東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 本学 経営コミュニケーション学科 川島 和浩 教授が中小企業会計学会第10回全国大会において、報告と討論を行いました

本学 経営コミュニケーション学科 川島 和浩 教授が中小企業会計学会第10回全国大会において、報告と討論を行いました

お知らせ

4.質の高い教育をみんなに

8.働きがいも経済成長も

12.つくる責任 つかう責任

本学 ライフデザイン学部 経営コミュニケーション学科 川島 和浩 教授が、11月12日(土)~13日(日)に、明治大学において対面形式で開催された中小企業会計学会第10回全国大会の統一論題「中小企業管理会計の基本問題」において、「中小企業におけるSDGs経営の課題と展望」を報告し、その後の討論を行いました。
報告では、SDGs経営は、SDGs(持続可能な開発目標)の取組みを経営戦略に組み込んで実践する経営手法であり、サステナビリティが重視されるなかで、本業を通じた事業活動による利益の確保と地域社会の課題を解決する両利きの経営が求められることを説明しました。SDGs経営を実践している中小企業は現在では1割程度であるものの、地域金融機関がSDGsに取り組む中小企業の伴走者となり、コンサルタント業務を通じたSDGs支援サービスを展開していることから普及が見込まれます。このような状況のもとで、中小企業においては、SDGsを経営戦略にどのように組み込むか、数値管理の見える化をするか、管理会計の役割が高まっていることを指摘しました。