東北工業大学

東北工業大学

産業デザイン学科
産業デザイン学科
 

産業デザイン学科

  > 学部・大学院 > ライフデザイン学部 > 産業デザイン学科

生活を美しく豊かにする
アイデア
それを実現する
プロセスを学びます

デザインとは、私たちの社会を快適にするためのアイデアを生み出し、それを暮らしの中で役立つ具体的なかたちにするための知恵です。産業デザイン学科では、幅広い分野でデザインを生かしたリーダーシップがとれる、本当の意味での「デザインの専門家」=クリエイターを育成します。

産業デザイン学科 学科オリジナルWebサイト

FEATURE

産業デザイン学科の特徴

グラフィックデザイン

視覚的に情報を伝達する
ための
手法を学ぶ

エディトリアル・タイポグラフィ・装丁・ポスター・パッケージ・広告

Webデザイン

PCやスマートフォンで
効果的に
情報を伝える
Webデザインを学ぶ

コンテンツ表現・アイコン・HTMLコーディング

イラストレーション

社会とコミュニケーション
できる
イラストレーション
を学ぶ

絵本・デジタル・アナログ・コンピュータグラフィクス

服飾デザイン

身にまとうモノのあり方を
考える

婦人服・紳士服・スポーツウェア・靴

映像

3DCGやインタラクティブな
映像コンテンツを学ぶ

映像インスタレーション・3DCG・プロジェクションマッピング

アプリケーション

楽しさやうれしさを感じる
アプリケーションデザイン
を学ぶ

スマートフォンアプリ・プログラミング・ゲーム

プロダクトデザイン

豊かな暮らしを実現する
モノづくりの手法を学ぶ

家電製品・家具・自転車・バス・地下鉄などの交通システム

クラフト

手仕事から生まれる
モノづくりの手法を学ぶ

テキスタイルデザイン・陶芸・木工・金工・漆工

サウンドデザイン

身の回りの音の
調和について学ぶ

音響効果音・機器操作音・サウンドロゴ

AEGG POLICY

産業デザイン学科のAEGGポリシー

教育方針・養成する人材像

デザインとは、社会を快適にするアイデアを生み出し、具体的な形にする知恵である。
製品からサービスまで幅広い分野で工学をベースとするデザインを生かし、リーダーシップをとれる専門家(デザイナーや各種ク リエイター)を育成する。

A

POLICY

入学(Admission)ポリシー

入学者受入の方針

A

POLICY

入学(Admission)ポリシー

入学者受入の方針

将来、デザイナーや各種クリエイターとして活躍したい、あるいはデザインの学びを様々な仕事に活かしたいと考えている積極的な意欲のある学生を求める。

E

POLICY

教育(Education)ポリシー

カリキュラム編成・実施の方針

E

POLICY

教育(Education)ポリシー

教育課程表の編成・実施の方針

学位授与の方針に対応した以下①~④で構成する。
<1年次~2年次前期>

  1. 理論・思想を学ぶ。・現代社会におけるデザインの意義・役割・これからのデザインの課題を考える視点・デザインに関連する幅広い分野の知識
  2. 手法・技術を学ぶ。・アイデアを発想するシステマティックな手法・的確に他者へ伝えるアナログ・デジタル技術・より高度なデザイン技術<2年次後期~4年次>
  3. 応用・統合を学ぶ。・一連のデザインプロセス・論理的なプレゼンテーション・グループワーク
  4. 社会・コミュニケーションを学ぶ。・実際の企業・組織活動とデザインの役割・組織活動で貢献できるコミュニケーション能力・自分の進路の検討、そこで必要な考え方、スキル
G1

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

G1

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

正課外活動を通して社会の一員としての意識を醸成する。
また、キャリア教育を通して職業人としての意識を醸成する。

<1~2年次>
・企業、組織活動の実態に触れ、職業としてのデザインに対する意識とコミュニケーション力を高める。
<3年次>
・客観的な自己評価を行い、幅広いデザイ ンの可能性の中で自分の具体的な進路を絞り込む。
<4年次>
・経営の基本的な知識を学び、社会が求める製品やサービスを考える力をつける。

G2

POLICY

卒業(Graduation)ポリシー

学位授与方針

G2

POLICY

卒業(Graduation)ポリシー

学位授与方針

  1. デザインの社会的意義を理解し活用する為の知識
  2. 社会の問題を発見しモノやサービスによる解決策を生み出す発想力
  3. 発想した概念を具体化するための表現技術
  4. 知識、理論、技術をもとに提案として纏め上げる統合力"

身につけておくことが望ましい科目

高校における必修科目(特に数学・理科・英語・国語)について、十分に理解し身に付けていること。本学が入学前に指定・実施する入学前教育を受講することが望ましい。

学部・大学院