東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

一番町ロビー/1Fギャラリーイベント

  > 一番町ロビー/1Fギャラリーイベント

ボタニカルアート展

笠原 知子(ル・パピエブラン主宰)
大羽 克彦(東北工業大学名誉教授)

2022年5月27日(金)〜5月31日(火)


ボタニカルアートは、四季折々の花・木・果実などの植物を良く観察し、「実物大にスケッチをし」「植物学的に正しく」そして「着色は水彩絵の具を用いて、実物に近いように」を軸に描くものです。植物のさまざまな表情を描いた作品をぜひご覧ください。

東北工業大学 一番町ロビー

〒980-0811 仙台市青葉区一番町1-3-1
TMビル(旧ニッセイ仙台ビル)
Tel 022-723-0538
Fax 022-263-8606
E-mail: lobby@tohtech.ac.jp

◆新型コロナウイルス感染症予防対策についてはこちら
◆過去の展示の紹介動画はこちら

一番町ロビーTwitter 日々更新中!
一番町ロビー Twitter

一番町ロビー の詳細は、こちらのページをご覧下さい。

“四季彩祭” 当たり前の日常の風景を切り取ることを大切に!

ズイコーフレンドクラブ仙台支部

2022年6月3日(金)~6月7日(火)


3年ぶりの写真展になります。コロナ禍で当たり前の日常生活がいかに大切かを痛感。従来以上に四季折々の中で、見過ごしてきた普通の景色を大切に切り取りたいとの思いを強くしました。

詩と絵の二人展

玉田 尊英 & 松宮 禜典

2022年6月10日(金)~6月14日(火)


宮城県芸術協会会員の二人による詩と絵のコラボレーション。玉田の詩は二人展のための書き下ろしが中心。平明な抒情詩で、詩の表現に三人の書家が協力してくれています。松宮の絵は抽象と具象。昨年の透き通るようなブルーから一転、赤を基調とした画面に強い平和への祈りが込められています。

The☆Crafters meeting2022

The☆Crafters

2022年6月17日(金)~6月21日(火)


楽器を〝創る〟ことに魅せられ出会った仲間が集まり「The☆Crafters」を結成。楽器作りの奥深さを楽しみながら活動中。今回はそれぞれのクラフターがこだわって製作した、個性溢れるハンドメイドギター・ベースなどを多数展示いたします。

写真部展示会「季節のあいさつ」

東北工業大学 写真部

2022年6月24日(金)~6月28日(火)


四季豊かな日本でしかできない写真一枚から伝わる季節の写真展です。あいさつとはあいさつ一つで相手のすべてが伝わると言っても過言ではない為、写真一枚で季節が伝わる写真展にしたいという願いから「季節のあいさつ」としました。

美しい☆もの・・・レーコ と少年院の教え子たち2022

関 レーコ

2022年7月1日(金)~7月5日(火)


少年院で美術講師を務める創作テキスタイル作家関レーコのオリジナルテキスタイル作品と少年院の少女と少年の描く絵画とのコラボレーション。この展示では、紙と布という素材の違いを超えて、表現とは何か?という根源的問いの答えを感じていただけます。表現することは生きることなのだから。

べびもふ展~ふわふわでもふもふな猫たちの日常~

しま

2022年7月8日(金)~7月12日(火)


オリジナルキャラクター「べびもふ」の展示会を開催します。2匹の猫たちのイラストレーションや動画など、癒しで溢れた空間をお届けします。猫が好きな方でもそうでない方でも楽しめる展示会となっておりますので、ぜひ一度足をお運びください。会場でお待ちしております。

第14回 IZUMI&若林木の会 木版画展

IZUMI木版画会・若林木の会

2022年7月15日(金)~7月19日(火)


NHK文化センター仙台教室および若林木の会で、木版画の面白さ、楽しさを学ぶ仲間の、第14回目の作品展示会です。各人が木版画の持つ素朴な力強さに惹かれ、苦心しながらも心を込めて制作しました。個性豊かなそれぞれの作品を、お楽しみいただければ幸いです。

麒麟の会 第3回水彩画展

麒麟の会

2022年7月22日(金)~7月26日(火)


麒麟の会は鈴木智枝先生の水彩スケッチ教室で学ぶ仲間たちで結成した会です。風景・人物・静物などを各人自由に画いた作品の第3回展示会です。皆さまのご来館を心よりお待ち申し上げます。

小・中学生の絵画展「わたしのドイツ2021」

仙台日独協会

2022年7月29日(金)~8月2日(火)


9,000キロも離れているけど、実はとっても身近な日本とドイツ。昨年は日独交流160周年。テーマは『となりのドイツ』。まわりを見回してみたら、ほら、ここにもあそこにも小さなドイツや大きなドイツ。さて、子どもたちの回りにはどんなドイツがあるのでしょう。