東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 本学 工学部電気電子工学科 鈴木 郁郎准教授らの論文がNature Communications誌に掲載されました

本学 工学部電気電子工学科 鈴木 郁郎准教授らの論文がNature Communications誌に掲載されました

プレス・メディア

この度、スイス連邦工科大学(ETH Zurich)、MaxWell Biosysytems社(スイス)、京都大学iPS研究所と東北工業大学 工学部 電気電子工学科 鈴木郁郎研究室の研究成果が、Nature communication誌に掲載されました。研究内容ならびに論文は以下のとおりです。

19,584電極からなるCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)-MEA(MicroElectrode Array)を用いて、脳組織の詳細な電気活動パターンやヒトiPS細胞由来神経ネットワークの活動パターンを1細胞レベルで記録し、薬剤投与による変化を検出しました。更に、単一ニューロンの形態と軸索伝導速度を算出する信頼性の高い分析ツールを開発しました。本計測プラットホームは、細胞を蛍光ラベルすることなく、非侵襲長期計測でき、光計測で難しかった高時間分解能を有する為、神経科学の基礎研究、神経疾患の解明研究、創薬研究等において新たな知見をもたらす技術としてその応用が期待されます。

論文
“Versatile live-cell activity analysis platform for characterization of neuronal dynamics at single-cell and network level”
Yuan X1, Schröter M1, Obien MEJ1,2, Fiscella M1,2, Gong W1,2, Kikuchi T3, Odawara A4, Noji S4, Suzuki I4, Takahashi J3, Hierlemann A1, Frey U1,2
1 Department of Biosystems Science and Engineering, ETH Zurich, Basel, Switzerland
2 MaxWell Biosystems AG, Zurich, Switzerland
3 Center for iPS Cell Research and Application (CiRA), Kyoto University, Japan
4 Tohoku Institute of Technology, Japan
Nature Communications, 11,4854, 1-14, 2020
https://www.nature.com/articles/s41467-020-18620-4
DOI: 10.1038/s41467-020-18620-4