東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 一番町ロビー/オープンカレッジ >  市民公開講座 No.476兼
学都仙台コンソーシアムサテライトキャンパス部会市民公開講座
第一次世界大戦の意味 ~特に戦後日本にとっての~

東北工業大学 一番町ロビー

一番町ロビー/オープンカレッジ

本日開催予定のイベント

市民公開講座 No.476兼
学都仙台コンソーシアムサテライトキャンパス部会市民公開講座
第一次世界大戦の意味 ~特に戦後日本にとっての~

野家 伸也(東北工業大学 共通教育センター 教授)

9月21日(土)15:00~16:30
会場:仙台市市民活動サポートセンター6Fセミナーホール

第二次世界大戦と比べると、第一次世界大戦は(日本も参戦したものの)日本にとってそれほど大きな歴史的意味を持っていないと考えられがちです。しかし歴史を精査してみると、第一次世界大戦後の、特にドイツの戦後処理の問題が、第二次世界大戦後の日本の「国のありかた」に大きな影を落としていることが分かります。

テーマ:人文社会

PAGE TOP

最終更新日