東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 本学 建築学科と台湾・中原大学 建築学科がクロスエスキースを実施しました

本学 建築学科と台湾・中原大学 建築学科がクロスエスキースを実施しました

お知らせ

11.住み続けられるまちづくりを

本学 建築学科と台湾・中原大学 建築学科が2021年11月から12月まで、<オンラインによる交流プログラム>を6週間、全5回、各回3時間にわたり実施しました。
(JST(国立研究開発法人科学技術振興機構)のさくらサイエンスプログラム採択)

東北工業大学と中原大学は、10年にわたり相互の交換留学を続けてきました。2020年以降パンデミックの影響で学生相互の交流がありませんでしたが、JSTのプログラム補助により、オンラインでの<卒業設計をテーマとしたクロスエスキース>の形で、学生交流を復活させることができました。
クロスエスキースの内容は、日本8人・台湾8人、合計16名の学生が進めている卒業設計を発表し、教員や学生相互、ゲストクリティークからのコメントを受けるものです。1ヶ月間に互いの発表、コメントから刺激を受け、12月16日(木)の最終日に再発表を行いました。今後、それぞれの国での最終発表を目指します。

詳細は下記建築学科 WebサイトNEWSリンクよりご覧ください。

<関連リンク>
◆建築学科 Webサイト:台湾・中原大学とのクロスエスキースを実施しました