東北工業大学

東北工業大学

建築学科 | 研究室・教員紹介
建築学科 | 研究室・教員紹介

建築学科

研究室・教員紹介

  > 学部・大学院 > 建築学部 > 建築学科 > 研究室・教員紹介 > 笹本 剛

建築学部 建築学科

笹本 剛

住宅と生活の関係を見つめて

今後、より良い生活を送っていくために住宅はどうあるべきか、住宅計画は住宅のあり方を考えていく分野です。
現在、人々の生活が大きく変化し、それに伴い住宅に対する要求も多様化してきています。このような状況の中で、様々な生活と住宅の関係を読み解くことによって、現在の住宅の姿を把握し、今後のより良い住宅の姿を考える研究を行っています。

笹本 剛

助教

笹本 剛

SASAMOTO Takeshi

学位

工学士 東北工業大学1990年

略歴

1990年4月 - 2005年3月 東北工業大学 工学部 建築学科 助手
2005年4月 - 2017年3月 東北工業大学 工学部 建築学科 技師
2017年4月 - 2020年3月 東北工業大学 工学部 建築学科 助教
2020年4月 - 現在 東北工業大学 建築学部 建築学科 助教

研究分野

より良い生活ができる住居及び住環境を考える研究

担当科目

  • 建築表現
  • 建築造形
  • ランドスケープデザイン
  • 建築設計Ⅱ
  • 建築設計デザインⅡ

教員からのメッセージ

建築は人々の生活と密接にかかわる学問です。日々の生活の中で常にアンテナを張って、疑問に思うことや気になることを記憶する、まちを歩くときに周辺を観察しながら歩く、そんな生活を送ることによって、それが設計や研究に大いに役立ってくれます。ぜひそんなことを楽しみながら生活してください。

研究室・教員紹介へ戻る

学部・大学院