東北工業大学

総合教育センター | 研究室・教員紹介
総合教育センター | 研究室・教員紹介

総合教育センター

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 総合教育センター > 研究室・教員紹介 > 髙野 淳司

総合教育センター

髙野 淳司

運動能力向上の鍵を科学的に探究する

卓越したアスリートは、どのようにして優れたパフォーマンスを発揮しているのでしょうか?私はスポーツの中でも高い状況判断能力を必要とする場面に着目し、状況判断能力を左右する鍵である空間認知や反応時間などを心理学、認知神経科学等の手法を用いて明らかにする研究を進めています。また、この研究を子どもたちへの運動指導へも発展させ、対処能力や粘り強く取り組む能力、自制心等が含まれる「非認知能力」と呼ばれる能力の育成にも取り組んでいます。

髙野 淳司

教授

髙野 淳司

TAKANO Atsushi

学位

博士(医学) 東北大学 2012年

略歴

2003年4月 - 2005年3月 岩手県 公立高等学校 教諭
2005年4月 - 2008年3月 一関工業高等専門学校 一般教科 人文社会系 講師
2008年4月 - 2017年3月 一関工業高等専門学校 一般教科 人文社会系 准教授
2017年4月 - 2020年3月 一関工業高等専門学校 未来創造工学科 総合科学自然科学領域 准教授
2020年4月 - 現在 東北工業大学 総合教育センター 教授

研究分野

体育心理学、スポーツ教育学

担当科目

  • 健康・運動科学実習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ科学実習

教員からのメッセージ

「柔よく剛を制す」という言葉がありますが、運動・スポーツの世界は必ずしも身体的能力だけで勝敗が決まるものではありません。巧みで正確なプレイもまた、私たちを魅了し時には勝利を導きます。私は物事を多面的にとらえ、最善な方法を選択することの大切さをスポーツから学びました。奥が深い運動・スポーツの世界をこれからも探求していきます。

社会活動

公益財団法人 日本バレーボール協会

ハイパフォーマンス事業本部 ハイパフォーマンスサポート委員会 情報戦略ユニット長

日本バレーボール学会

2012.04 ~ 現在
理事

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院