東北工業大学

東北工業大学

電気電子工学科 | 研究室・教員紹介
電気電子工学科 | 研究室・教員紹介

電気電子工学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 電気電子工学科 > 研究室・教員紹介 > 田倉 哲也

工学部 電気電子工学科/光・情報デバイス系(エネルギー分野)

田倉哲也研究室

電気と磁気を変換することでエネルギーを伝送する

電気エネルギーの利用が拡大する中で、ケーブルを使わずに電気エネルギーを伝送する技術に注目が集まっています。本研究室では、電磁誘導によるコイル間の磁気的結合を用いて、離れたところへエネルギーを送る技術に関して研究を進めています。具体的には、移動体を想定したワイヤレス給電用コイルと共振回路の設計や、ワイヤレス給電に適した磁性材料の利用方法について研究を行っています。また、体内で受け取ったエネルギーを熱としてがん治療に役立てるハイパーサーミアの研究も行っています。

田倉 哲也

准教授

田倉 哲也

TAKURA Tetsuya

学位

博士(工学) 東北大学2009年

略歴

2007年4月 - 2009年3月 日本学術振興会 特別研究員
2009年4月 - 2014年3月 東北大学 大学院 工学研究科 助教
2014年4月 - 2020年3月 東北工業大学 工学部 講師
2020年4月 - 現職 東北工業大学 工学部 准教授

研究分野

磁界によるワイヤレスエネルギー伝送の研究

担当科目

  • 電気電子工学実験Ⅰ

研究室所属学生の卒業研修(論文/設計/制作)

  • 有限要素法による移動体用ワイヤレス給電の送電コイル形状と結合係数分布に関する研究
  • 軟磁性材における比透磁率がコイルの電気定数に及ぼす影響に関する研究
  • 機能的ハイパーサーミア用発熱素子における金属環と感温フェライトの位置関係に関する研究

教員からのメッセージ

離れたところへワイヤレスでエネルギーを送るためには電磁界を利用することが近道です。自分が最適と考える電磁界を生み出すためには電磁気学をしっかりと学ぶ必要があります。古くからある学問ですが、身の回りのありとあらゆるところで応用されており、知っておいて絶対に損はしない分野です。最初は大変ですが、理解が進むにつれておもしろくなると思います。

紹介動画 光・情報デバイス系  田倉研究室「電磁誘導を利用したエネルギーを送る研究」

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院