東北工業大学

東北工業大学

経営コミュニケーション学科 | 在学生メッセージ
経営コミュニケーション学科 | 在学生メッセージ

経営コミュニケーション学科

在学生メッセージ

  > 学部・大学院 > ライフデザイン学部 > 経営コミュニケーション学科 > 在学生メッセージ

高崎 凌真 さん | 3年

青森県・三沢高等学校出身

私はコミュニケーションの経験
未来を切り拓く。

動画チャンネルやテレビ、
普段の景色の見方も変わりました。

将来の進路が定まらず、選択肢を広く持とうと、社会科学から経営、コミュニケーション、メディア系まで幅広く学べるこの学科を選びました。さまざまな領域を学んだ中で特に興味を持ったのが、映像・イメージ学や映像制作実習、映像心理学などのメディアコミュニケーション科目です。制作者の意図を意識するようになるなど、それまで何気なく見ていたYouTubeやテレビCMの見方が変わりました。

自分でも一眼レフカメラで写真を撮るようになり、猿渡研究室ではさまざまな映像機材の扱い方や表現方法を学んでいます。グループでの映像制作には音声や照明などの役割分担が不可欠。コミュニケーションの大切さも実感します。テレビ局のYouTubeチャンネルの動画編集にも携わり、貴重な経験の機会が増えました。
進路はまだ絞りきれていませんが、興味は大きく広がっています。地域のマルシェに実際に参加し子供から高齢者までたくさんの人たちと交流しながら、来場者を増やし地域を活性化する方法を考える演習もありました。多くの出会いのチャンスがあるこの学科でたくさんの経験と縁を活かし、これから将来の夢を見つけていきます。

大学3年次に家族から一眼レフのデジタルカメラを譲り受けて写真を撮るように。「プロの写真家の方の作品などを見て構図などを勉強しています。自分で写真を撮るようになって今まで何気なく見ていた風景やモノも『写真でどう切り取ればいいか』と考えるようになるなど、外を歩くときの意識も変わりました。卒業研究も写真をテーマにしようと思っています。」

学部・大学院