東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 本学 産業デザイン学科 3年 渡邉 一太さんの作品が「JAGDA国際学生ポスターアワード2022」において入選しました

本学 産業デザイン学科 3年 渡邉 一太さんの作品が「JAGDA国際学生ポスターアワード2022」において入選しました

受賞

本学 ライフデザイン学部 産業デザイン学科 3年 渡邉 一太さんが、公益社団法人 日本グラフィックデザイン協会が主催する「JAGDA国際学生ポスターアワード2022」で入選しました。
入選作品は2022年11月30日(水)から12月12日(月)まで東京・六本木の国立新美術館の展示室1Cにて展示されます。お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

「JAGDA国際学生ポスターアワード2022」
◆会 期:2022年11月30日(水)~12月12日(月)10:00-18:00
     11月6日(火)は休館/最終日は15:00まで/入場は閉場の30分前まで/入場無料
◆会 場:国立新美術館(東京・六本木) 展示室1C
◆展 示:入賞・入選作品

<JAGDA国際学生ポスターアワード2022 概要> ※JAGDA国際学生ポスターアワード2022Webサイトより引用
国内外の優れた若い才能の発見と顕彰、そしてグラフィックデザインの発展と進化を目的に創設された「JAGDA国際学生ポスターアワード」。前身の「JAGDA学生グランプリ」を国際化して4回目の開催となった今年は、コロナ禍の中、世界24の国と地域からたくさんの応募をいただきました。審査員はJAGDA正会員に加え、国内外の著名デザイナーを招聘。オンライン審査2回と、3年ぶりとなったポスター実物による対面での審査会を行い、過去最多の応募総数3,110作品の中から、入賞25作品、入選211作品を選出しました。グラフィックデザインの未来を担う、次世代の作品をご覧ください。

<関連リンク>
展覧会開催のご案内(国立新美術館)
入選作品発表

渡邉 一太 入選作品「悪口 = 凶器」