東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 本学 電子工学専攻 鈴木郁郎研究室のアストロサイトMEA計測の論文がFrontiers in Neuroscience誌に掲載されました

本学 電子工学専攻 鈴木郁郎研究室のアストロサイトMEA計測の論文がFrontiers in Neuroscience誌に掲載されました

プレス・メディア

本学 工学研究科 電子工学専攻 鈴木郁郎 研究室のアストロサイトMEA計測の論文がFrontiers in Neuroscience誌(2023年1月10日付)に掲載されました。
脳を構成するグリア細胞の一種であるアストロサイトの電気活動を微小電極アレイ(MEA)から計測し、薬剤応答を検出した研究成果です。
MEAは、神経細胞や心筋細胞の電気活動を計測する手法として国内外で広く使用されている計測技術です。MEAが開発されてから、50年以上の歴史がありますが、アストロサイト単独の培養から電気信号および薬剤応答を取得した初めての報告になります。
本研究で見出したアストロサイトのMEA計測は、脳疾患の解明や薬剤評価に有効な評価法となることが期待されます。

Title: Detection of astrocytic slow oscillatory activity and response to seizurogenic compounds using planar microelectrode array
Author: T. Kuroda, N. Matsuda, Y. Ishibashi and I. Suzuki*
*corresponding author

◆論文:Detection of astrocytic slow oscillatory activity and response to seizurogenic compounds using planar microelectrode array
Frontiers in Neuroscience