東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > 学部・大学院 > 工学部 > 都市マネジメント学科 > 教員・研究室

都市マネジメント学科

都市マネジメント学科

Department of Civil Engineering and Management

  • 学科概要
  • 授業紹介
  • カリキュラム
  • 教員・研究室
  • 将来
  • 学科サイト

教員・研究室紹介

プランナーコース

菊池 輝 准教授

菊池 輝 教授KIKUCHI Akira

学位:博士(工学)
研究分野:交通にかかわる意識・態度・行動に関する研究

基礎心理実験を行いながら安全な交通環境を分析

車を運転する際によく言われる「注意しなさい」の「注意」とは何か、注意不足は何が原因で起きるのかなど、心理学を融合させながら、シミュレーターなどを用いて安全な交通環境の実現について研究します。将来、車の完全自動運転が実用化される時代が来ますが、人はそれに順応できるのかといったテーマも今後の研究課題の一つ。車は運転者だけの問題ではありません。個々の交通行動が社会に与える影響を分析します。

菊池研究室
菊池 輝 准教授

須藤 敦史 教授SUTO Atsushi

学位:博士(工学)
研究分野:建設工事における情報化(合理的な)施工と社会資本のライフサイクルコスト(長寿命化)の研究

ダム・トンネル・橋梁などの合理的な建設と長く使用してゆくためや方法を考える

社会資本を合理的に作るための情報化施工(逆解析)の研究と持続可能な社会を実現するために社会資本の計画的な維持管理と延命対策を行う,ライフサイクルマネージメントの研究を行っています。

須藤研究室
泊 尚志 講師

泊 尚志 准教授TOMARI Naoyuki

学位:博士(工学)
研究分野:計画制度論、国土・都市計画、運輸政策、インバウンド観光政策

“よりよい”都市の創造と実現のための計画づくり

「よりよい都市の創造」は万国共通の理想の一つでしょう。それでは、“よりよい”都市とはどのような都市でしょうか。そしてそれは誰がどのように創造する、または創造されるのでしょうか。また“よりよい”都市を創造するためには、居住者、勤務者、学生、企業、行政、あるいは都市の計画にかかわる専門家をはじめとした多様な立場や視点を巻き込んだ計画づくりが重要ではないでしょうか。このような考え方に基づいて、都市の計画や、特に都市活動の源となる人や物の移動とその政策、都市の活気を生む観光政策について研究しています。

泊研究室

エンジニアコース

小出 英夫 教授

対談 : 小出 英夫 教授×4年生 安達弘晃さん

小出 英夫 教授KOIDE Hideo

学位:工学博士
研究分野:コンクリートの引張特性の解明と試験方法の開発、橋梁の点検用装置の開発

廃コンクリートの再利用で省資源の都市整備へ

都市の構築に不可欠な材料に関する実験をしています。役目が終わったコンクリート構造物や、コンクリート塊を新たな材料として再利用する実験など、省資源・省エネルギーなどに関わる研究を行っています。

小出研究室
高橋 敏彦 教授

高橋 敏彦 教授TAKAHASHI Toshihiko

学位:博士(工学)
研究分野:親水性護岸の設計・防災についての研究

海岸の防災・利用・環境に関する研究

波による海岸の防災対策を室内実験および数値計算を用いて研究しています。また、レジャ-や憩いの場としての海岸利用など、よりよい海岸環境保全のための研究にも取り組んでいます。一緒に海岸へ調査に行きませんか。

高橋研究室

千葉 則行 教授

対談 : 千葉則行教授×4年生 久保田晋太郎さん

千葉 則行 教授CHIBA Noriyuki

学位:工学士
研究分野:山地・丘陵地に関する斜面災害の発生要因に関する研究

山間地や丘陵地の土砂災害を防ぐ

日本の国土は山間地が約7割を占めており、ほとんどの都市が水資源や観光資源など、山間地からさまざまな資源を受けとっています。都市を支える山間地が土砂災害などで荒れないよう、斜面災害の原因などを研究しています。

千葉研究室
中山 正与 教授

中山 正与 教授NAKAYAMA Masatomo

学位:博士(工学)
研究分野:土壌に浸透する廃水の分解挙動の解析に関する研究

生活を支える快適な水環境を守ろう

持続可能な社会を実現するためには、どんな事業を行う上でも環境への配慮が欠かせません。特に水環境に着目し、森林域から流出する河川や雨水の水質評価、廃棄物埋立地の浸透水に関する研究を行っています。

中山研究室

権研究室

権 永哲 准教授

権 永哲 准教授KWON Youngcheul

学位:博士(工学)
研究分野:軟弱地盤の変形特性と対策に関する研究

粘土の圧密現象による地盤沈下を予測する
新たな解析ツール開発に挑む

地盤には大きく分けて砂と粘土があり、権研究室では粘土をテーマにしています。粘土には、ゆっくりと水が追い出されて沈下する「圧密」という現象がありますが、いつまでにどれだけ沈下するかを予測し、沈下を早く止める方法を探る研究を行っています。また、沈下の予測のために、機械学習(ML)技術などに基いた新たな解析ツール開発も行っています。それで扱う人が変わっても同程度の解析結果が得られることを目指しています。

権研究室

北條研究室

北條 俊昌 准教授

北條 俊昌 准教授HOJO Toshimasa

学位:博士(工学)
研究分野:排水処理、廃棄物処理、メタン発酵、温室効果ガス削減に関する研究

省エネ・創エネ型排水・廃棄物処理技術の開発

私たちが生活するうえで必ず発生する排水や廃棄物に対して、生活環境の保全・資源循環・省エネルギーの観点から微生物の働きを応用した処理技術の開発・評価を行い、持続可能な循環型社会の実現に向けた研究を行っています。

北條研究室

山田研究室

山田真幸准教授

山田 真幸 准教授YAMADA Masaki

学位:博士(工学)
研究分野:鋼構造物の耐荷力の保全などに関する研究

数値シミュレーションをもとに
鋼の橋について理解を深める

土木は税金を使った公共事業であり、原資となる税金をどう振り分けるのかも含めた知識が必要になります。そのため、良識と倫理を持ち合わせた社会人、公務員を育成することも本学科の目的です。橋は税金で作って管理する公共物です。本研究室では、土木で使用する三大材料のうち、スチール(鋼)を研究対象とし、とくに鋼橋を計測・計算して現状の構造を学ぶほか、その橋がどう壊れるか、どれくらいの荷重で壊れるかなどを数値シュミレーションなどでチェックしたり、メンテナンス方法を考えたりします。

山田研究室

菅原研究室

菅原 景一 助教

菅原 景一 助教SUGAWARA Keichi

学位:博士(工学)
研究分野:水環境における生態系を活かした減災・防災に関する研究

水環境における生態系を活かした減災・防災に関する研究

河川や海岸などの水辺空間に繁茂する植生を中心とした生態系を減災や防災に活用していくために必要となる工学的な情報の蒐集及びそれらを利用した管理手法を提案しています。

菅原研究室

PAGE TOP

最終更新日 2019年7月12日