東北工業大学

東北工業大学

都市マネジメント学科 | 研究室・教員紹介
都市マネジメント学科 | 研究室・教員紹介

都市マネジメント学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 工学部 > 都市マネジメント学科 > 研究室・教員紹介 > 小出 英夫

工学部 都市マネジメント学科/エンジニアコース

小出英夫研究室

コンクリートの引張に対する
力学的性質を解明する

コンクリートは引張強度が小さい材料ですが、そのためにひび割れが発生しやすく、また、その発生が耐久性の低下を導きます。しかしながら、その対策等に必要となるコンクリートの引張に対する力学的性質を実験で評価することは、実は大変難しいのが現状でした。そのような背景の中、特殊な直接引張試験装置を開発し、コンクリートの正確な引張特性(力と変形の関係)を得ることに成功しています。これにより、様々なコンクリートの引張特性を導くことが可能となりました。

学位

工学博士 東北大学1990年3月

略歴

1989年4月 - 1990年3月 東北大学 工学部 助手
1990年4月 - 1992年3月 東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科 講師
1992年4月 - 2005年3月 東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科 助教授
2005年4月 - 現在 東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科 教授
*2016年5月 - 2017年1月 ブルノ工科大学(チェコ共和国) 客員研究員

研究分野

コンクリート工学

担当科目

  • コンクリート
  • 鉄筋コンクリートⅠ・Ⅱ
  • 都市工学実験Ⅰ(コンクリート実験)
  • 都市工学デザイン(コンクリート及び鋼構造コース)
  • 構造工学総論
  • 鉄筋コンクリート工学特論

研究室所属学生の卒業研修(論文/設計/制作)

  • コンクリート円柱供試体を用いた直接引張試験方法
  • コンクリートの空気量の違いが引張特性に与える影響
  • 橋梁下面近接目視支援用装置「診れるんです」によるコンクリートひび割れの点検
  • 橋梁点検支援装置「診れるんです」の損傷判定精度と実橋への適用

教員からのメッセージ

今後、高度経済成長期に数多く建設された土木構造物の老朽化が予想されています。それらコンクリート構造物の補修や、新規建設のコンクリート構造物の長寿命化のため、それらの耐久性に大きく関与するコンクリートの引張特性は重要になっていくものと考えています。

著書

コンクリート工学 第3版

朝倉書店、共著、2017.9

新版 鉄筋コンクリート工学(第2版)

技報堂出版、共著、2016.4

構造工学 第4版

技報堂出版、共著、2018.3

研究発表

円柱形コンクリート供試体を用いた直接引張試験から導いた引張軟化曲線

令和元年度土木学会全国大会第74回年次学術講演会 2019.9

研究テーマ

コンクリートの直接引張試験方法の開発

コンクリートの正確な引張特性(引張強度、引張軟化曲線、破壊エネルギー など)を導くために必須である直接引張試験方法を開発しています。

橋梁点検支援装置の開発

従来の橋梁点検では困難であった橋梁下面等の点検支援装置を開発しています。

社会活動・発明

橋梁点検支援装置「診(み)れるんです」の開発

国土交通省「点検支援技術性能カタログ(案)」(令和2年6月)に掲載
特許第6513611号 (発明者:鳥海廣史・小出英夫)

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院