東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 本学学生と企業が若年層における缶詰の購買意欲向上を目的に新メニューを考案しました

本学学生と企業が若年層における缶詰の購買意欲向上を目的に新メニューを考案しました

お知らせ

本学 経営コミュニケーション学科 佐藤 飛鳥研究室が、株式会社木の屋石巻水産(石巻市)の冷凍製品及び缶詰商品を用いて、新メニュー「鯨の竜田丼」・「さば缶ラーメン」を考案しました。
これは「20~30代のデジタル系タッチポイントの選定」をテーマとして2021年度KCみやぎにて採択された委託研究成果の一つであり、「若年層における缶詰の購買意欲向上」を目的に、経営コミュニケーション学科 佐藤 飛鳥 准教授と同研究室の学生が2021年7月~2022年2月末にかけて取り組んだものです。若年層が生活や行動の中でSNSに触れるタイミング等を調査し、デジタルタッチポイントを明確化させ、マーケティングに活かす提案を企業に向けて行いました。
今回考案したメニューは東北工業大学生協食堂において期間限定で提供されます。

提供場所:東北工業大学 長町キャンパス食堂 (営業時間11:30~13:30)
提供期間:2022年5月23日(月)~27日(金) 【1日30食限定】

◆関連リンク:KCみやぎ採択の「20〜30代のデジタル系タッチポイントの選定」研究会キックオフ・ミーティングを実施しました