東北工業大学

東北工業大学

情報通信工学科 | 研究室・教員紹介
情報通信工学科 | 研究室・教員紹介

情報通信工学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 情報通信工学科 > 研究室・教員紹介 > グエン ヴァン ドゥック

工学部 情報通信工学科/情報系

グエンヴァンドゥック研究室

AIとVRを用いた次世代情報通信技術の研究開発

テクノロジーは、私たちが学び方、遊び方、そしてコミュニケーション方法を変えています。私の研究はVR、AI及び通信技術を使用して人間に利益をもたらすスマートシステムの研究開発に焦点を当てています。具体的に、様々な日常タスクを人々とコミュニケーションを取り、支援できるAIロボット、実際の場所ではなく、ある場所にいるように感じることができるテレプレゼンスシステム、そして同じ部屋にいるかのように、仮想環境で友達とたむろできる仮想空間の研究開発を行なっています。

グエン ヴァン ドゥック

講師

グエン ヴァン ドゥック

NGUYEN Vanduc

学位

博士(コンピュータ理工学) 会津大学2019年

略歴

2019年10月-2021年2月 KDDI総合研究所 研究員
2021年04月-現在 東北工業大学 工学部 情報通信工学科 講師

研究分野

AIとVRを用いたスマート情報通信システムの研究

担当科目

  • アルゴリズムとデータ構造及び同演習
  • コンピュータグラフィック

教員からのメッセージ

テクノロジーは過去数十年で大幅に進歩しましたが、まだ解決が必要な問題が多く存在しています。勉強を重ね技術者になり、社会に貢献できる次世代技術を一緒に創造していきましょう。

業績

受賞

最優秀学生論文賞3位 (IEEE Conference on Consumer Electronics国際学会、2015)

若手研究者論文賞 (IEEE Consumer Electronic Society, Japan Chapter、2015)

研究テーマ

VRコンテンツ配信のためのトランスポート技術に関する研究

VRコンテンツのスムーズで高品質且つ低遅延の配信を提供できる、ネットワークを介したVRコンテンツ配信の包括的なソリューションを開発することを目的としています。具体的に、バーチャルリアリティの主要なコンテンツタイプである全天球動画(360度動画)に焦点を当てています。 ボリュームが大きいため、従来の配信方法は360度動画には適していません。したがって、360度ビデオのオンデマンド配信とリアルタイム配信の両方に新しい技術が必要です。特に、ユーザ体験品質に影響を与えることなくネットワークリソース要件を大幅に削減できる新しい技術の開発を行っています。

バーチャルリアリティシステム

イマーシブテレプレゼンスに関する研究

本当の場所ではなく、ある場所にいるように感じさせることで、イマーシブテレプレゼンス体験をユーザーに提供できるテレプレゼンスロボットを開発したいと考えています。
私がこの研究テーマを選んだ理由は、私たちが一度ブロックする地理的距離を排除することによって人々の相互作用に革命を起こすことができると考えているからです。それは人々に非常に有用な新しいアプリケーションを可能にする。例えば、ベトナムの私のお母さんは、日本の私の家に行って、いつでも自分の息子と遊ぶことができます。エンジニアは、リモートサイトにあるマシンの問題をすばやく確認して修正できます。テレプレゼンスロボットは、深海探査、軍事作戦などの危険な環境で人間を置き換えることができます。 遠隔手術を使用して、世界中の熟練した外科医によって多くの人々の命を救うことができます。

成長可能AIシステムに関する研究

チャットボットやアシスタントエージェント、ロボットなどの人気に伴い、学習した知識を蓄積し、新しい概念を学習する際や新しい問題を解決する際に適用できる機械学習アルゴリズムの必要性が高まっている。しかし、現在の機械学習では、タスクが個別に学習されるため、知識の蓄積や保持などの機能を実現するのに極めて難しい。本研究では、成長可能機械学習のための知識転移及び知識保持方法を開発することを目的としている。提案方法は、新しいタスクを学習するための有用な知識を過去の知識から抽出し転移することで、性能の高い機械学習モデルを実現する。また、効率的に知識の蓄積と維持を実現するために、共通の知識表現に基づく知識保持方法を提案する。人間と同等のレベルで物事を学習できる機械学習アルゴリズムを目指している。

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院