東北工業大学

産業デザイン学科 | 研究室・教員紹介
産業デザイン学科 | 研究室・教員紹介

産業デザイン学科

研究室・教員紹介

ライフデザイン学部 産業デザイン学科

坂川侑希研究室

「ヒト」を理解し、「コト」をデザインする

「モノ」「コト」「ヒト」のインタラクションや仕組みに着目し、観察・アイデア創出・プロトタイピング・テストの4つの段階を繰り返すデザインプロセスを実践しています。また、デザインプロセスに認知心理学の知見を取り入れ、嬉しいな、便利だなと感じてもらえるような、「コトのデザイン」に取り組んでいます。

坂川 侑希

講師

坂川 侑希

SAKAGAWA Yuki

学位

修士(デザイン学) 札幌市立大学2016年3月

略歴

2019年4月-2021年2月 東北工業大学 ライフデザイン学部 産業デザイン学科(2020年4月名称変更)非常勤講師
2021年4月-現在 東北工業大学 ライフデザイン学部 産業デザイン学科 講師

研究分野

情報デザイン、インタラクションデザイン、認知心理学、デザイン教育

担当科目

  • アイデア基礎および同演習Ⅰ・Ⅱ
  • デザイン計画および同実習B・C
  • インタラクションデザイン論
  • 情報デザイン論
  • デザイン論Ⅰ・Ⅱ

研究室所属学生の卒業研修(論文/設計/制作)

  • 既読無視を活用したグループチャットアプリの開発
  • 子供を連れて来店したくなる店舗サイトの制作
  • クライアントの創造的な発想を促すヒアリング手法の提案
  • オンラインコミュニケーションをサポートするツールの提案
  • 観光地の住民と観光客のつながりを生むWebサイトのデザイン
  • 予算を「カタチ」で管理するアプリのデザイン

教員からのメッセージ

デザインを学ぶことで身に付く力は、表現力だけではありません。創造(想像)力や問題解決能力、コミュニケーションスキルを身に付けることにも繋がります。そして、これらの能力はどれも社会において必要とされる能力です。社会のしあわせ、そして自身のしあわせのための「デザイン力」を一緒に身に付けましょう。

論文

『コトのデザイン』の分析と可視化の試み

本研究では、コトのデザイン活動の実践について報告されている研究論文を対象に分析と情報の可視化を試みました。分析のため、コトのデザイン活動の成果をプロダクト(成果物)と位置づけ、プロダクトは4種類の要素と2種類のツールという概念によって整理可能であると仮定しました。結果、対象となった9つのデザイン活動とプロダクトを要素とツールによって整理することができたと考えます。

学会・研究活動

日本デザイン学会

2014年5月-2021年3月 学生会員
2021年4月-現在 正会員

2014年7月 第61回日本デザイン学会春季研究発表大会オーガナイズドセッション「演習課題から探る“しあわせ”のデザイン」パネリスト
2022年7月 第69回日本デザイン学会春季研究発表大会グッドプレゼンテーション賞

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院