東北工業大学

総合教育センター | 研究室・教員紹介
総合教育センター | 研究室・教員紹介

総合教育センター

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 総合教育センター > 研究室・教員紹介 > 片山 文雄

総合教育センター

片山 文雄

建国期アメリカの政治思想・社会思想の研究

科学者・発明家として有名なベンジャミン・フランクリンを中心に、建国期アメリカの政治思想を研究しています。建国期アメリカ研究は、現在のアメリカ合州国を理解するための基礎研究です。しかしそれだけでなく、宗教・経済・外交・文化などが大きく転換した時代を深くとらえることで、近代社会そして現代社会とは何か、民主主義とは何か、などを考えるうえで多くの示唆を与えてくれます。

片山 文雄

教授

片山 文雄

KATAYAMA Fumio

学位

博士(法学) 東北大学2003年

略歴

2003年4月 - 2006年3月 東北工業大学 共通教育センター 講師
2006年4月 - 2020年3月 東北工業大学 共通教育センター 准教授
2020年4月 - 2021年3月 東北工業大学 総合教育センター 准教授
2021年4月 - 現在 東北工業大学 総合教育センター 教授

研究分野

建国期アメリカの政治思想・社会思想、現代政治理論、現代法理論

担当科目

  • 市民と法
  • 市民と政治
  • 日本国憲法
  • 情報社会とモラル

教員からのメッセージ

社会科学、たとえば政治や法を学ぶことは工大生によってはあまり身近なものではないかもしれません。また外国の、それも300年近くも昔の社会やそこで生きた人々のものの考え方を知ることに何の意味があるのかとも思われるかもしれません。

しかし社会の在り方は多様であり、現在の日本社会の在り方やルールが唯一の正解だとは言えません。もっとよい社会があるかもしれません。そして社会の変化は、社会をつくる人々の考え方によって引き起こされる部分があります。広い視野で、柔軟な心構えで、社会を学んでみましょう。

著書

「常識」によって新たな世界は切り拓けるか : コモン・センスの哲学と思想史

2020.02 晃洋書房
「第七章 コモン・センス、社会改良、政治権力 ― ベンジャミン・フランクリンの場合」を執筆。アメリカ独立革命の根底に、フランクリンらが引き起こした、コモン・センスに基づく政治思想の革命があったこと、そしてそれがアメリカン・デモクラシーの一源泉ともなっていることを追跡しました。

論文

ベンジャミン・フランクリンの軍事アソシエーション

2009.01 法学(東北大学法学部)
アメリカ独立前のペンシルヴェイニア植民地で、フランクリンは職業人たちの自発的結社として軍事組織(民兵)を結成しました。この特異な活動の内容と意義、それを支えた思想を検討しました。

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院