東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

経営コミュニケーション学科

経営コミュニケーション学科

Department of Environment and Energy

  • 学科概要
  • 授業紹介
  • カリキュラム
  • 教員・研究室
  • 将来
  • 学科サイト

教員・研究室紹介

阿部研究室

阿部 敏哉 教授

対談 : 阿部敏哉先生×4年生 田村友里さん

阿部 敏哉 教授ABE Toshiya

学位:博士(経営学)
研究分野:組織における個人の命令受容について

個人の心理や行動から組織運営を考える

企業をはじめとする、私たちの身近にあるさまざまな組織を取り上げ、組織の構造や管理・運営の方法などを分析・研究します。表面的な組織運営だけでなく、その組織に貢献している個人の心理まで踏み込んで考察し、組織の強みや弱みを掘り下げていくのが特徴です。

個人の心理や行動から組織運営を考える

岡部研究室

岡部 雅夫 教授

岡部 雅夫 教授 OKABE Masao

学位:博士(工学)
研究分野:オントロジー、ナレッジマネジメント、情報システム

情報を活用しより豊かな社会を実現する力を身につける

情報を活用して、社会や企業経営をより良くしていくためには、どうすれば良いか、そのためには、どのような情報システムが必要かを研究します。その中で、現在のコンピュータの限界を知り、逆に、人間の素晴らしさを知ることも、学びの重要な点だと思っています。

個人の心理や行動から組織運営を考える

金井研究室

金井 辰郎 教授

金井 辰郎 教授KANAI Tatsuro

学位:博士(経済学)
研究分野:一般均衡理論・厚生経済学形成史の研究

日本経済の歴史を学び不況脱却のカギを探る

日本経済論をテーマに研究を進めます。第二次世界大戦後、日本がなぜ経済大国となることができたのか、その理由を考える中で、低迷している日本経済復活のカギを探るのが目標です。

日本経済の歴史を学び不況脱却のカギを探る

宮曽根研究室

成川 正晃 教授

成川 正晃 教授NARIKAWA Masateru

学位:経営学修士
研究分野:収益認識論の研究、業種別簿記・会計の研究、会計教育、中小企業会計

会計基準の改訂についての流れを探る

会計基準を対象に研究を進めます。会計基準はなぜ変わるのか、また、会計基準が変わることにより企業にどのような影響が生じるのか。その理由を考える中で、会計基準を巡る因果関係を探っていくことが目標です。

宮曽根研究室

宮曽根 美香 教授

宮曽根 美香 教授MIYASONE Mika

学位:博士(教育学)
研究分野:レトリックコミュニケーション、早期英語教育

コミュニケーションを学びグローバルに活躍する人材に

現代人に求められる「対人コミュニケーション」「ビジネスコミュニケーション」「異文化コミュニケーション」「英語コミュニケーション」の4つの領域を学び、グローバルに活躍できる力を身に付けます。

コミュニケーションを学びグローバルに活躍する人材に

小祝 慶紀 准教授

小祝 慶紀 教授KOIWAI Hironori

学位:博士(経済学)
研究分野:法と経済学、環境経済学、環境政策学

社会・経済システムから環境を考える

現在、環境エネルギー技術の開発を進め、持続可能な社会をつくることが求められています。政策として実現するために、社会・経済システムを理解して、適切な制度を構築することを目指します。

社会・経済システムから環境を考える

大石研究室

二瀬 由理 准教授

大石 加奈子 准教授OHISHI Kanako

学位:博士(学術)
研究分野:エンジニアリング・ファシリテーション

個人と組織の目標達成のためのコミュニケーション

自らのタイプや価値観、強みを活かしてヴィジョンに到達するためのコミュニケーションスキルの開発と実践をしています。また、集団による戦略的思考能力、経営目標達成力、新製品開発力、計画立案力等を育成するエンジニアリング・ファシリテーションも独自に開発し推進しています。

個人の心理や行動から組織運営を考える

佐藤(飛)研究室

佐藤 飛鳥 准教授

対談 : 佐藤飛鳥先生×4年生 千葉ゆかりさん

佐藤 飛鳥 准教授SATO Asuka

学位:博士(経済学)
研究分野:アメリカ労働市場論、非正規雇用問題、新産業と雇用の創出、マーケティング

就労のメカニズムと売れる商品の開発法を研究

人材を企業の資源として位置づけ、有効活用するための仕組みを考える研究や、ニーズ分析を通した商品開発法を学ぶマーケティングの研究を行います。広告写真の撮影法などの演習も実施します。

就労のメカニズムと売れる商品の開発法を研究

佐藤(夏)研究室

佐藤 夏子 准教授

対談 : 佐藤夏子先生×4年生 中里勇樹さん

佐藤 夏子 准教授SATO Natsuko

学位:修士(記述・応用言語学)
研究分野:生涯学習としての英語学習の動機付け・CALL・脳の活性化と英語学習

世界で活躍するための実践的な英語力を身に付ける

効果的な英語学習法や企業における英語コミュニケーションのあり方、高齢者に対する英語教育など、英語教育の可能性について研究を進めます。脳科学の手法などを用いながら、多角的にアプローチするのが特長です。異文化について理解を深め、英語によるコミュニケーション能力を高めることも重視。英会話や英作文の指導も積極的に行います。

世界で活躍するための実践的な英語力を身に付ける

猿渡研究室

猿渡 学 准教授

対談 : 猿渡学准教授×4年生安斉亜実さん

猿渡 学 准教授SARUWATARI Manabu

学位:修士(文学)
研究分野:映像制作、映像理論、表象文化論

映像作りを通して表現について学ぶ

映像表現の可能性やメディアの在り方について考察・研究します。映画やドラマ、プロモーションビデオなどの分析を通して映像表現の手法や技術について学ぶほか、映像作品を自分たちの手で制作し、発表することも可能です。音楽表現を研究する設備なども整っています。

映像作りを通して表現について学ぶ

二瀬研究室

二瀬 由理 准教授

二瀬 由理 准教授NINOSE Yuri

学位:博士(文学)
研究分野:認知心理学、実験心理学

実験的な研究を行い、人間の特性を解明する

実験的研究を通して、人間の「こころの仕組み」を解明したいと考えています。特に、関心がある領域は、知覚・記憶・思考などの人間の情報処理能力で、これらの特性を知ることは、人間に関わるさまざまな分野に貢献できるものと考えています。

実験的な研究を行い、人間の特性を解明する

亀井研究室

亀井 あかね 講師

亀井 あかね 講師KAMEI Akane

学位:修士(情報科学)
研究分野:人的資本と社会関係資本の研究、ソーシャルネットワーク分析

調査的な手法で社会の諸問題を分析

社会調査手法を使い、現代社会がどのようにしてつくられてきたのかを研究。ジェンダー(性)による格差など、社会の構造や人間相互間で生じる問題について分析します。「社会調査士」の資格修得もサポートします。

調査的な手法で社会の諸問題を分析

PAGE TOP

最終更新日 2018年9月13日