東北工業大学

NEWS & TOPICS
NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

  > NEWS & TOPICS > 本学 情報通信工学科 袁 巧微 教授がさくらサイエンスプログラム「Sakura Online Program」を開催しました

本学 情報通信工学科 袁 巧微 教授がさくらサイエンスプログラム「Sakura Online Program」を開催しました

イベント

本学 情報通信工学科 袁 巧微 教授が、科学技術振興機構(JST)のさくらサイエンスプログラムに採択され、淡江大学(台湾)、ニューカッスル大学(シンガポール)と「IoT技術及びその往々技術に関する国際交流」として、「Sakura Online Program」を8月25日(木)から開催しています。
このプログラムは海外にある2つの大学と、オンラインでIoT技術及びその関連技術を交流し、各機関の学生・教員同士間の文化・技術交流を促進するものです。

8月25日(木)は、互いの紹介、プログラム概要説明、事前に各大学に配布した機器操作のレクチャーを実施し、26日(金)は、無線通信・電力技術についてオンライン講義を行いました。また、両日とも各大学で学生のグループディスカッションを行い、文化交流、学術・国際交流としても充実した内容となっています。11月18日(金)の最終日まで、残り3回のオンライン交流を行う予定です。
JSTのFacebookでも紹介されています。

プログラム(PDF)

<関連リンク>
◆Facebook:SAKURA SCIENCE Exchange Program