東北工業大学

東北工業大学

電気電子工学科
電気電子工学科
 

電気電子工学科

  > 学部・大学院 > 工学部 > 電気電子工学科

社会で活躍する
電気電子工学分野の
技術者の育成

電気電子工学の技術は、自動車・スマートフォン・医療・電力・通信など身の回りで広く使われています。便利で安全な社会の維持と将来の発展には、電気電子工学を学んだ技術者が不可欠であり、この分野の人材を求める産業界の要請はとても高い状況です。本学科では、電気電子工学の基礎知識からそれを応用した専門知識まで、これからの社会に役立つ能力を身につけた技術者の育成を少人数・習熟度別教育によって行っています。

電気電子工学科 学科オリジナルWebサイト

FEATURE

電気電子工学科の特徴

一般教養科目を学びつつ
電気電子工学に関する
基礎的な知識を学ぶ

1〜2年次

電気電子工学に必要な数学や物理学とともに電気回路、プログラミングに関する基礎的な知識を身につけます。

電気電子工学の専門的な
知識を習得する

3年次

専門知識を学ぶとともに、後期からは、興味を持った分野に関わる研究室に所属して、卒業研修を意識した実践的な内容を学びます。

大学での学びの集大成
である卒業研修を行う

4年次

講義で学んだ専門知識を活用するとともに研修を通して、人とのコミュニケーションや論理的思考力、実行力や創造力、発表する力などの総合的な能力を身につけます。

AEGG POLICY

電気電子工学科のAEGGポリシー

教育方針・養成する人材像

電気電子工学の基礎と応用を学び、電子機械・ロボット、医工学・バイオ、または光・情報デバイスの分野の専門知識と技術を修得することができる。実践的な教育を通して、地域や産業界が求める創造力のある柔軟性に富む人材の育成を目指す。

A

POLICY

入学(Admission)ポリシー

入学者受入の方針

A

POLICY

入学(Admission)ポリシー

入学者受入の方針

本学で定める入学条件に加え、以下の条件を満たす人の入学を強く希望する。

  1. 電気電子工学に興味を持ち、この分野に関して自ら学び・自ら考え、さらに新しいことに自ら挑もうとする強い意志のある人
  2. 今日の高度情報化社会における電気電子、医療、電力、自動車産業の分野で活躍し、自らの専門知識と技術で社会の役に立ちたいと考えている積極性のある人
E

POLICY

教育(Education)ポリシー

カリキュラム編成・実施の方針

E

POLICY

教育(Education)ポリシー

教育課程表の編成・実施の方針

電気電子工学分野のハードウェアとソフトウェアの専門性を備えた人材育成を目標に、教育・研究指導を行う。

  1. 個の尊重と実践教育を方針として、基礎科目では習熟度別学習に取組み、また演習・実験・卒業研修等の能動的学びにより専門知識と技術を実学として教育する。
  2. 1、2年次では、一般(基礎)、電気電子工学(基礎)、情報(基礎)から構成される専門基礎科目を設定する。
  3. 3、4年次では、一般(応用)、電子機械・ロボット,医工学・バイオ,光・情報デバイスの分野に関する電気電子工学(応用)、情報(応用)から構成される専門応用科目を設定する。
  4. 卒業研修により、課題発見・解決能力とプレゼンテーション能力を修得するように指導する。
G1

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

G1

POLICY

卒業(Graduation)ポリシー

学位授与方針

本学で定める学士力に加え、電気電子工学分野の基礎と応用を身につけるべき学士力として学科目ごとに評価するとともに、その集大成として「卒業研修」を行いその成果に基づき、客観的・総合的評価により卒業認定を行う。

G2

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

G2

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

電気電子、医療、電力、自動車産業の分野で指導的役割を担って活躍する電気電子技術者を育成するため、以下の方針で指導する。

  1. 学内外の多様な正課外活動や研究成果発表の場への参加を積極的に奨励し、社会の一員としての自覚を醸成する。
  2. 職業意識の醸成、適性検査、OB講演会、職種研究、面接練習等を、入学時から段階を踏んで就職指導を行う。
  3. 重点キャリア資格に関しては、資格取得のための対策講座を開講して積極的に支援する。

身につけておくことが望ましい科目

高校における必修科目(特に数学・理科・英語・国語)について、十分に理解し身に付けていること。本学が入学前に指定・実施する入学前教育を受講することが望ましい。

学部・大学院