東北工業大学

東北工業大学

生活デザイン学科 | 卒業生メッセージ
生活デザイン学科 | 卒業生メッセージ

生活デザイン学科

卒業生メッセージ

  > 学部・大学院 > ライフデザイン学部 > 生活デザイン学科 > 卒業生メッセージ

開保津 優 さん

株式会社ユアテック

安全安心生活デザイン学科(現:生活デザイン学科)
2019年3月卒業

建築の快適性を支える設備工事
人と人をつなぐ伝達力を磨く

建築関係の仕事に就くのが幼い頃からの夢でした。体がきゃしゃだったこともあり職人の道は諦め、管理者を志しました。所属部署はエアコンや換気扇、スプリンクラー、キッチン、トイレなどの施工管理が専門。在学中に学んだ建築用語や材料実験の知識、CADなどの技術が入社後も役立っています。

商業や福祉、研究などの専門施設から工場まで、あらゆる建築に携わり「同じ現場はない」といわれる業界です。作業に必要な人員や材料の手配、図面の作成といった業務に必要な知識は現場ごとに変わり、情報や相手の意図を理解し正確に伝えるコミュニケーションスキルも求められます。責任は重く、勉強の多い毎日ですが、建物の完成や引き渡しが近付くにつれて達成感とやりがいを感じます。さらに経験を積み現場全体を見渡せる、より広い視野を身につけていきたいです。

小林 由佳 さん

大和ハウス工業株式会社

安全安心生活デザイン学科(現:生活デザイン学科)
2018年3月卒業

法人企業の要望と課題をくみ取り
価値ある省エネルギーを提案

幼い頃から家の内装やインテリアに興味があり、お気に入りの場所は住宅展示場という子どもでした。設計を学びたいと考え進学。今でも忘れられない授業は、カフェをテーマにした5m四方の空間設計。「親子で憩える公園」をコンセプトに滑り台を組み入れるなど、自由な発想と実用性の狭間で試行錯誤したことを覚えています。

就職は念願のハウスメーカーへ。企業研究の際に電力の小売り事業を担うエネルギー事業部を知り、大学での学びを活かして新しい分野に挑戦してみたいと自ら希望しました。現在は法人企業向けに、太陽光導入をはじめとしたあらゆる省エネ提案を行っています。動く金額が大きいため、時には数か月をかけて丁寧にアプローチすることも。これからもお客様にとって価値ある提案をしていきたいと思っています。

学部・大学院