東北工業大学

東北工業大学

情報通信工学科 | 研究室・教員紹介
情報通信工学科 | 研究室・教員紹介

情報通信工学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 情報通信工学科 > 研究室・教員紹介 > 佐藤 篤

工学部 情報通信工学科/通信系

佐藤篤研究室

環境情報センシングのためのレーザー技術の研究

光センシングは、離れた場所の情報を光波に乗せて取得する技術で、光通信の応用技術の一つです。最近では、対象物までの距離を瞬時に計測できるLiDAR(ライダー)が、車の自動運転の分野で注目されています。本研究室では、このライダーを風向風速の3次元分布などの環境情報計測に応用するためのレーザー技術の研究を行っています。

学位

博士(工学) 東北工業大学1999年

略歴

1995年4月 - 1996年3月 日本電気株式会社
1999年4月 - 2001年3月 理化学研究所フォトダイナミクス研究センター
2001年4月 - 2004年3月 東北工業大学 工学部 環境情報工学科 助手
2004年4月 - 2008年3月 東北工業大学 工学部 環境情報工学科 講師
2008年4月 - 2012年3月 東北工業大学 工学部 環境情報工学科 准教授
2012年4月 - 2016年3月 東北工業大学 工学部 環境エネルギー学科 准教授
2016年4月 - 2020年3月 東北工業大学 工学部 情報通信工学科 准教授
2020年4月 - 現在 東北工業大学 工学部 情報通信工学科 教授

研究分野

レーザーとそのセンシング応用に関する研究

担当科目

  • 電磁気学I、II
  • 電気回路入門

研究室所属学生の卒業研修(論文/設計/制作)

  • 赤色半導体レーザー励起アレキサンドライトレーザーの最適動作温度の検討
  • ダブルパルスQスイッチ動作のためのTm,Ho:LLFレーザーの最適化
  • 室温から高温領域におけるTm,Ho:GdVO₄マイクロチップレーザーのサブワット級連続発振

教員からのメッセージ

レーザーは、光通信や光センシングには欠かせない光源です。レーザー光には、太陽光や電球の光にはない「便利さ」と「美しさ」があります。レーザーにはまだ、できるかどうかわからないこと、できそうなのに誰もやっていないことがたくさんあります。それを研究し実現することで、将来の通信技術やセンシング技術が発展していきます。大学では自分の手で新しい光技術を創り出し、社会に出たらその経験を生かして通信技術者として活躍する。そんな自分をイメージしてもらえたらと思います。

研究テーマ

ドップラー風ライダー用レーザー送信機の研究

数値天気予報の精度向上には、その初期値となる気象データの高精度化が必要です。光のドップラー効果を利用したライダーは、現在精度が不足している風向風速の3次元分布を高精度に観測できるセンサーとして有望視されていて、本研究室では、そこで必要な中赤外レーザーの研究を進めています。これは、台風などの自然災害の対策などに役立つレーザー技術です。

生体計測に向けた赤色レーザーの研究

皮膚・血管の計測や皮膚疾患の治療には、正常な生体組織の損傷を抑えるため、ある特定の赤色光が用いられます。本研究室では、ここで必要となる特殊な赤色光を作り出すための小型かつ高効率な医用レーザーの研究をしています。また、このレーザー技術は、ライダーによる大気観測にも応用できます。

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院