東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 令和3年度の授業実施における基本方針について

令和3年度の授業実施における基本方針について

重要

在学生・受験生・保護者の皆様へ

令和3年度の授業実施における基本方針について

2021(令和3)年度の授業は、3密を回避し、教室の収容定員を1/2程度以下に設定するなど感染予防に最大限に配慮し、対面授業とオンライン授業を以下の通り併用して実施する。

  • 授業時間は1コマ100分とし、14週で行う。
  • 1~2年生は7割程度(週3〜4日)、3~4年生は5割程度(週2〜3日)の対面授業実施を目指す。
  • 必要に応じて6限(18:40~20:20)を設ける場合がある。
  • オンライン授業においては、曜時にとらわれず開講するオンデマンド型科目を設ける場合がある。

ただし、新型コロナウイルス感染症拡大等の状況によっては、対面授業を中止するなど、授業の実施方法は適宜見直し、柔軟に対応する。

    感染予防〉

  • 3密を避ける。
  • 毎日、多くの学生等が手を触れる場所(ドアノブ、手すり、机など)を消毒する。
  • 各建物に消毒液、除菌シートを設置する。
  • 授業中は、教室の入り口のドアや窓を開放するなど換気を行う。また、天候等により常時開放することが困難な場合でも、授業の前後などに定期的に換気を行う。
  • 教室は、可能な限り学生の身体的距離を確保した座席配置を工夫する。
  • グループワークやディベート等により、互いに会話をする場面がある場合には、 マスクの着用を徹底し、離れた距離での会話、真正面に向かい合って座らないように工夫するなど、間近で会話や発声をする密接場面を作らないよう努める。
  • 授業時および構内滞在時は必ずマスクを着用するよう指導する。