土) 15:00~16:30

仙台市ホームページに「障害を理由とする差別をなくし障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例ができました」とあります。障害がある方への配慮、障害に対する誤解や偏見について考えたことはありますか。現在一緒に活動し、刺激をいただいている障害がある方にもご登壇いただき「共創デザイン」を考えます。


▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.508
「5Gって何だろう?」

工藤 栄亮(情報通信工学科 教授)

11月24日(火)18:00~19:15

5G、LTEなど携帯電話に関係する言葉を耳にする機会が増えていますが、一体何なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?この講座では、これまでの携帯電話の進化の歴史をふりかえりながら、5Gについて解説していきます。

工藤先生

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.507
「絵本というメディア」

大木 葉子(総合教育センター 准教授)

11月20日(金)18:00~19:15

絵本というと「子どもの読み物」というイメージをもたれがちですが、近年、文章表現と視覚表現という二つの表現領域を総合したメディアとして注目され、その可能性の豊かさが指摘されています。本講座では、絵本というメディアの特性を知り、その表現方法を学ぶとともに、表現媒体としての豊かな可能性について考えます。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.506
「有限要素法解析を用いた超音波デバイス設計手法の紹介」

田村 英樹(情報通信工学科 准教授)

11月13日(金)18:00~19:15

毎秒2万回を越える振動やそれによって生じる人間には聞こえない音が超音波であり、私達の研究室では超音波振動を使ったセンサやアクチュエータに取り組んでいます。それら振動素子の解析には数値解析の一種である有限要素法を用いていますが、どのように振動デバイスを設計していくのか、その手法の雰囲気を紹介します。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.505
「認知症とくらしとデザイン」

谷本 裕香子(生活デザイン学科 講師)

11月6日(金)18:00~19:15

認知症高齢者が社会でいきいきと暮らしていくために何が必要なのでしょうか。本講座では、「環境を整えること」に主眼を置き、建築環境が高齢者の心理や行動に与える影響を読み解きます。また、国内外で実践されている環境デザインの取り組みも紹介します。誰もが活躍できる社会を全員で考える機会となれば幸いです。

生活デザイン学科

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.504
「子どもたちの交通安全を推進するために」

小川 和久(総合教育センター 教授) 

10月23日(金)18:00~19:15

小学生・中学生・高校生に関して各年代の交通事故の特徴とその要因について、心理学の観点から議論するとともに、問題解決のための提案を行う。また、児童生徒の発達的特性を考慮した効果的な交通安全教育について、実践例を紹介しながら、その理論と方法論を解説する。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.503
「法廷通訳の現状と展望―英語通訳人の立場から―」

佐藤 夏子(経営コミュニケーション学科 准教授)

10月13日(火)18:00~19:15

通訳人は、日本語の能力が十分ではない被告人や証人などと、裁判官・検察官・弁護人 が、日本語で正確なコミュニケーションをはかるための橋渡し役として重要な役割を果たしています。法廷における英語通訳人としての困難点、そして法廷通訳の経験から見えてきた問題点とこれからの法廷通訳のあり方について考えていることをお伝えします。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.502
「ヒトと社会をつなぐ:対話の脳科学」

三浦 直樹(情報通信工学科 准教授)

10月9日(金)18:00~19:15

人間は、他者との相互作用・対話の中で社会生活を送っています。しかしながら、それは必ずしも良い結果をもたらすとは限らず、時として衝突の原因にもなり得ます。本講座では、人間の社会的振る舞いに関わる脳内メカニズムについて概説し、より良い相互作用を目指すため我々がどうすれば良いか考えてみたいと思います。

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

【開催中止】
市民公開講座No.501
素材とデザインの関係

中島 敏(生活デザイン学科 教授)

9月25日(金)18:00~19:15

デザインを決める要素は多くあります。ここでは、素材のデザインに関する重要性について話します。さらに、ものづくりの3R〈Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)〉の考慮すべき点についても、述べたいと思います。

生活デザイン学科中島先生

素材とデザインの関係

▶お申し込みはこちら

市民公開講座

市民公開講座No.500
生活者によるデザイン―ともに作るデザインの可能性―

両角 清隆(産業デザイン学科 教授)

9月18日(金)18:00~19:15

何をどのように『デザイン』すれば⽣活を豊かにできるのか、⽣活者・当事者と⼀緒に考え、作り出し、運⽤し、共有していく⽅法を考えたい。そのために、これまでに⽇本やフィンランドで出会った⼈々の⽣活・活動や、学⽣とともに考え取り組んだ制作から考えていきたい。この講座を答えの提供の場ではなく、⼀緒に考える場と考えています。

滝道町内会ホームページ(住民・学生と共同制作)

▶お申し込みはこちら