東北工業大学

東北工業大学

大学概要

大学概要

沿 革[1960 - 1969]

  > 大学概要 > 沿革 > 沿革[1960 - 1969]

1960-1969をクリックすると詳細が表示されます

1960年

1019
1215
  • 学校法人東北電子学院設置認可

1961年

41
  • 東北電子工業高等学校(現、仙台城南高等学校)開校。
    初代校長に宮城音五郎氏就任

1963年

48
925
  • 東北工業大学設置申請

1964年

125
331
  • 1号館(総面積 5,209m²)竣工
41
46
  • 創立記念日を10月19日とすることを決定
420
1130
1219
  • 「東北工業大学新聞」創刊号発刊

1965年

31
  • 東北工業大学紀要発刊
41
  • 法人名を東北工業大学に変更し、初代理事長に宮本武夫氏(東北電子学院理事長)が就任
  • 電子工学科・通信工学科の教職課程設置
  • 附属工場(総面積 1,316m²)設置
51
  • 1号館増築(総面積 660m²)
510
  • 2号館(総面積 1,345m²)竣工
723
  • 主任教授会にて、「建学の精神、本学の特色」を審議

1966年

21
  • 磐司山荘(教職員の厚生施設、学生の研修の場)を宮城県秋保町二口に設置
41
410
  • 大学銀河寮完成
612
  • 就職委員会発足
710
  • 3号館(総面積 3,629m²)竣工
714

1967年

41
  • 土木工学科・工業意匠科設置(入学定員各80名)
  • 電子工学科・通信工学科・建築学科の各学科定員改定(各学科80名)
  • 建築学科の教職課程設置
410
  • 大学望洋寮完成
  • 第4回入学式を新体育館で挙行
420
  • LL(Language Laboratory)設置
510
  • 4号館(総面積 8,517m²)竣工
  • 大学体育館(総面積 2,016m²)竣工
81
914
  • 初代学長宮城音五郎氏逝去(9月20日大学葬)
  • (株)工大事業部2代目社長に湯沢一男氏就任
917
  • 湯川秀樹博士(1949年ノーベル物理学賞受賞者)講演会「素粒子論の発展」
10

1968年

124
323
  • 第1回東北工業大学卒業式
  • 卒業生94名 内92名就職決定
41
  • 土木工学科・工業意匠科の教職課程設置
  • 電子、通信工学科同窓会発足(会長 榎本幹氏)
51
  • 図書館開館
529
  • 大学秀峰寮完成
531
  • 東北工業大学学報創刊
623
  • 学校法人東北工業大学後援会第1回総会開催
71
  • 大学計算センター(HITAC―201基本システム利用)発足
731
930
  • 大学総合グラウンド(総面積 49,500m²)完成
1210
  • 5号館(総面積 12,161m²)落成式

1969年

122
  • 第2代理事長に水谷史郎氏(前財団法人通信教育振興会理事)就任
61
  • 学長補佐体制の設置
620
  • 「工大広報」第1号発刊
731
  • 湯沢一男氏 (株)工大事業部社長退任
  • 水谷史郎氏 第3代社長に就任
821
  • 6号館(総面積 3,969m²)竣工
121
  • 学生会発足
NEXT1970-1979