東北工業大学

東北工業大学

生活デザイン学科 | 在学生メッセージ
生活デザイン学科 | 在学生メッセージ

生活デザイン学科

在学生メッセージ

  > 学部・大学院 > ライフデザイン学部 > 生活デザイン学科 > 在学生メッセージ

坂梨 百香 さん | 3年

宮城県・仙台南高等学校出身

私は生活者の立場にたった設計
未来を切り拓く。

施主の暮らしに寄り添い
言語化できない要望も
対話を重ねて見つけたい

福祉や防災、建築といった幅広い分野の“おいしいところ”を少しずつ学び、そこから興味を持った分野を掘り下げていける学科です。私はインテリアに関心があってこの学科を選びましたが、学ぶ中で建築により強く興味を持ち、住宅設計にかかわる仕事を志すようになりました。建築学科とは学びのアプローチが異なり、建築専門の学生にはかなわないのではないか、と思っていたこともありましたが、その不安はコン

福祉や防災、建築といった幅広い分野の“おいしいところ”を少しずつ学び、そこから興味を持った分野を掘り下げていける学科です。私はインテリアに関心があってこの学科を選びましたが、学ぶ中で建築により強く興味を持ち、住宅設計にかかわる仕事を志すようになりました。建築学科とは学びのアプローチが異なり、建築専門の学生にはかなわないのではないか、と思っていたこともありましたが、その不安はコンペ形式での設計系のインターンシップに参加して払拭されました。

ペ形式での設計系のインターンシップに参加して払拭されました。施主の要望を作品の中に表現する力を評価していただいたことで、この学科でしか学べない知識と視点を身につけられたことに自信が持てました。対話を重ね、施主の方が言語化しきれていないような要望も落とし込んでいけるような設計を目指します。自分で設計した自分のための家に住むのが将来の夢です。。

施主の要望を作品の中に表現する力を評価していただいたことで、この学科でしか学べない知識と視点を身につけられたことに自信が持てました。対話を重ね、施主の方が言語化しきれていないような要望も落とし込んでいけるような設計を目指します。自分で設計した自分のための家に住むのが将来の夢です。

「家族構成や生業を想定した住宅を設計して模型やプレゼンボードを作り、プレゼンテーションを行うのが『住まいのデザイン実習Ⅰ・Ⅱ』の授業。私は住まいの『箱』としてのハード的側面だけでなく人と人とのつながりやアクティビティといったソフト的側面を重視し、公と私のスペースも意識しながら作品をまとめました。」

学部・大学院