東北工業大学

東北工業大学

研究室対談[LAB TALK] 研究室対談[LAB TALK]

東北工業大学で学び、変わったと思うことはなんだろう。
成長や研究内容、夢をテーマに先生と学生が語り合いました。

  > 気づく→変わる > 木戸博先生×4年吉田裕貴さん(福島成蹊高等学校出身)

木戸博先生×4年吉田裕貴さん(福島成蹊高等学校出身)

工学部 情報通信工学科 木戸研究室 (教員の役職及び学生の学年は取材当時のものです)

LAB TALK:木戸博先生×4年吉田裕貴さん(福島成蹊高等学校出身)

プログラムの基本となる数学の重要性を痛感

研究室には無響室があり、そこで音声収録などを行います

木戸 吉田君とは声年齢の研究を一緒にやっているけど、”声”というものを学んでみてどうかな?
吉田 音声収録や聴取実験が楽しいです。音声をコンピューターに取り込む作業など、実験機器の操作には慣れてきましたが、音声波形から必要な情報を抽出するプログラムを組むことが難しいです。
木戸 プログラムの組み替えをするためには、ソフトウェアの基本を理解することがとても重要なんだ。でもそこが一番大変。ソフトウェアの基本となる数学もしっかりと学ばないといけない。これからまだまだ難しくなるよ。
吉田 高校生のころは数学が得意だと思っていたんですが、大学の勉強はやっぱり難しいですね。Java言語でアプリケーション開発の授業は、本当に苦労しました。
木戸 確かに大学の授業は難しいけど、どんな勉強も高校で基礎ができているなら心配ないよ。少しずつ積み上げていけばいいだけだからね。
吉田 大学の授業に、高校の勉強がこんなにもつながっているとは思いませんでした。
木戸 吉田君は大学院への進学に向けて、最近ますます集中力が増しているように見えるし。研究室全体にもいい影響を与えているね。
吉田 ありがとうございます。研究室は学校の中で一番好きな場所なんです。研究室の仲間とは、行き詰まった時に相談したり、一緒に息抜きをしたり、それぞれが集中して勉強したり、いい友達に出会えたと思っています。学校に来るのが楽しいですね。

研究室志望のきっかけは推理小説

収録した音声はパソコンに取り込み、可視化して、音声特徴の分析に使います

吉田 実は僕、推理小説や推理ドラマが好きで、木戸研究室のキーワードの一つの「声紋」に興味を持ったことがきっかけで木戸研究室を志望したんです。研究室では耳年齢や話者認識、統計学など、さまざまなことを学べるのがうれしいです。
木戸 推理小説がきっかけとは知らなかったな(笑)。音響学というのは純粋な工学とは少し違うから、心理学や統計学などが必要になってくるからね。よく勉強しているなと思うよ。
吉田 木戸研究室のおかげで、音響学や統計学を生かせるような仕事に就きたいという人生の目標ができました。
木戸 それはよかった。 吉田君は研究室配属の頃からまじめに取り組む姿勢がいいと思っていたけど、最近はまじめさに加えて、さらに考え方がしっかりしてきたね。3年生のころは漠然としていた将来について、夢を語れるようになってきたところに成長を感じるな。
吉田 大学入学時は、仕事というものをあまりイメージしていませんでした。この学科で情報、通信、電気回路など幅広く学ぶ中で、自分の興味を絞ることができたのが良かったと思います。
木戸 大学や大学院という場所は目的をもっていないと非常に難しい場所なんだよ。逆に、目標や学びたいという情熱を強くもって努力すれば、実力はどんどん身につく。夢を抱いている学生を応援する制度はたくさんそろっているから、頑張ってね。

「大学院では、耳撃情報という聞いた人の印象の傾向を分析して、何かを導き出すような研究をしてほしい」と木戸先生は吉田さんに期待を寄せています

人の記憶に残っている声の情報
(耳撃証言)を法科学などに
活用することを目指しています

人の記憶に残っている声の情報
(耳撃証言)を法科学などに
活用することを目指しています

木戸研究室

聞いた声の記憶を手掛かりに、声の持ち主に関する有効な情報を抽出することを目指しています。音声学、統計学、心理学、認知科学など、さまざまな領域を横断しながら音声に関する研究を進めています。

木戸研究室

木戸博 准教授

1987年、東北工業大学工学部電子工学科卒業。2001年、宇都宮大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。警察庁科学警察研究所法科学第4部主任研究官を経て、現職。専門は音声情報科学・工学。

木戸研究室ホームページ
http://www.ice.tohtech.ac.jp/jp_ug/labs/kido.html

木戸博 准教授

気づく→変わる

(教員の役職及び学生の学年は取材当時のものです)

工学部

田河 育也 研究室:田河 育也 先生 × 4年生 宮崎 大輝 さん

電気電子工学科

田河研究室

次世代の高密度磁気記録および磁気センサーの開発

辛島 彰洋 研究室:辛島 彰洋 先生 × 4年生 栁田 琢杜 さん

電気電子工学科

辛島研究室

誰もが簡単に使える「呼吸センサ」を目指します!

葛西 重信 研究室:葛西 重信 先生 × 4年生 佐々木 瞭太 さん・4年生 高橋 雄太郎 さん

電気電子工学科

葛西研究室

バイオセンサーを用いた
最先端のセンシング研究

柴田 憲治 研究室:柴田 憲治 先生×4年生 阿部 千夏 さん

電気電子工学科

柴田研究室

新しい原理で動く
電子デバイスの開発

藤田豊己研究室:藤田 豊己先生×4年生 佐々木 大雅さん(宮城県涌谷高等学校出身)

電気電子工学科

藤田研究室

人間のように考えて
動くロボットを目指して

藤田豊己先生×4年生 菅原宏さん(宮城県米谷工業高等学校出身)

電気電子工学科

藤田研究室

大学の知識をフルに活かし
知能ロボットの完成へ全力注入

水野文雄講師×4年生 小原敬太さん(岩手県立釜石商工高等学校)

電気電子工学科

水野研究室

さまざまな自律型ロボットを製作

角田 裕 研究室:角田 裕 先生 × 4年生 千葉 翔也 さん

情報通信工学科

角田研究室

誰もが安心して使えるネットワークを

野本 俊裕 研究室:野本 俊裕 先生 × 4年生 佐々木 康恩 さん

情報通信工学科

野本研究室

夢のIoTを自分で設計、完成させた達成感が自信に

鈴木 健一 研究室:鈴木 健一 先生 × 4年生 今野 幹也 さん

情報通信工学科

鈴木研究室

課題解決にいち早く着手して、
社会をよくする人に

河野 公一 研究室:河野 公一 先生×4年生 青山 皓 さん

情報通信工学科

河野研究室

3次元ヒストグラムを使った
「電子透かし」の研究

田村研究室:田村 英樹先生×4年生 髙谷 峻弘さん(青森県立青森工業高等学校出身)

情報通信工学科

田村研究室

近未来の生活を変える製品を
生み出すために

中川朋子教授×4年生 中嶋達也さん(岩手県立岩谷堂高等学校出身)

情報通信工学科

中川研究室

自分で考える力を身に付け
宇宙科学に挑む

木戸博先生×4年吉田裕貴さん(福島成蹊高等学校出身)

情報通信工学科

木戸研究室

大好きな推理小説に登場する
声紋に興味をもったことがきっかけ

松田勝敬 先生 ×4年生 工藤駿介さん(秋田県立由利工業高等学校出身)

情報通信工学科

松田研究室

毎日研究が楽しい!
苦手な読書も克服しました

菊池 輝 研究室:菊池 輝 先生 × 4年生 菅原 直樹 さん

都市マネジメント学科

菊池研究室

基礎心理実験を行いながら安全な交通環境を

小出 英夫 研究室:小出 英夫 先生 × 4年生 伊藤 竜弥 さん

都市マネジメント学科

小出研究室

手順を組み立てる訓練を重ねて、その大切さを学びました

泊 尚志 研究室:泊 尚志 先生 × 4年生 村山 拓 さん

都市マネジメント学科

泊研究室

現状や現象を正しく理解することが
もっとも重要

高橋 敏彦 研究室:高橋 敏彦 先生×4年生 小野 智樹 さん

都市マネジメント学科

高橋研究室

正確なデータが
都市マネジメントの基本

千葉研究室:千葉 則行先生×4年生 佐々木 駿さん(岩手県立水沢高等学校出身)

都市マネジメント学科

千葉研究室

物事を俯瞰的に
捉えられる力を養える場所

小出英夫教授×4年生 安達弘晃さん(宮城県宮城野高等学校)

都市マネジメント学科

小出研究室

実践的な研究を通して
将来のビジョンが明確に

千葉則行教授×4年生 久保田晋太郎さん(岩手県立盛岡工業高等学校出身)

都市マネジメント学科

千葉研究室

責任感と達成感、仲間たちの存在…
大学生活から学んだ大事なこと

内田 美穂 研究室:内田 美穂 先生 × 4年生 柳沼 慶行 さん

環境エネルギー学科

内田研究室

環境中に含まれる化学物質を分析・評価

丸尾 容子 研究室:丸尾 容子 先生 × 4年生 齋藤 智輝 さん

環境エネルギー学科

丸尾研究室

学んだのは議論するおもしろさ、ていねいに進めることの大切さ

穴澤 正宏 研究室:穴澤 正宏 先生 × 4年生 佐々木 厳 さん・4年生 松本 渉太 さん

環境エネルギー学科

穴澤研究室

あらゆる問題について、見える形で
提示する術を習得

佐野 哲也 研究室:佐野 哲也 先生 × 4年生 花岡 勇弥・4年生 佐藤 光弘 さん

環境エネルギー学科

佐野研究室

未利用木材を使った舗装材の
可能性を追究

齋藤輝文教授×4年生 武澤港斗さん(宮城県塩釜高等学校出身)

環境エネルギー学科

齋藤研究室

環境をキーワードに
興味の幅がどんどん広がる

小祝慶紀先生×4年生 今野直紀さん(宮城県古川工業高等学校出身)

環境エネルギー学科

小祝研究室

初めて学ぶプログラミングや
研究で培った粘り強さが強みに

佐藤篤准教授×4年生 渡邊翔太さん(宮城県白石工業高等学校出身)

環境エネルギー学科

佐藤研究室

興味のある分野を見つけ
学ぶ楽しみや喜びを実感

ライフデザイン学部

阿部 寛史 研究室:阿部 寛史 先生 × 倉金 奈菜 さん

クリエイティブデザイン学科

阿部研究室

温故知新のデザイン表現を追求する

高木 理恵 研究室:高木 理恵 先生 × 4年生 加藤 亜聖 さん

安全安心生活デザイン学科

高木研究室

安全で快適・健やかな室内環境をデザインします

佐藤 夏子 研究室:佐藤 夏子 先生 × 4年生 角田 皓介さん

経営コミュニケーション学科

佐藤研究室

次世代の高密度磁気記録および磁気センサーの開発

畠山 雄豪 研究室:畠山 雄豪 先生 × 4年生 結城 梨奈 さん・4年生  田村 和真 さん

安全安心生活デザイン学科

畠山研究室

人と人とのつながりから新しい発見を得ました

佐藤 飛鳥 研究室:佐藤 飛鳥 先生 × 4年生 浅野 希莉奈 さん

経営コミュニケーション学科

佐藤研究室

先行研究や事前準備の大切さを実感しました

長崎 智宏 研究室:長崎 智宏 先生 × 4年生 曽根 宏暢 さん

クリエイティブデザイン学科

長崎研究室

音のデザインを通して、
表現の幅が広がる

中島 敏 研究室:中島 敏 先生 × 4年生 小川 侑真 さん

安全安心生活デザイン学科

中島研究室

アイディアから設計まで、
モノづくりのいろはを学ぶ

猿渡 学 研究室:猿渡 学 先生 × 4年生 阿部 若菜 さん

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

映像や写真、音などを通して
第三者に届く表現を模索

中井 周作 研究室:中井 周作 先生×4年生 早坂 舟希 さん

安全安心生活デザイン学科

中井研究室

見え隠れする社会問題に、
社会心理学でアプローチ

大沼研究室:大沼 正寛先生×4年生 阿部 春菜さん

安全安心生活デザイン学科

大沼研究室

豊富なフィールドワークが
問題解決のヒントに

佐藤(飛)研究室:佐藤飛鳥先生×4年生 小川 綾乃さん(宮城県石巻商業高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

企業の方々との出会いで見えた、
理想の働き方

両角清隆教授×4年生 菅原綾夏さん(岩手県立盛岡第二高等学校)

クリエイティブデザイン学科

両角研究室

見た目だけではない
使いやすさを追求したデザインを

菊地良覺先生×4年生髙橋さゆりさん(宮城県石巻西高等学校出身)

安全安心生活デザイン学科

菊地研究室

「人が好き」ということが
空間デザインの大切な要素のひとつ

阿部敏哉先生×4年生 田村友里さん(宮城県名取北高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

阿部研究室

働くことは楽しい。その気づきが
経営を学び始めたきっかけです

梅田弘樹先生×4年生 小田内里美さん(茨城県立太田第一高等学校出身)

クリエイティブデザイン学科

梅田研究室

企業との共同開発で痛感。
社会って甘くない!

伊藤 美由紀先生×4年生 松本知也さん(宮城県石巻西高等学校出身)

安全安心生活デザイン学科

伊藤研究室

被災者支援の活動を通して
コミュニティの大切さを学びました

佐藤(飛)研究室:佐藤飛鳥先生×4年生 千葉ゆかりさん(宮城県第三女子高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

佐藤(飛)研究室

不動産マーケティングを研究中。
研究も就職活動も目標を明確に!

篠原良太 准教授×4年生 米森美香子さん(秋田県立大国際情報学院高校出身)

クリエイティブデザイン学科

篠原研究室

他の人の作品から学ぶ大切さを
4年間を通して実感しました

佐藤(夏)研究室:佐藤夏子 准教授×4年生 中里勇樹さん(仙台育英学園高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

佐藤(夏)研究室

世界で活躍するための
実践的な英語力を身に付ける

古川哲哉講師 × 4年生 田中鉄偲さん(青森県立尾上総合高等学校出身)

クリエイティブデザイン学科

古川研究室

制作の楽しさを知った
実習とアートブックフェア

猿渡学准教授×4年生安斉亜実さん(仙台市立仙台商業高等学校出身)

経営コミュニケーション学科

猿渡研究室

経験を重ねて身に付けた
コミュニケーションスキル