東北工業大学

東北工業大学

情報通信工学科 | 在学生メッセージ
情報通信工学科 | 在学生メッセージ

情報通信工学科

在学生メッセージ

  > 学部・大学院 > 工学部 > 情報通信工学科 > 在学生メッセージ

菊池 和磨 さん | 3年

宮城県・仙台城南高等学校出身

私は人と人をつなぐ技術
未来を切り拓く。

遠隔講義やオンライン通話で
「情報」と「通信」の
可能性を実感しました。

私たちの世代にとって、携帯電話やスマートフォンは中学・高校時代から身近な存在。友人との連絡にもメールやSNSを当たり前に使ってきました。これからさらに発展し、社会に役立つ専門分野として可能性を感じ選んだのが、東北・北海道で唯一のこの情報通信工学科です。今回のコロナ禍で大学の講義も友人との会話や遊びも、オンライン通話・ゲームなどのリモートで行うことになった経験から、会えないときも人と人をつなぐ情報と通信技術の大切さを一層実感しました。

高校も情報通信コースに通っていましたが、大学で学ぶ内容はより高レベル。学んだ公式やプログラミング言語など教科書の知識を踏まえ、実験や演習を通して自分自身で考察し「こういうことだったのか」と納得して理解できます。3年後期にラジオや簡単な回路も手掛け、自分の手でものを作る手応え、達成感も感じました。
将来、地元東北で通信業界に携わることを視野に入れ、無線技術士などの資格取得を目指しています。大学でさまざまな研究に触れ、今は宇宙や雷など自然界の電磁波に関する分野にも興味が広がっています。

「『アルゴリズムとデータ構造及び同演習』や『情報通信工学実験Ⅲ』などグループやペアでの作業も多く、考えながら協力して取り組みます。ただ知識を覚えるのではなく実際に手を動かしてみることで深く理解できます。」

学部・大学院