東北工業大学

東北工業大学

生活デザイン学科 | 研究室・教員紹介
生活デザイン学科 | 研究室・教員紹介

生活デザイン学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > ライフデザイン学部 > 生活デザイン学科 > 研究室・教員紹介

大沼正寛研究室

未来をひらく[生業景]を
活かした環境デザインの探求

建築家を志しながらも、民家や町並みの調査や保存計画など、時間のなかで地域らしさをはぐくむ環境に関心を持ってきました。近年は、養蚕、石屋根、温泉宿など東北各地の[生業景]に着目。
その地に固有の素材や技や知恵を活かし、次代につなぐ環境デザインをひろく探求しています。

ONUMA
Lab

大沼 正寛 / 教授(学科長)

ONUMA Masahiro

学位:博士(工学)
研究分野:風土の醸成に寄与する建築設計・地域計画及び建築歴史地理

菊地良覺研究室

広い視野で「生活」をみつめ、
新たなデザイン提案を

日常普段の生活実践(掃除・洗濯・料理など)や個の住まい、地域まで視野に入れた課題を探り、生活者の目線に立つデザイン提案を試みること。そのような実践することの楽しみを、知っていきましょう。生活実践で多くの人々とやり取りしつつ、より豊かなものにしていくことが目標です。

KIKUCHI
Lab

菊地 良覺 / 教授

KIKUCHI Ryougaku

学位:工学士
研究分野:地域のくらしと生産を高めるための実践的デザイン研究

小山祐司研究室

日本の住まいを歴史や文化から
考えます

私たちの周辺には、歴史的な背景や価値を持っている城下町や、住宅遺産などが数多くあります。これらは、過去から現在までをつなぐものです。これらを知り、新しいものを生み出すために、地域・住まいの空間構成をひもとき、これからの地域・文化・暮らしに役立つ知見を追求しています。具体的には、歴史的町並みなどの空間構成や、古民家の間取り、インテリア空間・道具・人間の関わり方を、生活文化・様式を通して考えています。

KOYAMA
Lab

小山 祐司 / 教授

KOYAMA Yuji

学位:工学修士
研究分野:日本の空間造形とそれに関わる生産組織、生産技術に関する研究

武山倫研究室

自然エネルギー利用と持続可能な
建築

建築は常に環境に応答しながら室内気候を作っています。室内気候は、機械設備を駆使する前に、デザインできることが沢山あります。建物が計画される場所の気候を分析して、周辺のあらゆる自然環境因子と親和しながら、室内気候の変化にゆるやかな起伏があることを許容する持続可能な建築を考えます。

TAKEYAMA
Lab

武山 倫 / 教授

TAKEYAMA Hitoshi

学位:芸術学修士
研究分野:パッシブデザイン、自然エネルギー利用、持続可能な建築

中島敏研究室

「ひと、もの、こと」の関係を
スマートにデザインします

運動工学(人の筋肉の構造やサイズや仕組み)やバリアフリー&ユニバーサルデザイン等の基礎研究を活かした、さまざまな生活応用のデザイ研究開発がテーマです。より人間が快適に幸せに暮らすための、「ひと、もの、こと」の関係を「いっしょけんめい」調査し考え想像し試行錯誤を繰り返しながらスマートなデザインを創ります

NAKAJIMA
Lab

中島 敏 / 教授

NAKAJIMA Satoshi

学位:工学士
研究分野:トレーニング用運動器具及び各種補助器具などのデザイン研究

伊藤美由紀研究室

2025年を見据えた互いに助け合う
まちづくりを研究

子どもも高齢者も、病気や障害のある方も、心身が健康であるために、安全で安心に生活するために、現状や課題、その支援について理解を深め考えます。高齢化や人口減少などの課題がある地域で、地域と密接に関わりながら、子育てや生涯現役生活を共に考えるまちづくりに取り組んでいます。

ITO
Lab

伊藤 美由紀 / 准教授

ITO Miyuki

学位:修士(看護学)
研究分野:生活者や地域の自律やその支援、少子高齢化社会の自助・共助のありかた

高木理恵研究室

安全で快適・健やかな室内環境を
デザインします

建物は、屋外の環境要素(熱、空気、風、音、光など)を採り入れたり、遮断したり、和らげたりすることで生活空間にふさわしい室内環境を作り出しています。本研究室では、各種計測機器を用いて目には見えない環境要素を測定。数値データから室内の状態を評価し、安全で快適な生活空間に向けた建物の造り方、設備や機器の運用方法、住まい方、さらには省エネ、再生可能エネルギーの導入による低炭素化を視野に入れながら、室内環境を調整、デザインしていきます。

TAKAKI
Lab

高木 理恵 / 准教授

TAKAKI Rie

学位:博士(工学)
研究分野:室内熱環境・空気環境の計画と評価

畠山雄豪研究室

ミクロ、マクロの視点から
地域防災について検証する

地域防災について、ミクロ、マクロの視点で研究します。具体的には施設における避難行動から、地域のコミュニティのあり方、視覚的なまちなみまで学生が自ら実際にまちへ出て、地域の方々と関わりながら取り組みます。ハードだけの対応ではない、ソフトの対応を含めた本当に意味でのコミュニケーションを取ることができる仕組みについて、地域防災の視点から調査、分析を通して導き出します。

HATAKEYAMA
Lab

畠山 雄豪 / 准教授

HATAKEYAMA Yugo

学位:博士(工学)
研究分野:地域防災からのアプローチによるまち、くらしの形成に関する研究

谷本裕香子研究室

共生社会の実現に向けた地域と
建築空間のデザイン

高齢者、障害者、子ども等、さまざまな立場の人々が積極的に参画できる社会が求められています。その実現のために、本研究室では、福祉・ユニバーサルデザインの視点からのまちづくりと地域社会と繋がる建築空間のデザインプロセスや手法について探求しています。

TANIMOTO
Lab

谷本 裕香子 / 講師

TANIMOTO Yukako

学位:博士(人間科学)
研究分野:高齢者・障害者の居住環境、建築計画、建築設計

中井周作研究室

社会問題の顕在化とその対策の
提案

社会に潜在している問題を調査より明らかにし、社会心理学を用いたアプローチよりその問題の解決策を探り、より安全で安心で快適な生活を営める社会のあり方を追求します。また、避難行動に関する教材を開発し、適切な避難を考えてもらう実践的な研究も行います。

NAKAI
Lab

中井 周作 / 講師

NAKAI Syusaku

学位:修士(工学)
研究分野:高齢者の交通安全教育、震災時の避難移動手段選択に関する研究、交通行動分析

学部・大学院