東北工業大学

お問い合わせ

資料請求

アクセス

HOME > NEWS & TOPICS >  本学が「太白区まちづくりフォーラム2018」に参加しました

NEWS & TOPICS

本学が「太白区まちづくりフォーラム2018」に参加しました

シンポジウム

本学が平成30年11月11日(日)、太白区役所にて開催された「太白区まちづくりフォーラム2018」(主催:仙台市)に参加しました。
本フォーラムでは、本学から今野 弘 学長による基調講演、ポスターセッションへの参加(建築学科 不破 正仁 研究室、安全安心生活デザイン学科 伊藤 美由紀 研究室)、チラシ・ポスター作成協力(クリエイティブデザイン学科 篠原 良太 研究室)を行いました。
今野 弘 学長の基調講演では、「地域社会と東北工業大学-本学の学生の育て方と地域連携の在り方-」と題し、本学の学生教育の特長や地域貢献の協働・実践の事例などを紹介しました。教育的視点では「地域志向教育」について、地域の課題発見力や解決策の探求、地域の役割の理解、地域産業の発信や提案について創造できる人材を育てる教育に力を入れており、そのために科目設定や授業内容などに“持続可能な社会のための地域の魅力や豊かさの発見”、“次世代先進技術と暮らし”、“地域との共同を通じた学び”を取り入れている点を紹介し、さらに太白区をフィールドに行っている地域課題解決の事例や、地域貢献・社会貢献につながる研究プロジェクトを通じて地域課題に取り組んでいることを報告するとともに、今後も本学の方向性として地域資源の発掘や再発見、課題解決的研究をベースに、相互の発展のために地域の多様性を活かした教育研究の充実を図ることを説明しました。
ポスターセッションでは、多くの来場者に足を運んでいただき、研究室のポスター展示をご覧いただきました。参加した学生も自身の研究を地域の方に知ってもらえる貴重な機会として、熱のこもった解説を行いました。


PAGE TOP

最終更新日