東北工業大学

東北工業大学

環境応用化学科 | 在学生メッセージ
環境応用化学科 | 在学生メッセージ

環境応用化学科

在学生メッセージ

  > 学部・大学院 > 工学部 > 環境応用化学科 > 在学生メッセージ

鈴木 彩加 さん | 3年

岩手県・水沢高等学校出身

私はまだ誰も知らない新技術
未来を切り拓く。

かつて化学が苦手だった
自分の変化に、
私自身が驚いています。

地球温暖化問題や再生可能エネルギーなどの分野に関心があり環境エネルギー学科(現:環境応用化学科)を選びましたが、化学は高校時代まで苦手科目でした。「覚える知識が多く、つまらない」と感じていた科目のイメージが変わったのは、大学に入学し基礎化学実験などの講義を受けるようになってからです。化学反応や現象など、今までただ暗記していた知識が実験を通してなぜそうなるのかまで深く理解でき、面白い分野だと思えるようになりました。

3年次後期からはナノ材料化学を専門とする丸尾研究室に所属。呼気の成分に反応するチップなど健康管理にも役立てられる研究に惹かれたこと、丸尾容子教授に女性研究者の立場から就職や将来の進路の相談にのっていただいていたことが研究室所属のきっかけでした。これまで取り組んできたのは教科書に載っている通りの結果が出る実験でしたが、これからは結果の分からない、誰も触れていない新しい知見に自分たちで考えながら挑戦していきます。 教授に相談するうちに、今では大学院進学までも選択肢として考えるようになりました。自分の変化に、私自身が驚いています。

丸尾容子教授は、勉強や研究以外のことも相談できる頼れる恩師。「工学部は男子学生が多く女子学生はまだ少数派ですが、女性の先輩として活躍されている丸尾先生が身近にいて、これまでの苦労などを踏まえて相談にのっていただけるので心強く安心感があります。もっと学びたい意欲が生まれ、新しい知見に挑戦するために、大学院でさらに知識を深めたいと思うようになりました。」

学部・大学院