東北工業大学

東北工業大学

大学概要

大学概要

学長メッセージ集

  > 大学概要 > 学長室 > 学長メッセージ集 > 学長対談 ~ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科学生の デザインパテントコンテスト入賞のいきさつについて~

宮城 光信 前学長

学長通信

No.4

学長対談
~ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科学生の デザインパテントコンテスト入賞のいきさつについて~

2013.06.20

♦場 所:本学八木山キャンパス 1号館4階 学長室
♦対談者:宮城 光信 学長、CD科 梅田 弘樹 准教授、CD科3年 櫻井 千夏さん
♦対談内容 :CD科3年櫻井さんのデザインした懐中電灯が、デザインパテントコンテストで入賞 (文部科学省、特許庁他主催)したことについて、下記のとおり学長との対談が行われた。

○学長:河北新聞に掲載されましたね。
・梅田:5月10日の夕刊に掲載されましたが、受賞も新聞に載ったことも驚きました。

○学長:今回のコンテストには、いつ頃応募しましたか。
・櫻井:昨年の9月頃です。
・梅田:今回のコンテストは、実質的には日本弁理士会主導のものです。弁理士会側では、若い方々に広く知的財産権制度を知っていただく機会として、コンテストの公募をしているそうです。従来から、懐中電灯を課題としているため、2年次前期にプロダクトデザインコースを選択していた学生全員(23名)に応募させましたが、櫻井さんのみ入賞しました。

○学長:この作品の特徴を教えてください。
・櫻井:手持ちと置き型(ランプ)の二通りの使い方ができることが大きな特徴です。

○学長:図面はどれくらい書きましたか。
・櫻井:6面くらいです。
・梅田:デザインのプロセスとしては、電池が入ること、反射鏡の部分がなければならないなど、基本的な部品構成を踏まえた上で形の可能性を検討し、展開していきます。
まず、電池や反射鏡に相当する部分の大体のイメージを掴むため、発泡スチロールで立体物を作成していきます。次に、それらを組み合わせたものを基に絵を描いていきます。

○学長:懐中電灯とランプの二通りの使い方について教えてください。
・櫻井:使い方を説明…
・梅田:構造を説明…しかしながら、実際に立体化しなければ最終のデザイン提案はできません。

○学長:意匠登録の登録料はどこから出るのですか。
・櫻井:入賞者は、最初の1年のみ主催者の弁理士会から登録料を出していただけます。2年目以降は、自己負担となります。

○学長:ぜひ立体化したいですね。若しくは、既存のものに工夫するなどはできないのでしょうか。
・梅田:意匠登録であり技術的な実用新案や特許ではないため、この形そのものの権利を受けることになります。そのため、このアイディアを使って、別の形で別の素材で造るとなると、この権利ではカバーできないと思います。しかしながら、せめて立体化するところまでは実現させたいと考えています。

○学長:先生から見て、櫻井さんの今回の作品はいかがですか。
・梅田:櫻井さんは、授業の中でデザインした内容に満足せず、その後、個人的に授業以外の時間に再度やり直して提出したのがよかったと思います。殆どの人が電池の並べ方などの形の工夫はしていましたが、使い方の工夫まで考えたのは彼女だけでした。そこが評価されたのだと思います。

○学長:先生が課題として懐中電灯を選んだ理由は何ですか。
・梅田:2年次前期の課題は、プロダクトデザインで最初に立体的なものをデザインすることとなるため、あまり複雑なものではなく構造も直観的に分かりやすい、懐中電灯にしています。

○学長:何故、クリエイティブデザイン学科を選びましたか。
・櫻井:本学のオープンキャンパスに行き、クリエイティブデザイン学科に興味を持ったからです。また、出身高校が美術系の学校であったため、もともと美術やデザインに興味があり、県内で一番施設が整っていると思った東北工業大学に入学(受験)を決めました。

○学長:本学は楽しいですか。
・櫻井:課題は多く大変ですが、楽しいです。

○学長:課題は、家でもやりますか。
・櫻井:大学だけではなく、家でもやります。
・学長:課題はどのようにやるのですか。パソコンですか。
・櫻井:私の場合、アイディア出しなど、殆どは手作業で行い、最終的にはパソコンで図面等に仕上げます。

○学長:今回の受賞は、本学にとってもクリエイティブデザイン学科にとっても、本当に価値があることです。楽しいお話が聞けました。ありがとうございました。
・櫻井、梅田:ありがとうございました。

♦3名で写真撮影 ・向かって左から梅田 准教授・櫻井さん・宮城学長

平成25年5月29日 対談
東北工業大学学長 宮城光信

 

◇関連記事
クリエイティブデザイン学科 櫻井千夏さんのデザインパテントコンペ受賞作品が、『意匠登録』されました(20130712)

学長メッセージバックナンバー

東北工業大学 学長 今野 弘

メッセージ集

No.51:
令和2年度 新入生へのメッセージ(2020.04.03)
No.50:
令和元年度 卒業生・修了生へのメッセージ(2020.03.18)
No.49:
令和元年の東北SDGs研究と円卓会議について(2019.12.06)
No.48:
誇れる今回の総合定期戦(2019.09.05)
No.47:
入学式 式辞(要旨)(2019.04.09)
No.45:
本学の支援センターに期待していること(2019.02.22)
No.44:
本学のCOC事業の5年間の総括にあたって(2019.02.18)
No.43:
連携協定の締結および本学教員の研究成果 -「仙台日赤病院」、「登米市」との連携協定締結時の感想 (2018.12.14)
No.42:
今回 札幌で感じたこと  - 北海道科学大学総合定期戦(2018.09.03)
No.41:
本学の各県での父母懇談会  -今年も盛会 そして今後に向けて(2018.06.20)
No.40:
本学の特徴のひとつ:多様な学生を育てる教育環境-本学のアピールしたいこと(2018.05.20)
No.39:
平成30年度入学式 式辞(2018.04.04)
No.38:
学位授与式 式辞(2018.03.20)
No.46:
学位授与式 式辞(要旨)(2018.03.20)
No.37:
退職される先生方へのひとことお礼-「2017年度退職教員を送る会」にて(2018.03.09)
No.36:
卒業生がお世話になっている企業の方々に-本学主催の合同企業説明会において(2018.03.05)
No.35:
平成29年度仙台城南高校の卒業生に-卒業式のお祝いのことば(2018.03.01)
No.34:
うれしい全学部、全学科、全学年にわたる表彰者-課外活動優秀者表彰(2018.02.15)
No.33:
芝浦工業大学との連携に関する協定書締結署名式にて(2017.12.07)
No.32:
同窓会総会時 卒業生に向けて(2017.10.21)
No.31:
大学祭時の父母の方々へ(2017.10.14)
No.30:
宮城県白石工業高校との高大研究授業の開講式-研究授業の目的(2017.10.03)
No.29:
北海道科学大学との総合定期戦開会式に臨んで(2017.08.29)
No.28:
本学野球部の創部50周年に寄せて(2017.08.11)
No.27:
虫明康人先生のIEEEマイルストーン*の受賞を記念して(2017.08.09)
No.26:
玄奘大学からの短期留学生の修了式にて(2017.07.11)
No.25:
今年度の父母懇談会を終了して(2017.06.26)
No.24:
平成29年度入学式 式辞(2017.04.03)
No.23:
学位授与式 式辞(2017.03.22)
No.22:
就職先を見つけること、そしてそこで精一杯努力することの大切さ - 合同企業説明会における進路指導集会(2017.3.2)での学生へのメッセージー(2017.03.02)
No.21:
ラオスの高校生、大学生の皆さんへ -JICE JENESYS2016で本学を訪問(2017.2.9)された皆さんへ-(2017.02.09)
No.20:
リーダーズキャンプと本学のサークル活動 -リーダーズキャンプ学生教職員昼食懇談会(2017.2.6)の開催に際して-(2017.02.06)
No.19:
将来の仕事、職業選び - 就業体験(現業実習やインターンシップなど)のススメ(2017.01.31)
No.17:
仙台市教育委員会との連携協力の意義 -覚書締結式(2017年1月19日仙台市役所)において-(2017.01.19)
No.17:
大学院へのススメ - 進路の一つとして、一度考えてみてください ー(2016.11.09)
No.16:
第41回工大祭の開催に向けて - 工大祭を企画し、準備し、参加するすべての皆さんへ ー(2016.10.11)
No.15:
式 辞 - 平成28年度9月 学位授与式(30/Sep/2016)で卒業生に ー(2016.09.30)
No.14:
秋田県との協定締結の喜びと抱負- 秋田県Aターン促進協定締結式(28/Sep/2016:秋田県庁)において ー(2016.09.28)
No.13:
誇りと自信を持ち、そして責任も自覚して行動 - 表彰式(23/Sep/2016)において成績優秀者に対して ー(2016.09.23)
No.12:
国際交流のススメ - 本学における、特に学生の国際交流の環境 ー(2016.09.21)
No.11:
北海道科学大学との交流 - 8月23,24日の総合定期戦を終えて ー(2016.08.25)
No.10:
温故知新 ここで次の歩み、本学のルーツを繙いてください - 「史料センター」オープニングセレモニーに参列された方に ー(2016.07.20)
No.9:
社会貢献できる学生、大学院生を育てる自信とそのことに誇りを持つ大学 ー 大学説明会に出席された高校教員に ー(2016.06.17)
No.8:
利便性の高まった一番町ロビー - リニューアルオープンセレモニーの出席者に(2016.05.16)
No.7:
クラブ活動を通した人間教育に対するご協力のお願い ー クラブ指導者の方へ ー(2016.04.29)
No.6:
皆さんは本学の誇り、活動経費は計画的に支出 ー 学友会代表者の学生に ー(2016.04.28)
No.5:
各委員は大学全体の視点での審議、提案の協力を ー 教授会メンバーに ー(2016.04.15)
No.4:
各部局を統括するとともに、大学全体の視点で考えてください ー 代議員会メンバーに対して ー(2016.04.14)
No.3:
高校時代を仙台城南高校で過ごすことの意義 ー 仙台城南高校の新入生に ー(2016.04.08)
No.2:
本学の教員になる際に考えてほしいこと ー 新任教員の方に ー(2016.04.04)
No.1:
平成28年度入学式式辞 ー 新入生の皆さまへ ー(2016.04.04)

宮城 光信 前学長

学長通信
バックナンバー

No.37:
平成27年度学位授与式式辞(2016.03.18)
No.36:
学長通信を終えるにあたって(2016.02.19)
No.35:
本当に分かるということ(2016.01.20)
No.34:
小さな発見(2015.12.18)
No.33:
研究を推進させる力(2015.11.19)
No.32:
Remember the past, live the present and trust the future(過去を思い起こし、現在を生き、未来を信頼せよ)(2015.10.16)
No.31:
未来を信じて(2015.09.18)
No.30:
あなたは何に視点を置くのか(2015.08.19)
No.29:
「荒れ野の40年―ヴァイツゼッカー大統領の演説」に学ぶ(2015.07.17)
No.28:
学校教育と社会(2015.06.23)
No.27:
入院して学んだこと(2015.05.20)
No.26:
平成27年度 入学式 式辞(2015.04.03)
No.25:
平成26年度 学位記授与式 式辞(2015.03.20)
No.24:
見ても、見えていないこと。聞こえても、聞いていないこと。(2015.02.05)
No.23:
東北工業大学が目指すもの(2015.01.07)
No.22:
靴ひもと靴べら(2014.12.08)
No.21:
技術者の役割と市民のためのデザイン(2014.11.20)
No.20:
学ぶことの意味と楽しさ(2014.10.21)
No.19:
現場主義の技術者の任務(2014.09.25)
No.18:
小さなことで、大切なこと。(2014.08.22)
No.17:
第34回東北建築賞特別賞を受賞した学生有志代表に聞く(2014.07.22)
No.16:
~第5回国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト(ICAN’14) 世界大会出場決定の学生に聞く~ (2014.06.20)
No.15:
最近、納得したこと ――『健全な精神は健全な肉体に宿る?』―― (2014.05.22)
No.14:
学長インタビュー(2014.04.18)
No.13:
2014年度入学式式辞(2014.04.03)
No.12:
平成25年度 学位記授与式 式辞(2014.03.20)
No.11:
隠れキリシタン(2014.02.27)
No.10:
学長職 3/4に向かって(2014.01.14)
No.9:
Government of the People, by the People, for the People(2013.12.17)
No.8:
本学創立50周年を間近にして思う事(2013.10.21)
No.7:
学長対談 ~タイ・泰日工業大学(TNI)のサマープログラムに参加して~(2013.09.20)
No.6:
東北工業大学の教職員のみなさんへ(2013.08.20)
No.5:
「東北の産業界で指導的役割担う人材を育成」 (仙台経済界※2013年7月-8月号のインタビューより転載)(2013.07.19)
No.4:
学長対談 ~ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科学生の デザインパテントコンテスト入賞のいきさつについて~(2013.06.20)
No.3:
東北工大の学生のみなさんへ(2013.05.27)
No.2:
レストランにて(2013.5.1)(2013.05.01)
No.1:
2013年度入学式式辞(2013.4.3)(2013.04.03)