東北工業大学

東北工業大学

都市マネジメント学科
都市マネジメント学科
 

都市マネジメント学科

  > 学部・大学院 > 工学部 > 都市マネジメント学科

震災からの
復旧・復興を支援し、
災害に強いまちづくり

「エンジニアコース」では、社会基盤に関する工学的知識を学び、技術力、エンジニアリングデザイン力を持つプロフェッショナルを目指します。「プランナーコース」では、地域構想力やさまざまなプロジェクト・マネジメントの能力を身につけたリーダーになるため、社会基盤(インフラストラクチャー)および財政・経済・経営の基礎知識、物流、地域社会の活性化、観光資源の創生と保存について学びます。

都市マネジメント学科 学科オリジナルWebサイト

FEATURE

都市マネジメント学科の特徴

エンジニアコース
〈マネジメント力の高いエンジニア〉

マネジメント力も備えた
社会基盤整備の
エキスパートに

社会基盤整備に必要とされる高度な工学とマネジメント技術を学び、社会基盤施設の整備と維持ができる高い技術力とマネジメント力を身につけた技術者を育成します。

プランナーコース
〈プロジェクトリーダー〉

工学も駆使した
マネジメント力で
地域づくりのリーダーに

社会基盤施設の整備に必要な基礎知識、まちづくり計画、地域観光資源学、防災、地域環境学などを学び、構想力のあるプロジェクトリーダーとしての技術者を育成します。

JABEEとは

都市マネジメント学科のカリキュラムはJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受け、同学科の卒業生は、建設部門の修習技術者(技術士第一次試験の免除)となる資格があり、申請だけで技術士補になることができます。なお、2020年4月以降の卒業生は、2020年度に実施される認定継続のための審査によって、JABEE認定の有無が確定します。

AEGG POLICY

都市マネジメント学科のAEGGポリシー

教育方針・養成する人材像

社会基盤の計画と建設および維持管理の専門知識(高度な技術力)、地域社会の歴史や文化を知り将来を創造するデザイン力(構想力)、都市や地域の構想を実現させ、また建設プロジェクトを遂行する上で不可欠となるマネジメントとコミュニケーションの能力(実行力)をもつ人材を育成する。
具体的には、
(A)【良識と倫理観】
(B) 【科学的知識】
(C)【自己啓発】
(D)【相互理解と協力】
(E)【専門的知識】
(F)【語学力と国際性】
の能力を身に付けられるように教育する。

A

POLICY

入学(Admission)ポリシー

入学者受入の方針

A

POLICY

入学(Admission)ポリシー

入学者受入の方針

社会基盤の計画と建設および維持管理に関心を持ち、土木分野におけるリーダーまたはプロフェッショナルとして、地域の歴史や風土を生かした未来をデザインし、心豊かに暮らせる個性的で良質な地域社会を創り出そうとする、その意欲と能力のある人を求める。

E

POLICY

教育(Education)ポリシー

カリキュラム編成・実施の方針

E

POLICY

教育(Education)ポリシー

教育課程表の編成・実施の方針

学習・教育到達目標(A)〜(F)を学生が達成できるよう、授業科目を配置している。
シラバスでは、各科目のカリキュラム中での位置づけを、学習内容の関連性の流れを主眼とした「履修の流れ」として図示している。
さらに、シラバスには、各科目の授業内容・ 方法(授業の概要、授業計画など)、到達目標(達成目標)、成績の評価方法・評価基準はもちろんのこと、学習・教育到達目標と学習・教育到達目標(A)~(F)との関係の強さを「%」表示で示している。

G1

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

G1

POLICY

指導(Guidance)ポリシー

学生の指導方針

学内外の様々な正課外活動を推奨し、マネジメント能力やコミュニケーション能力の醸成を図る。
現場見学会、インターンシップ、プランナー研修など、学科で認めた活動に参加して規定のポイントを獲得した場合には単位を認定することや、学科が指定した資格を取得した場合には受験料を支給することなどにより、学生の自主的な活動を支援する。
CE進路セミナーにより、倫理に関する講話・指導、卒業生による講話、現場見学、就職試験模試を実施し倫理教育、キャリア教育を行う。

G2

POLICY

卒業(Graduation)ポリシー

学位授与方針

G2

POLICY

卒業(Graduation)ポリシー

学位授与方針

それぞれの科目においてシラバスに従い適切に達成度を評価する。
その上で、学習・ 教育到達目標(A)~(F)の達成を確認するために、(B)~(F)については4年後期の必修科目である「研修Ⅲ」において評価基準に従い総合的に評価する。
(A)については必修科目である「技術と人間」、「CE進路セミナーⅠ~Ⅳ」、「研修Ⅰ」をすべて習得することで総合的に評価する。

身につけておくことが望ましい科目

高校における必修科目(特に数学・理科・英語・国語)について、十分に理解し身に付けていること。本学が入学前に指定・実施する入学前教育を受講することが望ましい。

学部・大学院