東北工業大学

情報通信工学科 | 在学生メッセージ
情報通信工学科 | 在学生メッセージ

情報通信工学科

在学生メッセージ

  > 学部・大学院 > 工学部 > 情報通信工学科 > 在学生メッセージ

伊藤 悠天 さん | 3年

宮城県・仙台高等学校出身

意欲を応援してくれる環境で
知識と技術を習得

手を動かし、覚えた知識を応用
実験や実習で実践的に学ぶ

高校時代にプログラミングや情報系分野に興味を持ち、就職率が高く資格も取得できるこの情報通信工学科を志望しました。
普通科高校出身で、情報系など専門教育科目の授業についていけるか、当初不安もありましたが基礎から丁寧に教えてもらうことができ、先生方に質問もしやすく、疑問もスムーズに解決し理解できました。作業しながら身につけられる実践的な演習や課題で、覚えた知識を応用できると「考え方が合っていたんだな」と手応えを感じます。覚えることはたくさんありますが、意欲を持って取り組めば知識も技術も習得できる環境が整っています。

アルバイトの経験も糧
将来の夢はエンジニア

自分の就職に役立つことも期待して大学1年次から続けているのが、プログラミング教室の講師のアルバイトです。受講する子どもたちのゲーム作りを「こんなゲームが作りたい」「あんなことがしたい」という一人ひとりの希望に合わせて指導します。要望を聞き、過去の経験を応用したり資料で調べたりして形にする方法を考え、子どもたちに教えることで自分自身の知識や技術も強化されます。授業で原理を知って「こういうことだったのか」と気付いたり、アルバイト先で覚えた技術や知識が大学の学びに役立ったりすることもあります。
開発など「形に残る」分野で貢献できるエンジニアになるという夢は、大学で具体的な「目標」へと変わりました。まずは応用情報技術者試験に挑戦し、できればその上の資格も目指したいです。

『松田勝敬研究室に所属し、先輩から引き継いだ公共交通を使った大学へのアクセスマップの機能拡張に取り組んでいます。従来パソコン上のみで公開していたバスを使ったアクセスマップに、新たに地下鉄からのアクセスなどの情報を追加し、スマートフォンでも見られるようにするなど改良していきます。』

学部・大学院