東北工業大学

東北工業大学

電気電子工学科 | 研究室・教員紹介
電気電子工学科 | 研究室・教員紹介

電気電子工学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 電気電子工学科 > 研究室・教員紹介

電子機械・ロボット系

伊藤仁研究室

人間が音声を理解する
メカニズムを研究

医療・福祉に活用されるような次世代音声インターフェースの実現を目指しています。人間が音声を理解するメカニズムの研究や、音声入出力システムの研究などを行っています。

ITOH
Lab

伊藤 仁 / 教授

ITOH Masashi

学  位:博士(工学)
研究分野:音声知覚実験、正弦波モデルに基づく音声信号の高精度分析、合成技術の開発と応用の研究

藤田豊己研究室

環境認識・自律システムを搭載した 自ら判断し動くロボットの実現が目標

災害現場や宇宙といった厳しい環境で人間の代わりに活躍するロボットが求められています。本研究室が目指すのはCCDカメラや距離 センサーで周囲の状況を認識し、環境に合わせ自ら動いて人間を知的にサポートする「自律行動型」ロボットの実現です。プログラミングや制御工学、ロボティクスなどの知識を身に付け「知能ロボットコンテスト」参加を通して設計・開発、製作に必要な技術を磨きます。目標に向かって問題の原因を探り、チームで解決していく中で得た達成感や自信は、卒業後の社会生活においても困難を乗り越える大きな力になるはずです。

FUJITA
Lab

藤田 豊己 / 教授

FUJITA Toyomi

学   位:博士(工学)
研究分野:視覚機能や認識機能を持つ自律型ロボットの研究

中山英久研究室

次世代ネットワークで
新技術の可能性を追求

次世代のユビキタス社会の実現に向け、信頼性が高いアドホックネットワークと、効率的に情報を収集するセンサ情報処理について研究しています。ネットワーク工学の学修や情報処理のアプリケーションの作成を行います。

NAKAYAMA
Lab

中山 英久 / 准教授

NAKAYAMA Hidehisa

学  位:博士(情報科学)
研究分野:アドホックネットワークとセンサ情報処理に関する研究

水野文雄研究室

メカトロニクスを
医療、福祉に応用

着用できるコンピュータであるウェアラブルコンピュータや、事故や災害時に迅速に対応できるレスキューロボット、遠隔操作型コミュニケーションロボットなどの開発を行い、メカトロニクスを医療や福祉の支援技術に応用します。

MIZUNO
Lab

水野 文雄 / 准教授

MIZUNO Fumio

学  位:博士(工学)
研究分野:ウェアラブルコンピューティングとメカトロニクスの医療・福祉への応用

室山真徳研究室

次世代ロボット・人間拡張技術の
研究・開発と社会実装

2020年度に立ち上がった新しい研究室です。LSIやMEMSなどの最先端の半導体技術を応用したシステムをロボット・人などにさりげなく組込み、五感などの能力を拡張することで、これまでにない優しい社会を実現することを目指します。学内・学外連携、海外連携も積極的に進め、社会の役に立つ研究開発も行います。

 

MUROYAMA
Lab

室山 真徳 / 准教授

MUROYAMA Masanori

学  位:博士(工学)
研究分野:MEMS-LSI集積化、次世代ロボット用触覚センサ、エッジヘビーセンシング

医工学・バイオ系

葛西重信研究室

細胞を使って環境情報を
モニタリングする

薬剤、食品、汚染物質などに含まれるさまざまな化学物質が人間の細胞に与える影響について研究しています。電気化学や化学発光などを使って計測するシステムの開発や、バイオセンサーを使った実験を行っています。

KASAI
Lab

葛西 重信 / 教授

KASAI Shigenobu

学  位:博士(工学)
研究分野:生物電気化学、マイクロバイオチップ

小林正樹研究室

バイオフォトンで
人に優しい医工学

光を利用した生体計測、診断技術を中心とした生体医工学の研究を行っています。体の中で活動している遺伝子の働きを画像化するなど、人にやさしい医療・診断への応用を目指しています。

KOBAYASHI
Lab

小林 正樹 / 教授(工学部長)

KOBAYASHI Masaki

学  位:博士(工学)
研究分野:光による生体医用画像センシング技術の研究

辛島彰洋研究室

電気電子を使い脳の情報処理や
生体の機能を解析する

3年次までに学んだ電気電子の基礎を、医工学やバイオテクノロジーに結び付けた研究を行います。具体的には、人が安静にしているときも動いているときも、24時間呼吸を計測できる小型の電子機器を地元企業と共同で作ったり、長期的な人のストレスを少ない毛髪や爪で測る方法を探ったりというもの。さらに、工学的な視点から脳の情報を解析するなど、化学と生物の2つの分野で、電気電子を応用した研究を実践しています。

KARASHIMA
Lab

辛島 彰洋 / 准教授

KARASHIMA Akihiro

学  位:博士(情報科学)
研究分野:脳の情報処理や体の健康を維持するしくみの研究

鈴木郁郎研究室

医薬品や化粧品の作用および安全性をヒトiPS細胞を用いて予測する

ヒトiPS細胞由来ニューロンを用いて、ヒトを対象とした研究を進めています。具体的には、医薬品や化粧品などの作用を評価するために最適な評価サンプルを作製する技術(創る技術)、創ったサンプルの機能をセンシングする技術(測る技術)、得られたビッグデータから化合物の作用を予測する人工知能(AI)を用いた解析技術(解く技術)などのオリジナル技術を開発しています。
目的に応じて様々な企業様と共同研究を実施すると共に、国際協調も進めています。

SUZUKI
Lab

鈴木 郁郎 / 准教授

SUZUKI Ikurou

学  位:博士(学術)
研究分野:「創る」「測る」「解く」技術を用いて、創薬、化粧品、食品、再生医療、診断、治療に貢献する研究

光・情報デバイス系

新井敏一研究室

極低温で出現する物質の量子現象を使った新たなデバイスを作る

物質を極低温に冷却すると、超流動・超伝導・量子ホール効果など不思議な現象が出現します。これらはどれも、物質を構成するミクロの粒子である電子や原子の量子的な性質が、目に見えるマクロなスケールで現れたものです。本研究室では、マクロな量子現象の謎を解明し、これらの不思議な性質を使った新しいデバイスの実現を目指します。

ARAI
Lab

新井 敏一 / 教授

ARAI Toshikazu

学  位:博士(理学)
研究分野:低温量子物性およびその応用

内野俊研究室

ナノ材料を用いた
新しい電子デバイスの開発

ナノテクノロジーは電子デバイスを開発する上で必要不可欠。新技術やビジネスチャンスを生み出す格好の場です。ナノワイアやナノチューブ等のナノ材料を用いて機能性デバイスを開発します。

UCHINO
Lab

内野 俊 / 教授(学科長)

UCHINO Takashi

学  位:工学博士
研究分野:次世代デバイスの開発

齋藤 輝文研究室

太陽エネルギー利用拡大に役立つ技術を開発

太陽エネルギーから電力を取り出すだけでなく、熱利用も図るなど総合的な利用のための研究です。太陽電池の効率低下要因についての研究や、キャパシタによる電気を蓄えるシステムの開発を行っています。

SAITO
Lab

齋藤 輝文 / 教授

SAITO Terubumi

学  位:博士(工学)
研究分野:太陽電池の特性評価と電気二重層キャパシタを組み合わせた蓄電システムの研究

下位法弘研究室

蓄電および真空エレクトロニクス
デバイス・システムを創製する

急速に進む地球温暖化問題を鑑み、究極的な低炭素社会を実現するための省エネに特化した機能性炭素材料、電子デバイスの基礎構築を推進しています。そして炭素を中心に有機/無機/金属材料の各材料が持つ電気特性の利点を複合化して、エネルギー損失をゼロにする高機能性エレクトロニクス材料を創製し、その材料を用いた電子デバイスの高性能化および実用化を目指します。

 

SHIMOI
Lab

下位 法弘 / 教授

SHIMOI Norihiro

学  位:博士(工学)
研究分野:蓄電デバイス・システムおよび真空ナノエレクトロニクスデバイスに関する研究

田河育也研究室

次世代の高密度磁気記録および
磁気センサーの開発

パソコンやビデオレコーダーに使われているハードディスクドライブ(HDD)は、現在ではデータセンターの主役であり、ビッグデータや人工知能に欠かせない製品です。HDDの性能は、仙台で発明された垂直磁気記録技術とトンネル磁気抵抗センサーにより大きく進歩しました。我々は、さらなる発展を目指し、マイクロ波アシスト記録、および、熱アシストドット磁気記録など、次世代記録方式の研究を行っています。

TAGAWA
Lab

田河 育也 / 教授

TAGAWA Ikuya

学  位:工学博士
研究分野:磁気情報ストレージの高記録密度化、特にビットパターンドメディア方式のメディアの設計についての研究

宮下哲哉研究室

液晶工学による次世代表示装置の実現に挑戦

携帯電話やテレビ、パソコンなどの表示装置における、液晶デバイスに着目。表示装置の基礎から、未来指向の表示システムや3Dディスプレイなどへの展開を目指した研究を行います。

MIYASHITA
Lab

宮下 哲哉 / 教授

MIYASHITA Tetsuya

学  位:工学博士
研究分野:表示デバイス・3次元ディスプレイ・新表示システムに関する研究

小野寺敏幸研究室

医療に役立つ
放射線検出器の開発

五官で感じることができない放射線を半導体に通し、目に見えるものにする検出器を開発しています。放射線障害の発生を極力抑え、かつ解像度の優れた医療機器の製作に役立てることが目的です。

ONODERA
Lab

小野寺 敏幸 / 准教授

ONODERA Toshiyuki

学  位:博士(工学)
研究分野:化合物半導体を用いたガンマ線検出器の研究

柴田憲治研究室

電子1個を操ることで実現する
高機能な光・情報デバイス

電子機器は、多くの電子デバイスから構成されていますが、今後のより豊かな生活のためには、これらデバイスの微細化と高機能化が重要になります。本研究室では、半導体や金属などのナノ構造が、極限環境において示す性質を詳細に調べ、その特徴を巧みに応用することで、極限まで小さく、高機能な光・情報デバイスを実現する基礎研究を行います。量子ドットなどの微小なナノ構造体を用いて、1個の電子や光子に情報機能を持たせることが可能な高機能デバイスを実現する研究を推進しています。

SHIBATA
Lab

柴田 憲治 / 准教授

SHIBATA Kenji

学  位:博士(理学)
研究分野:量子ドットを用いた人工原子の作製と、そのテラヘルツ素子への応用

田倉哲也 研究室

電気と磁気を変換することで
エネルギーを伝送する

電気エネルギーの利用が拡大する中で、ケーブルを使わずに電気エネルギーを伝送する技術に注目が集まっています。本研究室では、電磁誘導によるコイル間の磁気的結合を用いて、離れたところへエネルギーを送る技術に関して研究を進めています。具体的には、移動体を想定したワイヤレス給電用コイルと共振回路の設計や、ワイヤレス給電に適した磁性材料の利用方法について研究を行っています。また、体内で受け取ったエネルギーを熱としてがん治療に役立てるハイパーサーミアの研究も行っています。

TAKURA
Lab

田倉 哲也 / 准教授

TAKURA Tetsuya

学  位:博士(工学)
研究分野:電磁誘導を用いたワイヤレスエネルギー伝送の研究

学部・大学院