東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

東北工業大学 一番町ロビー

2018年度に開催されたイベント一覧

書道展 木もれ日の聲

高橋 温子・大林 政夫

11月9日(金)~11月14日(水)

時の流れの中から生まれた音。季節の中に溢れでる声。時と音色の中から綴られた創作詩による書道展。
アートインストーラーによる、展示の妙も楽しめます。
会期中展示作品も含む書と詩集の販売もいたします。

書道展 木もれ日の聲

そうじからはじまる「民家再生」のものがたり

不破 正仁(東北工業大学 建築学科 講師)
小山 雄資(鹿児島大学 准教授)

11月2日(金)~11月7日(水)

「そうじ」は建築ストックの再生手法のひとつとして、遺産を発見する機会であるにとどまらず、継続的な営みとして価値を発見・創出していくプロセスに位置付けられます。ここでは、「そうじ」からはじまった建築ストックの再生のものがたりの一端を模型や図面を通してご紹介いたします。

そうじからはじまる「民家再生」のものがたり

第1回みやぎ伝統工芸士逸品展
~技術・技法を伝えるために~

主催:宮城県伝統工芸士会
後援:東北経済産業局、宮城県
協力:東北工業大学、宮城伝統こけし連合会、
   雄勝硯生産販売(協)、鳴子漆器(協)、
   仙台箪笥(協)

10月26日(金)~10月31日(水)

宮城県伝統工芸士会による「みやぎ伝統工芸士逸品展」を初めて開催いたします。伝統工芸士は、経済産業大臣認定資格を経て、(財)伝統的工芸品産業振興協会が認定事業を行い、県内では24名が認定されております。
国の伝統的工芸品に指定された「みやぎの伝統こけし」「雄勝硯」「鳴子漆器」「仙台箪笥」の産地において技術・技法などを次世代に伝えるなどの活動を行っております。
ぜひお出でいただき、工芸品の良さを感じていただければ幸いです。

第1回みやぎ伝統工芸士逸品展<br>~技術・技法を伝えるために~

写真部「後期展」

東北工業大学 写真部

10月19日(金)~10月24日(水)

本展は、東北工業大学写真部で行う今年度2度目の写真展です。
部員各々の見ている世界が、作品として展示されています。各自で撮影した写真が持ち寄られているので、さまざまな世界観がある事を感じられるでしょう。作品を通して、部員たちの活動の様子などを感じていただけたら幸いです。
ぜひお立ち寄りください。

写真部「後期展」

平成30年度 熊本の工芸支援展と宮城の工芸展

共催:東北工業大学 地域連携センター・COC推進室、
   熊本県伝統工芸館、みやぎ地場産品開発流通研究会

10月12日(金)~10月17日(水)

平成28年熊本地震において工房が被災している工芸家を支援するため、工芸品の展示販売会を昨年度に引き続き開催します。併せて、みやぎ地場産品開発流通研究会の協力により、県内工芸産地などの工芸品の展示販売会と、本年5月に逝去されました宮城の工芸界のリーダー的存在であった、鳴子漆器(協)理事長の後藤常夫氏の足跡と作品などを展示するコーナーも設置いたします。

平成30年度 熊本の工芸支援展と宮城の工芸展

ナツラル展

東北工業大学 クリエイティブデザイン学科 盧慶美研究室

10月5日(金)~10月10日(水)

夏とナチュラルを掛け合わせた「ナツラル」という言葉をつくり、作品展のテーマとしました。学生7名がそれぞれの手法で自然的でありのままの夏の様子を表現しました。
夏をより好きになってもらえるような作品展となっています。ぜひ、ご覧いただければ幸いです。

ナツラル展

東北工業大学一番町ロビー15周年記念事業
「一番町ロビー15年の歩みとこれから」

日 時 平成30年9月28日(金) 13:00~14:45
会 場 東北工業大学 一番町ロビー1Fギャラリー
共 催 東北工業大学地域連携センター、COC推進室
参加費 無料

<報告>(13:00~13:15)
”一番町ロビー15年の歩み”
羽生田 光雄(東北工業大学地域連携センター事務長)

<パネルディスカッション>(13:20~14:40)
”これからの一番町ロビーに期待したいこと”
パネリスト:
菅野 正道 氏(郷土史家、元仙台市博物館学芸普及室長)
加野 恵子 氏(宮城県美術館学芸員)
関口 怜子 氏(ハートandアート空間”BEI”代表)
吉田 旺弘 氏(東北工業大学名誉教授、工大RADIOパーソナリティー)
佐藤 博子 (東北工業大学一番町ロビー担当職員)
コーディネーター:
佐藤 明(東北工業大学COC推進室プロデューサー)

東北工業大学一番町ロビーは、2003年に開設され、今年で15周年を迎えました。地域と大学が一体となり、産業と文化の発展や優れた人材の育成を目的に、1階ギャラリーでは700回におよぶ企画展示や、2階ホールでは400回以上の市民公開講座や各種シンポジウムなどを開催してまいりました。
今回、一番町ロビーの開設15周年を記念し、「一番町ロビー15年の歩みとこれから」をテーマに、記念事業を企画しました。
皆さまのご参加をお待ちしております。

東北工業大学一番町ロビー15周年記念事業<br>「一番町ロビー15年の歩みとこれから」

<ギャラリートーク>
「コミュニティや学びをサポートするソフトウェアの
デザイン展」関連企画
「デザインは夢をどう実現するか」

コーディネーター
両角 清隆(東北工業大学 クリエイティブデザイン学科 教授)

ゲスト
五十嵐 友子(株式会社D2C dot ウェブアナリスト)
加藤 康朝(トヨタ自動車株式会社 UXデザイナー)

9月15日(土)13:30~15:00
会場:一番町ロビー 1Fギャラリー

デザインは人を幸せにする仕事だと思います。デザインに携わっている両角研究室の卒業生のお二人から、仕事と自分の人生にとってという二面からデザインについてお話いただき、デザインの魅力について考えたいと思います。

<ギャラリートーク><br>「コミュニティや学びをサポートするソフトウェアの<br>デザイン展」関連企画<br>「デザインは夢をどう実現するか」

一番町ロビー開設15周年記念イベント
企画展「工大一番町ロビー 15年の歩み展」

東北工業大学 地域連携センター・COC推進室・一番町ロビー

9月28日(金)~10月3日(水)

一番町ロビーは、東北工業大学と地域の皆さまとのふれあいの場として2003年(平成15年)に開設され、これまで600回以上の企画展示と400回以上の公開講座を開催してきました。そして今年、皆さまのおかげで、開設15周年を迎えることができました。
今回は15年の歩みをたどるとともに、特別企画展を開催します。
皆さまのご来場をお待ちしております。

■関連事業
東北工業大学一番町ロビー15周年記念事業
「一番町ロビー15年の歩みとこれから」
日時:9月28日(金) 13:00~14:45
会場:東北工業大学 一番町ロビー 1Fギャラリー

東北工業大学一番町ロビー15周年記念事業
「持続可能な東北を研究・実践する大学を目指して」
日時:10月1日(月)16:00 ~ 18:15
会場:東北工業大学 一番町ロビー 2Fホール

一番町ロビー開設15周年記念イベント<br>企画展「工大一番町ロビー 15年の歩み展」

野中光正&村山耕二展
~響き合う色とかたち(ミックストメディア+立体+ガラス)~

杜の未来舎ぎゃらりい

9月21日(金)~9月26日(水)

野中は、40年来日々取り組む木版ベースのミックストメディア「抽象作品」の最新作と「立体作品」、そして村山は、大地の組成成分の違いが創り出す美しい色彩の変化を帯びた、シンプルで力強い造形の「ガラス作品」をオブジェから日用品までの最新作を展示します。
変化する光に響き合い乱舞する色とかたち。2つの個性のコラボレーションをお楽しみください。

野中光正&村山耕二展<br>~響き合う色とかたち(ミックストメディア+立体+ガラス)~

コミュニティや学びをサポートする
ソフトウェアのデザイン展
~2000-2018年両角研究室の取り組み~

東北工業大学 クリエイティブデザイン学科 両角 清隆 研究室

9月14日(金)~9月19日(水)

地域のコミュニケーションやデザインの学びのサポートを行うためのソフトウェアプロダクツの開発を行ってきたクリエイティブデザイン学科両角研究室の取り組みを紹介し、ソフトウェアデザインによって豊かな社会を創る可能性を探ります。

■ギャラリートーク
「デザインは夢をどう実現するか」
日時:9月15日(土) 13:30~15:00
会場:一番町ロビー 1Fギャラリー

コミュニティや学びをサポートする<br>ソフトウェアのデザイン展<br>~2000-2018年両角研究室の取り組み~

佐藤 俊一郎 個展

佐藤 俊一郎(東北工業大学 工業意匠学科 1974年卒業)
協力:東北工業大学 クリエイティブデザイン学科 篠原良太研究室

9月7日(金)~9月12日(水)

こころの中にあるイメージの断片(ひとり言のようなもの)を色と形を用いて、抽象表現しました。
作品を通して何か感じていただければ嬉しいです。(在学時から木版画に取り組み、仕事の傍ら現在も作品の制作を続けています。)

佐藤 俊一郎 個展
123

PAGE TOP

最終更新日