東北工業大学

東北工業大学

都市マネジメント学科 | 卒業生メッセージ
都市マネジメント学科 | 卒業生メッセージ

都市マネジメント学科

卒業生メッセージ

  > 学部・大学院 > 工学部 > 都市マネジメント学科 > 卒業生メッセージ

藤原 健 さん

国土交通省 東北地方整備局

工学部 都市マネジメント学科
2017年3月卒業

復興の第一線で東北に恩返し
「地図に残る」仕事に手応え

当社は東北全域で活躍でき、東日本大震災の復興にも携われる職場です。生まれ育った東北に恩返しがしたくて志しました。人とのつながりを大切に報告・連絡・相談を心掛けながら、橋やトンネルの工事発注などの業務に当たっています。設計から維持管理まで幅広く経験できる「地図に残る」仕事。数年かけて竣工した時はやりがいを感じます。

以前、配属されていた三陸国道事務所では在学中に実習を受けた土質試験やコンクリート試験の現場に立ち会い、実習のおかげで着目すべき点も分かりました。学生時代に学んだ土木工学などの基礎知識の大切さも実感しています。高校生のうちから漠然とでいいので目指す職業を研究して大学を選ぶと、将来も後悔しません。私は環境や都市計画を学びたくてこの学科に進みましたが、自分が仕事にしたいことと学びが一致していて良かったと思います。

舟腰 憲二 さん

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

東北工業大学 工学部 土木工学科(現:都市マネジメント学科)卒業 
同大学院 工学研究科 土木工学専攻修了
1999年3月 博士(前期)課程修了

在学中に習得したマネジメント力
鉄道に関わる構造物で地域貢献

橋やダムなど、大きな構造物を造る現場に携わりたいと学びを深めた学生時代。大学院まで進み就職を考えた時に「造るだけではなく、1から10まで手がけてみたい」と思い、設計から施工まで、鉄道に関わる構造物に一貫して携わることができるこの会社への入社を決意しました。

これまで東日本大震災で被災した鉄道の復旧に関わり、沿岸部にある2つの路線の開通を見届けました。震災後の混乱期から計画を立ち上げ、電車が走るまでを成し遂げる過程では、筋道を立ててプロジェクトを推進するという大学院時代に得たマネジメント力が活かされていると感じています。この学科で学ぼうとする皆さんには、大学で出会った人とのつながりを大切にしながら地域の未来に貢献できるスキルと知識を存分に磨いてほしいと思います。

学部・大学院