東北工業大学

建築学科 建築学科

HOME > 学部・大学院 > 建築学部 > 建築学科 > 在学生メッセージ

在学生メッセージ

自ら考え、悩んで理想を追求
好奇心が成長への原動力

Y.S. さん | 3年

山形県・山形工業高等学校出身

勉強を「楽しい」と思える授業
挑戦の機会を与え合える仲間も

自宅の建て替えを担当してくれた女性建築士の方をかっこ良いと思ったのが、建築を志したきっかけでした。勉強そのものを楽しめるのは、東北工業大学に入学して良かったことの一つ。特に設計の授業が面白く、「2人の子供がいる4人家族の店舗兼住宅」といった条件に基づいて敷地を調査し、土地に合った建物を考えます。上手くいかなかったり悩んだりすることもありますが、自分が作りたい理想を形にできると「頑張って良かった」と嬉しくなります。
建築学科にはコンペ参加などの提案にも気軽に賛同してくれる学生が集まっていて、私も多くの挑戦ができています。

プロの現場で未熟さを痛感
学内外での経験でステップアップ

他の学生の意見を聞いたり、建築家の作品に触れたりするのも良い経験です。先生との会話をきっかけに「今あるものを疑う」視点も身につきました。一人旅や読書、建築事務所でのアルバイト、インターン、オープンデスクなど、学内外でのさまざまな経験に刺激を受け、視野が広がっています。
将来の夢は海外で仕事をすること。2年次に2級建築士に合格しましたが、プロの現場で「自分はまだまだ」と未熟さを痛感。今は大学院への進学に惹かれる一方、実務経験をできるだけ早く積みたいという思いもあります。これから留学などにも挑戦し、自分をより深く成長させたいと思っています。

NEXT ▶
建築学科の卒業研究テーマを一覧で紹介