東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 教育の質保証シンポジウムを開催しました

教育の質保証シンポジウムを開催しました

シンポジウム

本学教育の質保証シンポジウム(兼 FSD研修会)が、3月25日(水)、本学八木山キャンパスにおいて開催されました。
本シンポジウムは、本学における教育の質保証に向けた取り組みを、今後一層推進していくために、質保証の現状と課題および今後の方向性について、学内教職員間で共通認識を得ることを目的としています。
まず初めに、本学渡邉 浩文 副学長より開会の挨拶が行われました。
続けて、大阪工業大学 工学部教授・教育センター長 椋平 淳 氏が、『「大阪工業大学における教育改革の現状と成果について」~文科省AP事業を通じた教育課程と教育方法の改善を中心として~』と題し、新型コロナウィルス感染拡大防止のためテレビ会議システムを接続して基調講演を行い、多数の本学教職員が参加しました。
椋平 氏は講演で、大阪工業大学の概要や現在のOIT教育改革、ディプロマ・サプリメントシステム、達成度確認テスト、質保証の取組体制などについて説明されました。
まとめとして、ディプロマ・サプリメントやIRなどの特徴を最大限に活用し、様々な効果の最大化を追求していくという大阪工業大学の質保証の展望を語られました。
最後に、本学教員より、達成度確認テストなどに関する質問が積極的になされ、他大学の情勢や教育の質保証の取り組みを学ぶことができた貴重な機会となりました。
本学では、今後も引き続きFSD研修会を開催し、各委員会と連携して全学的な教育改善に努めていきます。