東北工業大学

東北工業大学

大学概要

大学概要

学長メッセージ集

  > 大学概要 > 学長室 > 学長メッセージ集 > 学長インタビュー

宮城 光信 前学長

学長通信

No.14

学長インタビュー

2014.04.18

Q1 生年月日と出身地を教えてください。
1942(昭和17)年12月12日、北海道函館市生まれです。第二次世界大戦中でしたので、民謡の「江差追分」で有名な江差町(北海道檜山郡)の近くの上ノ国村という小さな村に疎開し、小学生時代を過ごしました。中学2年の時、再び函館に戻りました。ですから出身地は函館です。多感な青春を過ごした函館は今でも懐かしく思っています。

Q2 小学生の時はどんな子どもでしたか?
上ノ国村は田舎でしたので、海、山、川でよく遊びました。当時の私は、勇気も思いやりもない子どもでした。今思い出してみると反省ばかりで、恥ずかしい限りです。ですから、今は人に対して優しい気持ちを持ち、勇気を持って弱い人の味方になりたいと常に思っています。でもなかなか思い通りにはなりません。小さい時から、最も大事なことは何であるかを、きちんと教えることが必要ですね。

Q3 中学時代はどうでしたか?
1学年12クラス、1クラス60人位の生徒がいる中学校でした。時代がそうだったと思いますが、経済的にも困難な家庭の生徒もおりました。優秀で高校に行きたくても、中学を終えたら就職する生徒が、私のクラスには10名弱いました。お昼には教室で担任の先生も含め皆で持ってきた弁当を食べますが、弁当を持ってくることのできない生徒もおりました。私はそれを見るのが辛くて、ある時から私も弁当を持って行かなくなりました。弁当を持ってこれない人と同じ気持ちで過ごしたのです。

Q4 研究者としてのご専門は何ですか?
電波や光を伝える「伝送路」に関する研究が専門ですが、研究者として最後に最も力を入れた分野は、たまたまそうなったのですが、レーザ医療・歯科治療用のファイバの研究です。波長が2.94μmのEr:YAGレーザ、10.6μmのCO2レーザ光を自由に導く中空ファイバの発明と実用化の研究です。その成果は現在、世界中で市販されているEr:YAGレーザやCO2レーザ医療装置に使用されています。例えば、http://www.morita.com/global/cms/website.php?id=/jp/products/dental/newfilename/erwin_adverl_evo.htmをご覧ください。

Q5 東北工業大学の学生についてどのように感じていますか?
華やかさはありませんが、地味で真面目だという印象を持っています。技術系企業の方の印象では、「ねばり強く最後まで仕事に取り組む姿勢がある」という話も聞いています。これからも、今のままのように派手でなく、素直、実直な学生でいてほしいと思います。

Q6 東北工業大学の学生に期待することは何ですか?
人間性あふれる技術者になり、世の中を少しでも良くする人になって貰いたいことです。良くしよう、良くしようと思えば、その種はどんどん出てくるものです。その気になれば、時間をかけることによって、誰でも夢や目標は叶えられると思います。努力する人がいつかは報われる、という社会を作る人になって貰いたいと思います。
世の中は、大学での学生評価とは別なもので動いています。限られた時間で、教えられたことを、一人で回答する大学の試験とは異なります。学生の今は、幾らでも時間を費やすことができるので、新しいことを、人に聞いたり、書物やインターネットを用いたりして、回答を作ればいいのです。
将来、企業で活躍するには、
(1)やる気があること
(2)明るいこと
(3)相手の気持ちを理解すること
(4)相手とお話しできること
(5)相手に好かれること
が大切だと思います。

Q7 東北工業大学の先生・職員に対して期待することは?
先生には学生の教育と研究という大事な任務があります。そしてまた、研究を通して社会貢献をしていかなければなりません。社会、企業は大学の力を必要としていますので、今以上に社会貢献を意識し、東北工業大学の名前を世の中に出して貰いたいと思います。良い人材や研究が大学の中で埋もれているのはもったいないことです。また、現実の社会から多くを学ぶという姿勢も大切だと思います。
職員の方は教員と協力して、教育、研究、社会貢献を意識した活動をすることが必要です。教員と職員が共に働く、教職協働を互いに心がけることが必要でしょう。

Q8 学長になった前後で一番変わったことは何ですか?
私自身、最近は大学、高専での管理運営的な仕事が多かったので、大きな変化はありません。私はいつも、大学(組織)を良くすること、学生・教職員(構成員)のために何ができるか、を考えています。“責任が重くなった”、というのが一番大きな変化です。

Q9 大学の先生になっていなかったら何になっていたと思いますか?
高校生の時、進路で大きな悩みがありました。数学が好きだったので、技術系の大学に行き技術者として企業に就職するか、海上保安大学校へ行って巡視船の航海士になるか、です。父が小さな漁船で函館近海でのイカ釣りやベーリング海での鮭漁をしていましたので、高校生の頃は巡視船に乗って海で遭難する人がいたら、大嵐でも吹雪の時でも助けに行きたいと思っていました。そういうわけで、多分、海上保安庁に入り、最後は巡視船の船長になっていたと思います。

Q10 大学生の時の一番の思い出は何ですか?
大学2年生の時、応用数学の試験を受けた100人位の受講者の中で、「この問題(フーリエ級数の問題でした)を解けた学生がこの中に一人だけいる」という言葉を先生から聞いた時です。名前は公表されませんでしたが、その学生は私です。こうして褒められたことを未だに覚えているのです。
できるだけ人の良さを見つけ、褒めることがどんな時でも大切なことだと思います。皆さんも将来、就職して何人かの部下を持つようになったら、叱って育てるのではなく、人のいいところを可能な限り見つけ、褒めることを心がけて貰いたいと思います。

Q11 お休みの日は何をしていますか?
日曜日は教会の礼拝に必ず出席しています。その他の休みの時は、道路脇の空き地に花を植えたり、小さな木を植えたりしています。自宅の家庭菜園では畑を耕したり、種をまいたりして楽しんでいます。

Q12 ご自分にとってのプチ贅沢は何ですか?
私は今、物欲があまり多くはありません。強いていえば、おいしい食事をすることです。それも安いお店を見つけ、おいしいものを食べる、ということです。値段が高い店で高級料理を出すのは当たり前ですからね。

Q13 好きな芸能人は誰ですか?また、その理由も一言。
吉永小百合さんでしょうか。同世代の人ですし、今でも活躍していますね。私が大学生の時に見た、映画「キューポラのある街」が強く印象に残っています。貧しい生活の中で、幸せに向かって生きていく一人の少女を描いている映画です。小百合さんご本人はどのような方か全く分かりませんので、映画の中の吉永小百合さんです。

Q14 毎日でも食べられる!好物はありますか?
 そのような好物はありません。お寿司は好きですし、イタリアン、中華料理も好きですね。中華料理では値段が安い店を知っていますから、興味のある人は私にお尋ねください。

Q15 おすすめの曲はありますか?
音楽は何でも好きですが、特にクラシック音楽が大好きです。その中でもバッハは好きですね。マタイ受難曲などは最高です。ただ、この曲は重い曲ですので、しっかり聴かなければなりません。心身が疲れているときは、あまり聞く気にならないことも確かです。

Q16 無人島に1つだけ持っていけるとしたら何を持っていきますか?
私はクリスチャンなので、聖書といいたいところですが、ん〜、分かりません。生き続ける必要があるでしょうから、何か道具でしょうか。

Q17 ご自分にとっての宝物はなんですか?(できれば物でお答えください)
特別ありません。物には固執していませんので。

Q18 このインタビューを受けての感想を一言お願いします。
質問の内容から、インタビュアーのあたたかさを感じました。とても気持ちよく答えることができましたから。ありがとうございました。

学長メッセージバックナンバー

東北工業大学 学長 今野 弘

メッセージ集

No.51:
令和2年度 新入生へのメッセージ(2020.04.03)
No.50:
令和元年度 卒業生・修了生へのメッセージ(2020.03.18)
No.49:
令和元年の東北SDGs研究と円卓会議について(2019.12.06)
No.48:
誇れる今回の総合定期戦(2019.09.05)
No.47:
入学式 式辞(要旨)(2019.04.09)
No.45:
本学の支援センターに期待していること(2019.02.22)
No.44:
本学のCOC事業の5年間の総括にあたって(2019.02.18)
No.43:
連携協定の締結および本学教員の研究成果 -「仙台日赤病院」、「登米市」との連携協定締結時の感想 (2018.12.14)
No.42:
今回 札幌で感じたこと  - 北海道科学大学総合定期戦(2018.09.03)
No.41:
本学の各県での父母懇談会  -今年も盛会 そして今後に向けて(2018.06.20)
No.40:
本学の特徴のひとつ:多様な学生を育てる教育環境-本学のアピールしたいこと(2018.05.20)
No.39:
平成30年度入学式 式辞(2018.04.04)
No.38:
学位授与式 式辞(2018.03.20)
No.46:
学位授与式 式辞(要旨)(2018.03.20)
No.37:
退職される先生方へのひとことお礼-「2017年度退職教員を送る会」にて(2018.03.09)
No.36:
卒業生がお世話になっている企業の方々に-本学主催の合同企業説明会において(2018.03.05)
No.35:
平成29年度仙台城南高校の卒業生に-卒業式のお祝いのことば(2018.03.01)
No.34:
うれしい全学部、全学科、全学年にわたる表彰者-課外活動優秀者表彰(2018.02.15)
No.33:
芝浦工業大学との連携に関する協定書締結署名式にて(2017.12.07)
No.32:
同窓会総会時 卒業生に向けて(2017.10.21)
No.31:
大学祭時の父母の方々へ(2017.10.14)
No.30:
宮城県白石工業高校との高大研究授業の開講式-研究授業の目的(2017.10.03)
No.29:
北海道科学大学との総合定期戦開会式に臨んで(2017.08.29)
No.28:
本学野球部の創部50周年に寄せて(2017.08.11)
No.27:
虫明康人先生のIEEEマイルストーン*の受賞を記念して(2017.08.09)
No.26:
玄奘大学からの短期留学生の修了式にて(2017.07.11)
No.25:
今年度の父母懇談会を終了して(2017.06.26)
No.24:
平成29年度入学式 式辞(2017.04.03)
No.23:
学位授与式 式辞(2017.03.22)
No.22:
就職先を見つけること、そしてそこで精一杯努力することの大切さ - 合同企業説明会における進路指導集会(2017.3.2)での学生へのメッセージー(2017.03.02)
No.21:
ラオスの高校生、大学生の皆さんへ -JICE JENESYS2016で本学を訪問(2017.2.9)された皆さんへ-(2017.02.09)
No.20:
リーダーズキャンプと本学のサークル活動 -リーダーズキャンプ学生教職員昼食懇談会(2017.2.6)の開催に際して-(2017.02.06)
No.19:
将来の仕事、職業選び - 就業体験(現業実習やインターンシップなど)のススメ(2017.01.31)
No.17:
仙台市教育委員会との連携協力の意義 -覚書締結式(2017年1月19日仙台市役所)において-(2017.01.19)
No.17:
大学院へのススメ - 進路の一つとして、一度考えてみてください ー(2016.11.09)
No.16:
第41回工大祭の開催に向けて - 工大祭を企画し、準備し、参加するすべての皆さんへ ー(2016.10.11)
No.15:
式 辞 - 平成28年度9月 学位授与式(30/Sep/2016)で卒業生に ー(2016.09.30)
No.14:
秋田県との協定締結の喜びと抱負- 秋田県Aターン促進協定締結式(28/Sep/2016:秋田県庁)において ー(2016.09.28)
No.13:
誇りと自信を持ち、そして責任も自覚して行動 - 表彰式(23/Sep/2016)において成績優秀者に対して ー(2016.09.23)
No.12:
国際交流のススメ - 本学における、特に学生の国際交流の環境 ー(2016.09.21)
No.11:
北海道科学大学との交流 - 8月23,24日の総合定期戦を終えて ー(2016.08.25)
No.10:
温故知新 ここで次の歩み、本学のルーツを繙いてください - 「史料センター」オープニングセレモニーに参列された方に ー(2016.07.20)
No.9:
社会貢献できる学生、大学院生を育てる自信とそのことに誇りを持つ大学 ー 大学説明会に出席された高校教員に ー(2016.06.17)
No.8:
利便性の高まった一番町ロビー - リニューアルオープンセレモニーの出席者に(2016.05.16)
No.7:
クラブ活動を通した人間教育に対するご協力のお願い ー クラブ指導者の方へ ー(2016.04.29)
No.6:
皆さんは本学の誇り、活動経費は計画的に支出 ー 学友会代表者の学生に ー(2016.04.28)
No.5:
各委員は大学全体の視点での審議、提案の協力を ー 教授会メンバーに ー(2016.04.15)
No.4:
各部局を統括するとともに、大学全体の視点で考えてください ー 代議員会メンバーに対して ー(2016.04.14)
No.3:
高校時代を仙台城南高校で過ごすことの意義 ー 仙台城南高校の新入生に ー(2016.04.08)
No.2:
本学の教員になる際に考えてほしいこと ー 新任教員の方に ー(2016.04.04)
No.1:
平成28年度入学式式辞 ー 新入生の皆さまへ ー(2016.04.04)

宮城 光信 前学長

学長通信
バックナンバー

No.37:
平成27年度学位授与式式辞(2016.03.18)
No.36:
学長通信を終えるにあたって(2016.02.19)
No.35:
本当に分かるということ(2016.01.20)
No.34:
小さな発見(2015.12.18)
No.33:
研究を推進させる力(2015.11.19)
No.32:
Remember the past, live the present and trust the future(過去を思い起こし、現在を生き、未来を信頼せよ)(2015.10.16)
No.31:
未来を信じて(2015.09.18)
No.30:
あなたは何に視点を置くのか(2015.08.19)
No.29:
「荒れ野の40年―ヴァイツゼッカー大統領の演説」に学ぶ(2015.07.17)
No.28:
学校教育と社会(2015.06.23)
No.27:
入院して学んだこと(2015.05.20)
No.26:
平成27年度 入学式 式辞(2015.04.03)
No.25:
平成26年度 学位記授与式 式辞(2015.03.20)
No.24:
見ても、見えていないこと。聞こえても、聞いていないこと。(2015.02.05)
No.23:
東北工業大学が目指すもの(2015.01.07)
No.22:
靴ひもと靴べら(2014.12.08)
No.21:
技術者の役割と市民のためのデザイン(2014.11.20)
No.20:
学ぶことの意味と楽しさ(2014.10.21)
No.19:
現場主義の技術者の任務(2014.09.25)
No.18:
小さなことで、大切なこと。(2014.08.22)
No.17:
第34回東北建築賞特別賞を受賞した学生有志代表に聞く(2014.07.22)
No.16:
~第5回国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト(ICAN’14) 世界大会出場決定の学生に聞く~ (2014.06.20)
No.15:
最近、納得したこと ――『健全な精神は健全な肉体に宿る?』―― (2014.05.22)
No.14:
学長インタビュー(2014.04.18)
No.13:
2014年度入学式式辞(2014.04.03)
No.12:
平成25年度 学位記授与式 式辞(2014.03.20)
No.11:
隠れキリシタン(2014.02.27)
No.10:
学長職 3/4に向かって(2014.01.14)
No.9:
Government of the People, by the People, for the People(2013.12.17)
No.8:
本学創立50周年を間近にして思う事(2013.10.21)
No.7:
学長対談 ~タイ・泰日工業大学(TNI)のサマープログラムに参加して~(2013.09.20)
No.6:
東北工業大学の教職員のみなさんへ(2013.08.20)
No.5:
「東北の産業界で指導的役割担う人材を育成」 (仙台経済界※2013年7月-8月号のインタビューより転載)(2013.07.19)
No.4:
学長対談 ~ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科学生の デザインパテントコンテスト入賞のいきさつについて~(2013.06.20)
No.3:
東北工大の学生のみなさんへ(2013.05.27)
No.2:
レストランにて(2013.5.1)(2013.05.01)
No.1:
2013年度入学式式辞(2013.4.3)(2013.04.03)