東北工業大学

東北工業大学

情報通信工学科 | 研究室・教員紹介
情報通信工学科 | 研究室・教員紹介

情報通信工学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 情報通信工学科 > 研究室・教員紹介 > 井上 雅史

工学部 情報通信工学科/情報系

井上雅史研究室

インタラクションを理解する

人間同士の対話に見られる言語的・非言語的な特徴の分析や、人と相互作用する知能システムの構築、メディア特性と利用状況の把握と活用法の探索などのテーマに取り組んでいます。

井上 雅史

准教授

井上 雅史

INOUE Masashi

学位

博士(理学) 奈良先端科学技術大学院大学2004年

略歴

2004年4月 - 2007年3月 国立情報学研究所 助手
2007年4月 - 2009年3月 国立情報学研究所 助教
2009年4月 - 2017年3月 山形大学 助教
2017年4月 - 現在 東北工業大学 工学部 情報通信工学科 准教授

研究分野

知能情報学・認知科学・ヒューマンインタフェースおよびインタラクション

担当科目

  • データベース
  • 統計解析
  • 制御工学

研究室所属学生の卒業研修(論文/設計/制作)

  • 謝罪への応答の類別
  • 性格特性と同調傾向の関連
  • 質問応答対話システムの日本語対応

教員からのメッセージ

本研究室では、人間活動に関する大規模なマルチメディアデータ (映像・音声・画像・テキスト)を収集したり、利用したりする機会があります。 データの処理には手間がかかりますが、 そこから気づきが得られれば、大変面白くなります。 対話システムや検索システムなどを作り上げる際に、 自分なりの工夫をうまく取り入れることができると、楽しくなると思います。 研究活動を通じて、これまでの講義や演習とは異なる 知的体験をしていただきたいと思います。

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院