東北工業大学

東北工業大学

電気電子工学科 | 研究室・教員紹介
電気電子工学科 | 研究室・教員紹介

電気電子工学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 電気電子工学科 > 研究室・教員紹介 > 鈴木 郁郎

工学部 電気電子工学科/医工学・バイオ系

鈴木郁郎研究室

超精密神経活動計測とAI解析による創薬応用

ヒトiPS細胞由来ニューロンや脳組織を用いて、医薬品などの化合物が神経系に及ぼす効果、毒性を判定できる評価系の開発を行っています。具体的には、3次元の脳組織(脳オルガノイド)などを「創る技術」、神経活動を最先端のデバイスや材料を用いて「測る技術」、得られたビッグデータからAI技術などを用いて情報を抽出する「解く技術」などのオリジナル要素技術の開発を通して、基礎研究や応用研究を行っています。目的に応じて様々な企業様と共同研究を実施すると共に、国際協調も進めています。

鈴木 郁郎

教授

鈴木 郁郎

SUZUKI Ikurou

学位

博士(学術) 東京大学2008年

略歴

2008年3月 東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 博士課程修了 博士(学術)
2008年4月 - 2010年3月 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 助教
2010年4月 - 2014年3月 東京工科大学 応用生物学部 助教
2014年4月 - 2016年3月 東北工業大学 工学部 知能エレクトロニクス学科 講師
2016年4月 - 2017年3月 同 准教授
2017年3月 - 2021年3月 東北工業大学 工学部 電気電子工学科 准教授(学科名変更)
2021年4月 - 現在 同 教授
2018年4月 - 現在 理化学研究所 バイオリソースセンター 創薬細胞基盤開発チーム 客員研究員
2019年7月 - 現在 東北工業大学 AiR研究所 所長

研究分野

ヒト神経組織モデル作製技術、超精密神経活動計測技術、ビックデータAI解析技術による創薬、化合物評価、疾患解明、診断、脳回路の新規動作原理の探索に関する研究

担当科目

  • センサ工学
  • 電気数学Ⅱ及び同演習

研究室所属学生の卒業研修(論文/設計/制作)

  • ヒトiPS細胞由来ニューロンの薬剤応答解析に関する研究
  • AIを用いた神経ネットワーク活動解析に関する研究
  • 化合物が及ぼす痛み評価に関する研究

教員からのメッセージ

研究を行っていると、まだ誰も見たことがない現象と出会います。人間はまだまだ自然界のことを理解できていません。興味を持って観察し、出てきたデータをどう理解して行くか、自ら考えると、大変面白くなってきます。産学連携の研究も数多く行っています。研究を通して、学生さんが活躍できる環境があります。出会いを大事にして、大いに飛躍してください。

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院