東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 学部・大学院 > 工学部 > 電気電子工学科 > 教員・研究室

電気電子工学科

電気電子工学科

Department of Electrical and Electronic Engineerings

  • 学科概要
  • 授業紹介
  • カリキュラム
  • 教員・研究室
  • 将来
  • 学科サイト

教員・研究室紹介

電子機械・ロボット系

藤田 豊己 准教授

対談 : 藤田豊己先生×4年生 菅原宏さん

藤田 豊己 教授FUJITA Toyomi

学位:博士(工学)
研究分野:不整地移動ロボットの開発と環境認識、移動ロボットの視覚機能、人間の視覚特性に関する研究

知的な支援をするためのロボット機能

ロボットの自律行動に必要な視覚機能や環境認識機能に関する研究を行っています。その技術を応用して不整地移動ロボットや二足歩行ロボットが人間を知的にサポートできるようになることを目指します。

知的な支援をするためのロボット機能
丸山 次人 教授

丸山 次人 教授MARUYAMA Tsugito

学位:工学博士
研究分野:システム制御,ロボティクス,知覚認識に関する研究

ヒトにやさしいロボットの自律協調制御・学習制御

体の不自由な方の生活を支援するロボットと音を奏でる学習ロボットの実現を目指します。 その主要技術として、ロボットの自律化制御とヒトとロボットのインターラクションによる協調制御技術の研究、およびヒトが練習して音を創り出す学習メカニズムの研究を行います

バイオリン自動演奏ドボットの開発
伊藤 仁 講師

伊藤 仁 准教授ITOH Masashi

学位:博士(工学)
研究分野:音声知覚実験、正弦波モデルに基づく音声信号の高精度分析、合成技術の開発と応用の研究

人間が音声を理解するメカニズムを研究

医療・福祉に活用されるような次世代音声インターフェースの実現を目指しています。人間が音声を理解するメカニズムの研究や、音声入出力システムの研究などを行っています。

人間が音声を理解するメカニズムを研究
中山 英久 准教授

中山 英久 准教授NAKAYAMA Hidehisa

学位:博士(情報科学)
研究分野:アドホックネットワークとセンサ情報処理に関する研究

次世代ネットワークで新技術の可能性を追求

次世代のユビキタス社会の実現に向け、信頼性が高いアドホックネットワークと、効率的に情報を収集するセンサ情報処理について研究しています。ネットワーク工学の学修や情報処理のアプリケーションの作成を行います。

次世代ネットワークで新技術の可能性を追求

水野 文雄 准教授

対談 : 水野 文雄 准教授×4年生小原敬太さん

水野 文雄 准教授MIZUNO Fumio

学位:博士(工学)
研究分野:ウェアラブルコンピューティングとメカトロニクスの医療・福祉への応用

メカトロニクスを医療、福祉に応用

着用できるコンピュータであるウェアラブルコンピュータや、事故や災害時に迅速に対応できるレスキューロボット、遠隔操作型コミュニケーションロボットなどの開発を行い、メカトロニクスを医療や福祉の支援技術に応用します。

メカトロニクスを医療、福祉に応用

医工学・バイオ系

小林 正樹 教授

小林 正樹 教授KOBAYASHI Masaki

学位:博士(工学)
研究分野:極微弱光イメージング技術、蛍光断層画像計測技術、バイオフォトンの研究など

バイオフォトンで人に優しい医工学

光を利用した生体計測、診断技術を中心とした生体医工学の研究を行っています。体の中で活動している遺伝子の働きを画像化するなど、人にやさしい医療・診断への応用を目指しています。

バイオフォトンで人に優しい医工学
葛西 重信 教授

葛西 重信 教授KASAI Shigenobu

学位:博士(工学)
研究分野:生物電気化学、マイクロバイオチップ

細胞を使って環境情報をモニタリングする

薬剤、食品、汚染物質などに含まれるさまざまな化学物質が人間の細胞に与える影響について研究しています。電気化学や化学発光などを使って計測するシステムの開発や、バイオセンサーを使った実験を行っています。

細胞を使って環境情報をモニタリングする

鈴木研究室

小野寺 敏幸 助手

鈴木 郁郎 准教授SUZUKI Ikuro

学位:博士(学術)
研究分野:創薬支援技術や再生医療へ の応用を目指した神経医工学の研究

脳神経細胞とエレクトロニクスの融合研究

ヒトiPS細胞由来神経細胞の機能をセンシングする技術や生体組織を3次元再構成する技術を開発し、脳機能の理解や創薬・再生医療への展開を目指した研究を行っています。

高密度情報記録方式と磁気応用デバイス

辛島研究室

辛島 彰洋 講師

辛島 彰洋 講師KARASHIMA Akihiro

学位:博士(情報科学)
研究分野:生体情報学・医工学・神経科学

医療・福祉への応用を目指した生体信号の計測・解析

医療・福祉への応用を目指して、脳の情報処理や健康を維持するしくみのような生体の優れた機能がどのように実現されているのかについて工学的な視点から研究しています。

高密度情報記録方式と磁気応用デバイス

光・情報デバイス系

内野 俊 教授

内野 俊 教授UCHINO Takashi

学位:工学博士
研究分野:次世代デバイスの開発

ナノ材料を用いた新しい電子デバイスの開発

ナノテクノロジーは電子デバイスを開発する上で必要不可欠。新技術やビジネスチャンスを生み出す格好の場です。ナノワイアやナノチューブ等のナノ材料を用いて機能性デバイスを開発します。

ナノ材料を用いた新しい電子デバイスの開発
宮下 哲哉 教授

宮下 哲哉 教授MIYASHITA Tetsuya

学位:工学博士
研究分野:液晶工学、表示デバイス、3次元ディスプレイ

液晶工学による次世代表示装置の実現に挑戦

携帯電話やテレビ、パソコンなどの表示装置における、液晶デバイスに着目。表示装置の基礎から、未来指向の表示システムや3Dディスプレイなどへの展開を目指した研究を行います。

液晶工学による次世代表示装置の実現に挑戦

田河研究室

田河 育也 教授

田河 育也 教授TAGAWA Ikuya

学位:工学博士
研究分野:磁気工学

次世代の高密度磁気記録および磁気センサーの開発

パソコンやビデオレコーダーに使われているハードディスクドライブ(HDD)は、現在ではデータセンターの主役であり、ビッグデータや人工知能に欠かせない製品です。HDDの性能は、仙台で発明された垂直磁気記録技術とトンネル磁気抵抗センサーにより大きく進歩しました。我々は、さらなる発展を目指し、マイクロ波アシスト記録、および、熱アシストドット磁気記録など、次世代記録方式の研究を行っています。

次世代の高密度磁気記録および磁気センサーの開発
小野寺 敏幸 助手

柴田 憲治 准教授SHIBATA Kenji

学位:博士(理学)
研究分野:化合物半導体量子ドットの形成とテラヘルツ帯光エレクトロニクス素子 の研究

人工原子の作製と次世代デバイスへの応用

研究内容:原子と同様の性質を持つナノ構造(量子ドット)を対象として、その性質を明らかにし、次世代デバイスへと応用する研究を行っています。

小野寺 敏幸 助手

小野寺 敏幸 講師ONODERA Toshiyuki

学位:博士(工学)
研究分野:化合物半導体を用いたガンマ線検出器の研究

医療に役立つ放射線検出器の開発

五官で感じることができない放射線を半導体に通し、目に見えるものにする検出器を開発しています。放射線障害の発生を極力抑え、かつ解像度の優れた医療機器の製作に役立てることが目的です。

医療に役立つ放射線検出器の開発

PAGE TOP

最終更新日 2017年12月9日