東北工業大学

東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 建築学科 福屋 粧子 准教授が共同主催する建築事務所が設計した、震災遺構石巻市大川小学校が公開されました

建築学科 福屋 粧子 准教授が共同主催する建築事務所が設計した、震災遺構石巻市大川小学校が公開されました

お知らせ

本学 建築学科 福屋 粧子 准教授が共同主催する、AL建築設計事務所の建築・ランドスケープ設計により、震災遺構石巻市大川小学校が完成し、2021年7月18日(日)から公開されました。
大川震災伝承館の建築設計は、福屋 粧子 准教授の他、構造設計は本学 建築学科 卒業生の構造家 小西 泰孝 氏、遺構保存に関する提案は本学 建築学科 非常勤講師 井上 剛志 氏が担当しています。
福屋研究室は、2017年の失われた街模型復元プロジェクトの地域活動を契機として、石巻市大川地区を訪問し、震災遺構をふくめた地域の記憶の保存活動を行っています。
福屋 粧子 准教授は、「設計者として、『震災の学びの場』の大川小学校に、これから多くの方に訪れてほしいです」と話しています。