東北工業大学

東北工業大学

環境応用化学科
環境応用化学科
 

環境応用化学科

  > 学部・大学院 > 工学部 > 環境応用化学科

化学を通して持続可能な社会をめざし
専門知識・技術を修得

応用化学分野を活用しながら環境・エネルギー問題を解決するために、新材料開発や評価・製造技術、環境調査・評価技術や環境保全技術を修得します。化学を扱う技術者としての高い倫理観を身につけ、持続可能社会を実現するための応用化学や環境学を体系的に学ぶカリキュラムとなっています。

NEWS

環境応用化学科の最新ニュース

もっと見る

PAMPHLET

環境応用化学科のパンフレット

環境応用化学科パンフレット

 

環境応用化学科 学科オリジナルWebサイト

FEATURE

環境応用化学科の特徴

応用化学分野

全ての産業を基盤から
ささえる応用化学の
スペシャリストに

機能材料など応用化学の技術は化学製品、半導体製品など全ての産業に関わり、持続可能な社会を創る基盤となっています。学科の学びを通して化学技術者に必要な知識と技術を身につけます。

環境学分野

さまざまな環境保全技術を
学んで環境問題解決の
スペシャリストに

環境汚染を招くさまざまな化学成分の挙動や生物応答、大気・水環境・土壌などの保全技術、資源循環技術などを学ぶことによって、具体的な環境問題解決能力を身につけます。

環境応用化学科の「専門学士力」

【専門学士力】 【学修成果(到達目標)】
①工学基礎
  • 数学(微積分、線形代数、微分方程式)、物理学、生物学の基礎的知識を身に付け、環境応用化学の知識修得に応用することができる。
  • コンピュータを適切に使って情報の収集・整理・発信ができる。
  • 技術者倫理などについて理解し、科学リテラシーの基本事項を説明できる。
②化学基礎
  • 環境と応用化学の理解に必要な基盤となる化学分野(物理化学、無機化学、有機化学、分析化学、高分子化学)の基礎知識を身に付け、それを説明することができる。
  • 化学の理論と現象を工業に適用させるための化学工学の基礎知識を身に付け、それを説明することができる。
  • 化学の基礎を体系的に理解し、多様な化学現象の原理を説明できる。
  • 化学物質の特性に応じた使用・管理ができる。
③化学応用
  • 有機化学、物理化学、無機化学、分析化学、高分子化学に関する専門的な知識を身に付け、それを応用することができる。
  • 化学工学、材料化学、生化学の分野で用いられる機器や技術について理解し説明することができる。
  • 具体的な現象や問題に対し、化学的な視点で自ら論理的に理解し、説明することができる。
  • 化学工学、環境化学、材料化学、生化学のいずれかの系統の実験を企画し、実施できる。
④化学実験
  • 試薬や実験機器等を適切に取り扱い、安全に実験を遂行することができるとともに、化学反応の観察および数値データの処理ができ、これに自分の考察を加えて適切にレポートをまとめることができる。また、化学分野ごとに、以下のことができる。
    【分析化学】 無機化学・有機化学・分析化学などの基礎知識を基に、化学分析に用いる基本的な化学実験器具を適切に取扱い、所定の実験操作により、物質の定性分析及び定量分析を行うことができる。
    【物理化学】 物理化学・有機化学・分析化学などの基礎知識を基に、物性測定に用いる基本的な測定器具の原理を理解して取扱い、装置出力を得て、物性値への変換及び物理化学現象の解析を行うことができる。
    【材料化学】 無機化学・有機化学・材料化学・生化学などの基礎知識を基に、材料の物性および電気化学的特性を解析する原理および操作を理解し、材料評価することができる。
    【化学工学】 数学・化学・物理など工学に関する基礎知識を基に、平衡論や速度論の原理を理解し、実験で観察される現象を数値解析し、現象の定量的な解析を行うことができる。
⑤環境科学
  • 自然生態系における物質循環やエネルギーの流れなど生態学の基礎を理解し、その知識をもとに持続可能な産業・社会システム構築に向けた取り組みを提案できる。
  • 環境汚染、気候問題、生物多様性などの環境問題を解決するために国の内外で実施・運用されている取り組みや法令・制度を理解し、説明できる。
  • 環境汚染物質がもたらす生物応答に関する知識を身に付け、環境影響を評価することができる。
⑥環境応用
  • 環境汚染・汚濁に関わる化学物質の挙動などを明らかにするため、試料採取や観測の調査計画を立てたり、環境計測に関わる機器や道具の原理や機能を理解し、説明することができる。
  • 大気質・水質・土壌質・循環資源などの制御技術、ライフサイクルアセスメントに関するいずれかの知識を身に付け、それらを応用して環境・エネルギー・資源問題解決のシステムや素材などの提案ができる。
  • 環境問題の知識やその解決方法について他者と情報を共有したり、その解決のための協働を企画・運用できる。

AEGG POLICY

環境応用化学科のAEGGポリシー

教育方針・養成する人材像

応用化学および環境学の体系的教育を基礎として、材料開発とその管理・製造技術と、環境影響評価と管理、エネルギーおよび環境保全技術について学び、もって持続可能な社会の実現および地域社会の発展をめざして創造的に活躍することのできる人材を育成する。

G1

POLICY

(Graduation Policy/Diploma Policy)

学位授与方針

G1

POLICY

(Graduation Policy/Diploma Policy)

学位授与方針

工学部 環境応用化学科は、全学の学位授与方針(G1ポリシー)に基づき、所定の卒業要件単位を修得することを通して、本学の「共通学士力」並びに本学科の「専門学士力」を身に付けた学生に対し、卒業を認定し、「学士(工学)」の学位を授与する。

G2

POLICY

(Guidance Policy)

学生の指導方針

G2

POLICY

(Guidance Policy)

学生の指導方針

・持続可能な社会づくりに寄与する応用化学技術者・環境保全技術者を育成するため、指導教員が中心となり学生の特性を理解し、個々にきめ細かく成長を助け、自身の進路の選択を通し自己を確立していくことができるよう指導を行う。
・そのために定期的な個人面談やキャリアガイダンスの実施を行い学生のキャリア形成の支援を行う。
・さらに、関連する資格取得対策講座を開講するなど、キャリア形成を積極的に支援する。

E

POLICY

(Education Policy/Curriculum Policy)

教育課程表の編成・実施の方針

E

POLICY

(Education Policy/Curriculum Policy)

教育課程表の編成・実施の方針

・応用化学と環境学の体系的な専門教育と技術者倫理など一般教養教育を基礎として、応用化学および環境保全技術者の育成を目標に教育・研究指導を行う。
・1年次に取り組む一般科目では専門の基礎知識としての工学・環境基礎、リテラシーの科目を設定する。
・2年次から3年次では、応用化学分野では化学の基礎から開発・製造技術、環境学分野では環境分析・調査技術などの専門科目を設定する。
・また演習および実験科目を設定し、講義と有機的に結合した高い専門性を持った知識と技術を習得するようにする。
・3、4年次に取り組む卒業研修では、持続可能な社会を支える知識と問題発見能力・解決能力・コミュニケーション能力を持った人材を育成する。

A

POLICY

(Admission Policy)

入学者受入の方針

A

POLICY

(Admission Policy)

入学者受入の方針

材料・素材開発などの応用化学やそれを工業化するための化学工学技術、化学物質による人体・生態系への影響評価と公害防止などの環境保全技術に関心を持ち、基礎学力と高い倫理観を身に付け、持続可能な社会を実現していくための工学に根ざした専門能力を築き上げる意欲を持つ人を求める。

身につけておくことが望ましい科目

高校における必修科目(特に数学・理科・英語・国語)について、十分に理解し身に付けていること。本学が入学前に指定・実施する入学前教育を受講することが望ましい。

学部・大学院