東北工業大学

東北工業大学

情報通信工学科 | 研究室・教員紹介
情報通信工学科 | 研究室・教員紹介

情報通信工学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 情報通信工学科 > 研究室・教員紹介

通信コース

袁巧微研究室

いつでもどこでも情報または
電力を送れる技術に関する研究

電磁波の“力”を借りて、充電の手間と線の煩雑さを無くす夢を追いながら、高効率的な無線電力伝送技術の開発を行っています。電磁界解析技術及び多端子対回路理論に基づき、多数送電多数受電(MIMO-WPT)素子の最適設計手法、最大効率評価技術を保持しながら、応用開発を進んでいます。研究室ではミニ四駆やドローンなど電池なし走行できるシステムの試作と評価も気軽に体験できます。

YUAN
Lab

袁 巧微 / 教授

YUAN Qiaowei

学位:工学博士
研究分野:電磁界解析・アンテナ・無線電力伝送

工藤栄亮研究室

移動無線通信と
その応用技術に関する研究

超高速通信が可能な携帯電話ネットワークの構築を目指して、遅れて届く電波の干渉や送信電力の増大という課題を克服するために、計算機シミュレーションやハードウェア実験を行っています。

KUDOH
Lab

工藤 栄亮 / 教授(学科長)

KUDOH Eisuke

学位:博士(工学)
研究分野:超高速次世代移動通信ネットワークに関する研究

佐藤篤研究室

環境情報センシングのための
レーザー技術の研究

光センシングは、離れた場所の情報を光波に乗せて取得する技術で、光通信の応用技術の一つです。最近では、対象物までの距離を瞬時に計測できるLiDAR(ライダー)が、車の自動運転の分野で注目されています。当研究室では、このライダーを風向風速の3次元分布などの環境情報計測に応用するためのレーザー技術の研究を行っています。
今までにない高出力・高効率のレーザーシステムの開発や新たなレーザー波長の開拓により、レーザーは今まで見えなかったものを見せてくれる「新しい目」となります。

SATO
Lab

佐藤 篤 / 教授

SATO Atsushi

学位:博士(工学)
研究分野:レーザーとそのセンシング応用に関する研究

中川朋子研究室

地球の電磁環境に影響する
太陽系プラズマを研究

本研究室では、人工衛星からの情報やコンピュータシミュレーションなどを組み合わせて地球と宇宙の電磁環境を研究しています。宇宙空間は真空とよく言われますが、実際は太陽からのプラズマの風「太陽風」が吹いています。普段私たちが太陽風を気にせず暮らせるのは地球の磁場がとても強くて守ってくれているから。日々変化する太陽風は、地球の電磁環境に影響を与えています。衛星からの情報が生活に欠かせない現代。身近な宇宙で何が起こっているのか、「宇宙天気予報」が必要な時代になっています。

NAKAGAWA
Lab

中川 朋子 / 教授

NAKAGAWA Tomoko

学位:理学博士
研究分野:衛星観測・シミュレーションに基づく宇宙空間の電磁環境の研究

野口一博研究室

新しい光通信システムの技術を
開発する

増大する情報伝送量に対応するには、1本の光ファイバで大量の情報を運ぶ必要があります。さまざまな波長の光を1本の光ファイバで同時に運び、その一部だけを取り出したり切り替えたりできる技術を研究しています。

NOGUCHI
Lab

野口 一博 / 教授

NOGUCHI Kazuhiro

学位:工学博士
研究分野:光通信システムとその応用に関する研究

田村英樹研究室

「情報」を「動き」に変える
センサやモータの開発

情報を動きに変えることのできるモータ、動きを情報に変換するセンサ、どちらもロボットなど近未来の生活に活きる技術です。微小で高速な振動、つまり超音波を用いた微小なモータやセンサを開発しています。

TAMURA
Lab

田村 英樹 / 准教授

TAMURA Hideki

学位:博士(工学)
研究分野:超音波モータおよび圧電機能デバイスに関する研究

北元研究室

電磁波観測から惑星環境を調べる

自然界には電磁波の放射を伴う現象が数多く存在し(雷・太陽表面の爆発現象・惑星オーロラなど)、アンテナを用いてとらえることができます。これらの電磁波を観測することで、惑星周辺の電磁環境や太陽の状態を知ることができ、宙空災害の防止などにも広く役立てられています。本研究室では電磁波計測を通して、惑星で起こる諸現象や太陽が惑星環境に及ぼす影響の解明を目指しています。

KITA
Lab

北 元 / 講師

KITA Hajime

学位:博士(理学)
研究分野:電磁波計測・惑星圏物理学

情報コース

木戸博研究室

音にのって届く様々な情報を
法科学の見地から検証する

当研究室で行うのは音声に関する研究です。目撃証言ではなく“耳撃証言”と呼ばれる音声を聴いて得られる情報に関して、犯罪科学と捜査支援の見地からその有効性や活用法についての検証を行います。また、声の質や話し方など、人間の声を聴いた時に受ける年齢の印象「声年齢」の研究を行っているのも特徴です。統計学や心理学など多領域な分野の知識を応用しながら、統計手法を用いた人間の記憶や行動データの分析、デジタル信号処理を用いたプログラミングなども扱っています。

KIDO
Lab

木戸 博 / 教授

KIDO Hiroshi

学位:博士(工学)
研究分野:音声情報に関する研究

鈴木健一研究室

ソフト・ハード両面から
マイクロプロセッサを考える

マイクロプロセッサはコンピュータの心臓部であり、最近では消費電力等の制約の厳しい家電などにも組み込まれています。それらのプロセッサの高性能化を目指し、ソフトとハードの両面から取り組んでいます。

SUZUKI
Lab

鈴木 健一 / 教授

SUZUKI Ken-ichi

学位:博士(情報科学)
研究分野:計算機の構成方式に関する研究

村岡一信研究室

自然物・自然現象を
リアルなCGで表現

山岳地形や鳥の飛翔など、自然物・現象をCGでリアルに表現するための研究を行います。複雑な形状や動作をいかに少ない計算量で再現するかが課題で、景観シミュレーションなどに応用が期待される研究です。

MURAOKA
Lab

村岡 一信 / 教授

MURAOKA Kazunobu

学位:博士(工学)
研究分野:コンピュータグラフィックスによる自然物・現象の表現法の研究

井上雅史研究室

人間の行動や思考を分析する
新たな手法を見出す

当研究室では、「インタラクション(相互作用)」の観点から人間が持つ行動や思考の特性を探る研究を行っています。行動を分析する手法や知的活動を支援するシステムを開発します。例えば、人間同士のやりとりの中で齟齬や不具合が生まれたり解消したりする過程や原因を、人工知能を使って探るとともに、分析の工夫により隠れていた規則を明らかにします。また、検索システムや対話システムなどを活用することで、情報の探し方や利用の仕方などがどのように変化するかを調査します。

INOUE
Lab

井上 雅史 / 准教授

INOUE Masashi

学位:博士(理学)
研究分野:インタラクション工学に関する研究

河野公一研究室

ノア衛星の画像を解析し
環境評価法の確立を

約20年にわたって蓄積されているノア衛星の画像を解析し、北アジア地域の環境研究を行います。画像処理をはじめとする情報通信分野の技術を駆使し、地球環境評価方法の確立を目指します。

KAWANO
Lab

河野 公一 / 准教授

KAWANO Koichi

学位:博士(情報科学)
研究分野:衛星リモートセンシング、衛星画像を用いた環境動態解析

角田裕研究室

誰もが安心して使える
ネットワークを

コンピュータからの管理情報の確実かつ効率的な収集法やネットワークの監視技術などについて研究します。ますます複雑になるネットワークを誰もが安心して使えるものにすることを目指しています。

TSUNODA
Lab

角田 裕 / 准教授

TSUNODA Hiroshi

学位:博士(情報科学)
研究分野:ネットワークの運用とセキュリティ管理に関する研究

松田勝敬研究室

データベースと電子機器を
ネットワークで結ぶ

ネットワークに対応した電子機器の制御システムを開発し、データベースと融合したシステムの実現を目標としています。ネットワークからハードウェアまでの幅広い分野が研究の対象です。

MATSUDA
Lab

松田 勝敬 / 准教授

MATSUDA Masahiro

学位:博士(工学)
研究分野:コンピュータのネットワークからハードウェアに及ぶ分野を対象とした研究・開発

三浦直樹研究室

人間の認知活動を応用した
システムの開発

高度情報化システムを利用する人間の認知活動を脳科学の手法を用いて計測し、その結果を、安全で便利なシステムの開発に応用する研究を行います。人間の行動や脳活動の計測・解析に実践的に取り組みます。

MIURA
Lab

三浦 直樹 / 准教授

MIURA Naoki

学位:博士(工学)
研究分野:脳機能計測を用いた高度情報システムのヒューマンファクタ研究

学部・大学院