東北工業大学

東北工業大学

環境応用化学科
環境応用化学科
 

環境応用化学科

  > 学部・大学院 > 工学部 > 環境応用化学科

化学を通して持続可能な社会をめざし
専門知識・技術を修得

応用化学分野を活用しながら環境・エネルギー問題を解決するために、新材料開発や評価・製造技術、環境調査・評価技術や環境保全技術を修得します。化学を扱う技術者としての高い倫理観を身につけ、持続可能社会を実現するための応用化学や環境学を体系的に学ぶカリキュラムとなっています。

環境応用化学科 学科オリジナルWebサイト

FEATURE

環境応用化学科の特徴

応用化学分野

全ての産業を基盤から
ささえる応用化学の
スペシャリストに

機能材料など応用化学の技術は化学製品、半導体製品など全ての産業に関わり、持続可能な社会を創る基盤となっています。学科の学びを通して化学技術者に必要な知識と技術を身につけます。

環境学分野

さまざまな環境保全技術を
学んで環境問題解決の
スペシャリストに

環境汚染を招くさまざまな化学成分の挙動や生物応答、大気・水環境・土壌などの保全技術、資源循環技術などを学ぶことによって、具体的な環境問題解決能力を身につけます。

AEGG POLICY

環境応用化学科のAEGGポリシー

教育方針・養成する人材像

応用化学および環境学の体系的教育を基礎として、材料開発とその管理・製造技術と、環境影響評価と管理、エネルギーおよび環境保全技術について学び、もって持続可能な社会の実現および地域社会の発展をめざして創造的に活躍することのできる人材を育成する。

A

POLICY

入学(Admission)ポリシー

入学者受入の方針

A

POLICY

入学(Admission)ポリシー

入学者受入の方針

材料・素材開発などの応用化学やそれを工業化するための化学工学技術、化学物質による人体・生態系への影響評価と公害防止などの環境保全技術に関心を持ち、基礎学力と高い倫理観を身につけ、持続可能な社会を実現していくための工学に根ざした専門能力を築き上げる意欲を持つ人を求めている。

E

POLICY

教育(Education)ポリシー

カリキュラム編成・実施の方針

E

POLICY

教育(Education)ポリシー

教育課程表の編成・実施の方針

応用化学と環境学の体系的な専門教育と技術者倫理など一般教養教育を基礎として、応用化学および環境保全技術者の育成を目標に教育・研究指導を行う。
1年次に取り組む一般科目では専門の基礎知識としての工学・環境基礎、リテラシーの科目を設定する。
2年次から3年次では、応用化学分野では化学の基礎から開発・製造技術、環境学分野では環境分析・調査技術などの専門科目を設定する。
また演習および実験科目を設定し、講義と有機的に結合した高い専門性を持った知識と技術を習得するようにする。
3、4年次に取り組む卒業研修では、持続可能な社会を支える知識と問題発見能力・解決能力・コミュニケーション能力を持った人材を育成する。

G1

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

G1

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

持続可能な社会づくりに寄与する応用化学技術者・環境保全技術者を育成するため、指導教員が中心となり学生の特性を理解し、個々にきめ細かく成長を助け、自身の進路の選択を通し自己を確立 していく事ができるよう指導を行う。
そのために定期的な個人面談やキャリアガイダンスの実施を行い学生のキャリア形成の支援を行う。
さらに、関連する資格取得対策講座を開講するなど、キャリア形成を積極的に支援する。

G2

POLICY

卒業(Graduation)ポリシー

学位授与方針

G2

POLICY

卒業(Graduation)ポリシー

学位授与方針

本学科の学生が身につけるべき学士力

  1. 環境問題に対する知識と理解力
  2. エネルギー創生化学技術の活用能力
  3. 材料開発・評価の運用と活用能力
  4. 環境保全技術の運用と管理能力

を各科目ごとに評価し、その総合評価としての「卒業研修」を客観的・論理的に評価する。

身につけておくことが望ましい科目

高校における必修科目(特に数学・理科・英語・国語)について、十分に理解し身に付けていること。本学が入学前に指定・実施する入学前教育を受講することが望ましい。

学部・大学院