東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 冬期AI教育プログラム『人工知能基礎』を冬季休業中に開講しました

冬期AI教育プログラム『人工知能基礎』を冬季休業中に開講しました

お知らせ

冬期AI教育プログラム『人工知能基礎』を冬季休業中に開講しました。
年末の12月21日(土)から23日(月)の3日間,本学全学科、全学年の希望者50名の学生を対象として、下記の講義と演習が行われました。
講師は情報通信工学科 木戸 博 教授で、9回の講義と演習を指導しました。演習では,3名の技術スタッフがプログラミングのサポートを行い、学生の理解を補助しました。学生達は、人工知能という新しい知識を楽しく学んでいる様子でした。
なお、今回の講義は、AI教育プログラムの入門/基礎/応用の中級編に該当します。

 

担当:情報通信工学科 教授 木戸 博

◆2019年12月21日(土)MATLABの概要
2講時:MATLABの概要を学ぶ。

3講時:MATLABプログラミングの基礎を理解する。

4講時:データの可視化や条件分岐を用いたプログラムを作成する。
 
◆2019年12月22日(日)機械学習を学ぶ
2講時:機械学習について概説する。

3講時:分類器(サポートベクターマシン、決定木など)を用いた機械学習プログラムを作成する。

4講時:MATLABに用意されている分類・回帰学習器アプリを用いて、教師あり機械学習を行う。
 
◆2019年12月23日(月)深層学習を学ぶ
2講時:深層学習について概説する。

3講時:畳み込みニューラルネットワーク(CNN)による基本的な深層学習プログラムを作成する。

4講時:GoogLeNetなどの事前学習済みネットワークを用いた深層学習プログラムを作成する。