東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 学部・大学院 > 工学部 > 都市マネジメント学科 > 教員・研究室

都市マネジメント学科

都市マネジメント学科

Department of Civil Engineering and Management

  • 学科概要
  • 授業紹介
  • カリキュラム
  • 教員・研究室
  • 将来
  • 学科サイト

教員・研究室紹介

プランナーコース

菊池 輝 准教授

須藤 敦史 教授SUTO Atsushi

学位:博士(工学)
研究分野:建設工事における情報化(合理的な)施工と社会資本のライフサイクルコスト(長寿命化)の研究

ダム・トンネル・橋梁などの合理的な建設と長く使用してゆくためや方法を考える

社会資本を合理的に作るための情報化施工(逆解析)の研究と持続可能な社会を実現するために社会資本の計画的な維持管理と延命対策を行う,ライフサイクルマネージメントの研究を行っています。

菊池 輝 准教授

菊池 輝 教授KIKUCHI Akira

学位:博士(工学)
研究分野:意識や態度、行動の変容を通じた交通における環境配慮行動の促進

環境にやさしい交通体系の実現

ドライバーの環境に配慮した行動を促すために、交通情報に心理学の知識を活用する研究をしています。また、小学生の学習教材を開発し、交通や環境を身近に考えてもらう実践的研究も行います。

泊 尚志 講師

泊 尚志 講師TOMARI Naoyuki

学位:博士(工学)
研究分野:計画制度論、交通計画、交通政策

都市と交通の計画と政策を通じた公共の福祉の探求

交通計画,都市計画等の計画づくり(プランニング)の制度や方法論の確立、および都市交通、空港、鉄道、観光を対象として政策提案をねらいとした研究を行っています。


エンジニアコース

中山 正与 教授

中山 正与 教授NAKAYAMA Masatomo

学位:博士(工学)
研究分野:土壌に浸透する廃水の分解挙動の解析に関する研究

生活を支える快適な水環境を守ろう

持続可能な社会を実現するためには、どんな事業を行う上でも環境への配慮が欠かせません。特に水環境に着目し、森林域から流出する河川や雨水の水質評価、廃棄物埋立地の浸透水に関する研究を行っています。

千葉 則行 教授

対談 : 千葉則行教授×4年生 久保田晋太郎さん

千葉 則行 教授CHIBA Noriyuki

学位:工学士
研究分野:山地・丘陵地に関する斜面災害の発生要因に関する研究

山間地や丘陵地の土砂災害を防ぐ

日本の国土は山間地が約7割を占めており、ほとんどの都市が水資源や観光資源など、山間地からさまざまな資源を受けとっています。都市を支える山間地が土砂災害などで荒れないよう、斜面災害の原因などを研究しています。

高橋 敏彦 教授

高橋 敏彦 教授TAKAHASHI Toshihiko

学位:博士(工学)
研究分野:親水性護岸の設計・防災についての研究

海岸の防災・利用・環境に関する研究

波による海岸の防災対策を室内実験および数値計算を用いて研究しています。また、レジャ-や憩いの場としての海岸利用など、よりよい海岸環境保全のための研究にも取り組んでいます。一緒に海岸へ調査に行きませんか。

小出 英夫 教授

対談 : 小出 英夫 教授×4年生 安達弘晃さん

小出 英夫 教授KOIDE Hideo

学位:工学博士
研究分野:廃棄物のコンクリート材料への適用に関する研究

廃コンクリートの再利用で省資源の都市整備へ

都市の構築に不可欠な材料に関する実験をしています。役目が終わったコンクリート構造物や、コンクリート塊を新たな材料として再利用する実験など、省資源・省エネルギーなどに関わる研究を行っています。

<h1>山田研究室

山田真幸准教授

山田 真幸 准教授YAMADA Masaki

学位:博士(工学)
研究分野:鋼構造物の耐荷力の保全等に関する研究

既設構造物、新設構造物のより良い利用

鋼とコンクリートとの接合面で設計上無視されている付着、摩擦等による結合の力学的性質を明らかにして、既設構造物のより良い使用方法や新設構造物のより良い設計等に生かすことを考えています。

権研究室

権 永哲 准教授

権 永哲 准教授KWON Youngcheul

学位:博士(工学)
研究分野:地盤工学

軟弱地盤の変形特性と対策に関する研究

様々な力学的環境下での土の変形特性について研究しています。粘土の長期圧密沈下と動的荷重下の砂の挙動とその結果起こりうる地盤変形を定量的に評価することに取り組んでいます。

PAGE TOP

最終更新日 2018年9月13日